FC2ブログ
    私のHPで新月と満月にカードを引くコーナーがありましたが、今日は新月なので新月のカード占いをアップしました。HPは閉めてしまいましたが、このコーナー、引き続きよろしくお願いしますねん。





    ここは、普段私が愛用している「ヴィジョンクエスト・タロットカード」を使って、
    新月からの一ヶ月の流れを占おう、
    というか何かアドバイスでももらっちゃおうというページである。
    「ここを見てくださっている方に何か一言を」と
    カードに聞いて引いているだけなので、
    ま、ひどいカードが出てもあんまり深刻に受け止めないでくださいね。
    良いカードが出たらイケイケってなくらいで。
    では今月のカード。



    水の母

    「やっぱり「愛」しかないみたい」

    「水の母」
     <キーワード>同情、強い共感、思いやり、手を差し伸べる準備が出来ている、直感的な力、ヒーリング、透視、時として厭世的な傾向や受難を示す


     水の母は、あなたの女性的側面が持っている力を表します。彼女は、これらの繊細で流れるような力に、さらなる敬意を表すると共にもっと注意を払い、より゛タフ゛な男性的資質と変わらず大切にするよう求めています。そして彼女は、男性性と女性性のバランスを取ることが、いかに心を安らげ、揺るぎない落ち着きをもたらすかを教えているのです。

     ある状況が、あなたの直感的な洞察を必要としています。その洞察を効果的に扱うためには、女性的な資質に頼らなければいけません。その資質を信じることで、自分自身をもっと深く理解することが出来るだけでなく、その状況に関係していること全てが理解できるでしょう。
     あなたの、意識的に物事を受け入れようとする姿勢と心からの共感は、事態を完全に新しい視点から見ることを可能にします。この視点は、前進するには何が必要なのかを教えてくれるでしょう。

    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 








    秋空に映える花も

    デュランタ2018/10-4

    デュランタ2018/10-3

    デュランタ2018/10-5

    綺麗な今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

    朝夕の寒暖差が激しいかなり暖かめの秋ですけどね。ははははは;;;


    さて、今回のカードは「水の母」。感情を表す「水」がお母さんな感じ、ということで、深い同情心やヒーリングを示す優しいカードですね。で、補助のカードが「水の2(愛)」。私がつけたキャッチフレーズが「あなたがそこにいるだけで、私はとても嬉しい」という、もう本物のバリバリな愛のカードでございます。スピリチュアルでヒーリング、それでいて<男性性と女性性のバランスを取る>ことを勧めるこちらも本物の深い愛情を表すカードと、バリバリの愛のカードで、もはや「愛」だけしかないって感じですかね。

    で、・・・・・・・これから何を書けばいいんだ;;

    と、思いつつシャッフルの時にこぼれたカードが「大気の母」

    大気の母

    で、これも私がつけたキャッチフレーズがあるんですが、それが「自分の中心に還る」なんで;;・・・・・自分の中心に還るとそこには愛があった、愛しかなかった、もはや自分は愛という存在でしかない、自分は愛そのものであると目覚めるということになってしまいます、のよ。

    ということで、なんか占いになっていませんが;;、今の時期は自分はそういう存在であると考えてみる、思ってみる、思いこんでみるということを少しやってみても良いのではないでしょうが。

    ちょっと前にも書いて御紹介していましたが、アニータ・ムアジャーニ氏

    アニータ・ムアジャーニ


    すべてのことをジャッジせずに、あるがままに眺めてみる。すると、世の中には「良いも悪いもない」といった境地に行って「すべては愛の行為があるだけなんだ」と、達しちゃった方みたいになれるかもしれません。

    ま、この方は、臨死体験によって、いわゆるあの世と呼ばれる場所には愛しかなかったことがわかり、そしてまた現世も愛しかない(とても残虐で残酷で悲惨に見える行為も、愛の表現の部分にすぎない)ことを理解してしまったそうなんですけどね。

    こういう思想を理解することは、とても難しいことだと思います。なので、ね、たまには「そういう考え方もあるんだ」と意識を広げてみてくださいませ。自分の中にも何か新しいことが見えてくるかもしれませんよん。試してみて下さいませね。

    (で、人物カードにはそのカードを連想させる人物に注目、という意味もあります。お告げモードが入っている場合がありますのでね。まさに母親、愛情深いスピリチュアルなおばさんに注目です。)


    ま、今回はこんなところで(相変わらずワケわからん占いでスミマセン;;)。では、今月も(つらくならない程度に)頑張っていきまっしょい!(^^)/~







    (おまけ)
    水の2

    「水の2(愛)」
     <キーワード>愛、男性性と女性性それぞれの力を調和させながら1つのものとする、至福、精神の喜悦、成長、最も高いレヴェルにおける友情、深いつながりを持つ魂同士


     このカードのイメージは、最も素晴らしい形の愛に心を開いていること、そしてそのような愛に満ちて生きる準備が着々と整いつつあることを表現しています。そっと優しく繋がれている手は、2つの魂がお互いに繊細に、そして完全に調和して触れあっていることを表しているのです。こうした愛情溢れる結びつきは、それ自身で完全であり、性的な表現を見出す必要がありません。彼らはいかなる見返りを期待することなく与え、与えられたものを感謝とともに受け取るのです。

    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 





    (おまけ2)
    なんか、この記事にぴったり過ぎるブログ記事がありまして、興味のある方は御覧になってください。ただ、この記事だけを読むと、ぶっとんだ内容としか思えないかもしれないですかも、ですが。私はずっと愛読しておりますので、「ああ、凄い境地まで行っちゃってるなー。素晴らしいなー」と思うだけなんですか。



    もう、本当の自分にしかなれないって
    http://narudeko.com/2018/11/04/%e3%82%82%e3%81%86%e3%80%81%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%ae%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%a6/


    もう本当の自分にしかなれないって

    ・・・・”本当の自分として生きる”ってどういうことなんだろう?

    ”ハイアーセルフとして生きる”ってどういう感じなんだろう?

    ちょっと、想像してみました。

    「自分が一つになる」んですね。

    え? 当たり前のことを言ってる?

    でも、普通、私たちは2つに分かれてますよ。

    だって、「自分を愛しなさい」とかって、よく言うでしょ。

    ということは、「自分を愛する自分」と、「自分に愛される自分」、相対する二人がいるってことでしょ。

    本当の自分に戻ると、これが1つになってしまうの。

    本来の愛と光そのものになってしまうので、「愛する」ことなんて、わざわざしなくなるの。しなくても良くなるの。

    自分が普通に為すこと考えること、すべてが愛になってしまうんだもの。自分に関しても、他人に関しても。

    考える必要もなく。ただそこに居るだけで、愛、光。

    どこにも、ジャッジしたり、評価したりする隙もなく。

    感じ、考え、行動する。それだけでOK。何の心配もいらない。ちゃんと愛になってるから。

    そんな自分かな、と思いました。

    ハハハ、、頭が疲れてきました。

    今日はたくさん考え過ぎた。。

    もう、寝る。( -。-)・・・・








    (おまけ3)

    デュランタ2018/10-1

    デュランタ2018/10-2

    デュランタ2018/10-7

    デュランタ2018/10-6

    やっぱりデュランタが好きですねー、私。ははは。










    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     恐れずに本当の自分を生きたいと願うすべての人に贈る奇跡の実話。医療記録付。病気の本当の原因は、「恐れ」だった…。愛が究極の癒し!
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     1 正しい道を求めて(私が“私んだ”日/多様な文化の影響/ヒンドゥー教とキリスト教のはざまで ほか)/2 死への旅路、そして生還(身体を離れて/神の愛を体験する/この世に戻る決心 ほか)/3 臨死体験が教えてくれたこと(私が癌にかかった理由、そしてなぜ癒されたか/私たちは神と一体である/ありのままの自分を生きる ほか)

    【著者情報】(「BOOK」データベースより)
    ムアジャーニ,アニータ(Moorjani,Anita)
     シンガポールでインド人の両親のもとに生まれる。2歳の時に香港に移り、人生のほとんどを香港で暮らす。2002年4月に癌の宣告を受けるまでは企業で働いていたが、2006年の初めに経験した臨死体験が人生を大きく変える。現在は、「向こう側の世界」で得た深い洞察を、世界中を旅しながら分かち合っている。また、香港大学の行動科学部にて、末期疾患への対処、死への直面などといったテーマについて講義を行うほか、多国籍企業の異文化コンサルタントとしても活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)








    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    にほんブログ村



    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る


    メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋
    (1991/06/01)
    サン・ベアワブン

    商品詳細を見る





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/2301-b69209ed