上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    いつものお散歩道。

    足元で「ジジジ」という声がした。

    ああ、また弱っている蝉が地面に転がっているんだな、と思ったが辺りを見回しても

    蝉2015/8/6-1

    姿が見えない。
    気のせいか、と思って歩き出すと、今度はさっきよりも大きく「ジジジジッ」と声がする。

    ああ、これは完璧に呼び止められてるなーと思ってよく探してみたら、身体がひっくり返って翅をバダバタさせているクマゼミがいた。

    翅のどこかに故障があって、まともに飛べずに地面でバタついている蝉はよく見かけるが、そいつらは本当に弱っているか、身体を元に戻してやると飛び去るかのどちらかだ。

    飛び去るヤツは、手づかみにすると手の中で暴れまくってその後挨拶なしに行ってしまう、なんか愛想のない可愛げのないヤツなのであんまり遊びたくない。

    ということで、私を呼び止めたこの蝉もとりあえず靴の先で身体を引っくり返してやって、様子を見ることにした。

    と、

    蝉2015/8/6-2

    蝉2015/8/6-3

    おい、

    蝉2015/8/6-4

    蝉2015/8/6-5

    あたしの靴の先に乗っかってなごんでんじゃねーよっ!

    あちゃー、これじゃ右足を動かせないよ。
    でも、レスキューはしてやらなきゃいけないし、その辺の

    蝉2015/8/6-6

    蝉2015/8/6-7

    草むらまで連れてってバイバイしようかとも思ったが、しかし、なんか弱ってるみたいだし、となると蝉たちが大好きな桜の木まで送ってやる方が親切だし・・・・となると、ここから一番近い桜の木は

    蝉2015/8/6-8

    蝉2015/8/6-9

    蝉2015/8/6-10

    遠いじゃねーか・・・・;;

    しょーがねーなー;;、と思いつつ、右足の足先を上げたまま、ということは右膝を突っ張ったまま、まるで右足をケガしたみたいに棒状に固定して、私は桜の木まで歩き出した。

    途中で足先のクマゼミが落っこちたら拾うし、逃げたら逃げたでそれでもイイと思っていたんだが・・・・・・なんとか桜の木に着くまでおとなしく乗っかっていたよ(落ちてくれた方が良かったんだが・・・;;)。

    で、そのまま桜の幹に右足を乗せた私(まるで桜の木を足蹴にしてるみたいじゃねーか;; すまんこってス。)。

    蝉2015/8/6-11

    蝉2015/8/6-12

    蝉2015/8/6-13

    で、お尻をチョンチョンやって促してやると、

    蝉2015/8/6-14

    クマゼミは自分からヨロヨロと木に移り始めた。

    で、無事到着。

    蝉2015/8/6-15

    ↑この写真じゃわかりにくいけど、↓ちゃんと木の幹にいるよ。

    蝉2015/8/6-16

    でも、このまま幹からポロッと落ちそうな気がして心配だから、そんな出っ張った場所じゃなく、もうちょっと落ちにくい窪んだ場所に行けば、とまたお尻をチョンチョンしてやったら、なんと

    蝉2015/8/6-19

    蝉2015/8/6-20

    蝉2015/8/6-21

    蝉2015/8/6-22

    自分でしっかり登り始めた。

    実はこの木には先客がいて、

    蝉2015/8/6-17

    蝉2015/8/6-18

    でも、こんなに至近距離で写真を撮っても身じろぎひとつしないところを見ると、このアブラゼミももうあんまり長くないみたいだ。

    レスキューしたクマゼミはヨロヨロと木を登り続け、先客のアブラゼミの近くまで来て止まった。

    蝉2015/8/6-23

    ということで、めでたくツーショット。

    蝉2015/8/6-25

    ま、この蝉たちがいつまでこのままでいられるかはわからないけど、この穏やかなシーンを見ながら

    蝉2015/8/6-26

    私は蝉たちに別れを告げたのであった。



    (でもやっぱり次回は

    行き倒れの蝉2013/7/21-1

    手にとまってもらうことにするよ。うん;;)



    で、お寺の公園に行くと、

    芙蓉2015/8/6-1

    芙蓉2015/8/6-2

    芙蓉2015/8/6-3

    芙蓉2015/8/6-4

    芙蓉2015/8/6-5

    芙蓉の花が咲いてた。

    元気のない蝉も増えるはずだ。
    夏休みも後半のムードを湛えるこの花が

    芙蓉2015/8/6-6

    芙蓉2015/8/6-7

    芙蓉2015/8/6-8

    もう咲いているんじゃね。

    「ナツコ」な夾竹桃はまだまだ元気だけど、

    夾竹桃2015/8/5-1

    夾竹桃2015/8/5-2

    夾竹桃2015/8/5-3

    盤石の夏がそろそろ、ほんの少しだけ翳りを見せる

    夾竹桃2015/8/5-4

    そんな季節になってきたのだね。ふむむ。










    木芙蓉(モクフヨウ) ポット植え「☆」

    木芙蓉(モクフヨウ) ポット植え「☆」
    価格:864円(税込、送料別)




    【目次】(「BOOK」データベースより)
     孵化/幼虫、土の中へ/幼虫の成長とくらし/幼虫のからだ、目、触角/坑道をほる/木のみきや葉へ/羽化/はじめて空へ/オスとメスのからだのちがい/クマゼミの島/いろいろなセミ/なぞの地きゅう生活/セミのからだ/発音のしくみ/セミはいつなく/セミの一日/セミの観察





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/2053-6015ba3c

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。