上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    <公式ホームページ第一話ストーリーより>
    http://www.tv-asahi.co.jp/sumikasumire/story/0001/

     家業の手伝いや、祖父と両親の介護に追われ、恋愛や大学生活といった青春を一切経験することなく、65歳になった独身の如月澄(松坂慶子)。長年介護した母を亡くし、天涯孤独の身となった彼女は、遺影の写真を探すため納戸へ。黒猫とカキツバタの絵が描かれた古い屏風にうっかり指を引っかけ、血で屏風を汚してしまう。ところが、血はなぜかみるみるうちに屏風へと吸い込まれ、跡形もなく消えてしまった! 不思議に思いながらも、澄は納戸を後に。アルバムを見ながら、青春とは程遠かった昔を思い出し、後悔の念を抱く。

     と、その時だ! いきなり謎の男が現れた。その正体は黎(及川光博)――カキツバタの屏風から飛び出し、人に姿を変えた黒猫だった! どうやら、先ほど降りかかった澄の血が、黎を屏風の中に縛り付けていた“封印”を解いたらしい…。訳が分からず、動揺する澄。そんな中、黎に望みを聞かれた彼女は、突き動かされるように「人生をやり直したい」と答えるのだが…。

     さらに信じられないことが起こる。目覚めた澄は黎の術によって、なんと20歳の姿になっていたのだ! この日を境に、彼女は自分を「主」と呼んでかしずく黎に言われるまま、如月すみれ(桐谷美玲)と名乗って憧れの大学へ通うことに。自分の姿と新しい生活に戸惑い、時に恐怖にも似た不安を感じながらも、青春をやり直そうとする。そんな折、すみれはキャンパスで見覚えのある男子学生と再会する。その人はすみれが65歳の姿だった頃、バスの中で親切にしてくれた真白勇征(町田啓太)で…!







    もともと大学の文学部で比較文学(西洋文学が日本文学に与えた影響とか翻訳移入史とか)というものをやってたもんで、小説や映像作品に触れると、その物語の構造パターンを自然と分析してしまう私。

    簡単にいえば、「あ、この話は、あの話に似ている」「ああ、あのパターンね」とか真っ先に考えてしまうんですよ。

    だから、ドラマ『スミカスミレ』は、途中で『美女と野獣』

    美女と野獣1

    美女と野獣2

    だと気づきそうなもんですが、それが、なんと、私ともあろうものが、最終回までそれに気づかなかった。

    てか、「それはないだろう」「そんなうまい話があるわきゃないよ」、などと、感情移入していたというか、まさに私が「常識という呪いをかけられていた」ために、そんなことが見抜けなかったんですね。

    ドラマなんだから、ファンタジーの結末はなんでもアリだよ――といういつもの考え方ができなかった。

    ・・・・・・・・

    やっぱりねー、「人生が二度あれば」とか「過去をやり直したい」とか、そんな想いをマジで切実に抱えるような、それなりに痛い過去とスネに傷持つ年齢になるとねー、ファンタジーを観ていても「そんな願いは(完璧な形では)叶えられないよ」なんて、夢も希望もない「常識」という呪いがかけられちゃってねー、と言うか自分で自分に「常識」という呪いをかけていたみたいで、知らず知らずのうちに考え方が真っ暗に固まってたりして・・・・。今回はそのことに気づかされて愕然としましたですよ。

    ドラマ途中で、全ての事情を知って味方になってくれるお寺の御住職の「でも、それ(若返ること)は自然の摂理に反することだ」という台詞に大納得していた私。

    でも、もう納得しちゃいけないんだよ、これからの世の中は。
    欲しいものを手に入れるために、幸せになるために、「常識」に縛られちゃいけない。
    だって「常識」の大半は、一部の人が大勢の人たちをコントロールするための洗脳なんだから。

    それに・・・・最近は「自然の摂理」すら変化してるみたいだし(変なこと、不思議なこと多いよね)、もうあんまり気にすることないのかも。

    自分がどんなときも幸せであることを「常識」とする世の中になりつつある・・・・・ような気がする。




    スミカスミレ 真白くんのプロポーズ
    (まさかの45歳差プロポーズ。ま、最近ではこれくらいの歳の差ラブは珍しくもないが、その後の展開がアレだとは)

    スミカスミレ 真白くんとツーショット
    (いつまでもお幸せに。)



    と、『スミカスミレ』は、意外に私の心に衝撃を与えてくれたドラマでありましたよ。むむむむむ。






    (おまけ)

    個人的には、やはり黒猫の黎さんが良かったな~。

    黎さん6

    黎さん3

    黎さん5

    ↓お茶目だよー(笑)

    黎さん


    「老婆なら老婆らしく、胸を張って厚かましく生きろっ!」は、名言ですよ。

    【スミカスミレ 45歳若返った女】スペシャル動画コンテンツ『現場さんぽ』#10


    私も肝に銘じますです。はい。




    (おまけ2)
    秦 基博 / スミレ(Short Ver.)+Sally(from特典DVD)










    <内容>
     女子高生の中身は還暦!?
     如月澄は、祖母・父・母を介護し続け、気がつけば恋もしないまま60歳になっていた。母の葬儀を済ませ独りきりになったある日、澄のもとに黎と名乗る猫が現れ「青春をやりなおしたい」という望みを叶えてやると言う。17歳の少女・すみれとして若返った澄は高校に通うことに!?




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/2149-eb808482

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。