FC2ブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    手抜きな穴埋め企画。

    なんとなく手に取った本の、偶然開けたページの文章を引用してみます。



    マリアン・グリーン『ナチュラル・マジック』





    ・・・・・・
     四元素の精霊は、とても大きな存在で、人間は非常に漠然とした方法でしか交流できない。この世界とはまるで尺度の異なる次元の存在なのである。私たちが精霊の世界へ赴き、たとえば風の精霊に定期的に訪れてほしいとか、どこか人里離れた風の強い場所で御教示願いたいと丁寧に依頼すれば、精霊は喜んで応じてくれるだろう。あなたが風の精霊の姿を認めることができるのは、精霊が雲に姿を変えて空高く昇っていくときだけだが、精霊のうなり声はたぶん聞こえるだろうし、礼儀正しく耳をそばだてれば、指導の手を差し伸べてくれる。聴覚は風の精霊がつかさどる感覚である。同様に触覚は地の精霊、味覚は水の精霊、視覚は火の精霊が、それぞれつかさどっている。

     四元素の精霊は格下の霊と考えられるかもしれないが、それでも強い力と遊び心をそなえた存在であり、森羅万象の中で私たち人間とはまったく異なる位階を占める。したがって、ただその存在を確認するだけのために招霊するべきではない。呼びだすにあたっては、それ相当の理由がなければならないし、自分が住む安全な領域と精霊の領域との境界に精霊を招くための場所を設定する必要もある。あらゆる古代の神々と出会うのに最適な場所は、「世界と世界のあいだ」にある。魔女の儀式に関する書物を読むと、「魔法円とは世界と世界のあいだの場所である」と書かれていることがある。たしかにそのとおりだが、何かの儀式で唱える呪文を読んだり、何本かのロウソクに火をともしたり、あたりに塩水を撒くだけでは、実際に聖霊はあらわれない。
    ・・・・・・・




    ~マリアン・グリーン著『ナチュラル・マジック 大地の力を生かす技』
      6 内在する神々より~





    「世界と世界のあいだ」って・・・カッコイイな。るん。














    内容(「MARC」データベースより)
     大地のサイクルを理解し、大地から力を受け取る。それがナチュラル・マジック。自然とのあいだの魔術的つながりを再発見し人間に備わっていた治癒力を取り戻す。自然と対話する秘密の力を説き明かす。







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/2242-bff9b6f4

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。