上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    いつものお散歩道。

    本日も暑い。
    なので、ノラ猫も

    稲荷神社の猫2015/8/2-1

    稲荷神社の猫2015/8/2-2

    稲荷神社の猫2015/8/2-3

    稲荷神社の猫2015/8/2-4

    稲荷神社の猫2015/8/2-5

    爆睡;;

    いくら蝉の声がうるさいからと言っても、いつもならカメラのピント合わせの音に反応するんだけどなー。

    ま、確かに、何もしたくないほど暑い。
    私もお散歩から帰ると、あの暑い部屋で爆睡してしまうこともある今日この頃だよ(猫と同レベルな私;;)。

    そういえば、昨日、ヤフーのウェブ検索の急上昇ワードに「逃げ水」があったっけと思い出し、こんなに暑いのなら写真が撮れるかもと思ってお散歩道をキョロキョロしてみたら、

    逃げ水2015/8/2-1

    撮れた;; 
    私のカメラではこれが限界でわかりにくいけど

    逃げ水2015/8/2-2

    奥の白い車の下に水が撒かれているみたいに見えて、水鏡に映るみたいに車の白い影が漂ってる。
    ま、私には一応そういう風に見えました。

    ああ、でも・・・・・撮ろうと思って撮れる暑さなのかよ;; たまらんなー。


    でも、「逃げ水」で思い出す大好きなお話があるぞ、ということで貼っておこう。


    「蟲師続章」7話「日照る雨(ひてるあめ)」



    ちょっと悲しいけど、最後に希望が見えるお話なんで好きなんだな。

    「追いつけるはずの無いものを捕まえちまったことは?」なんてカッコイイ台詞だ、というよりも、目に見える現象を「逃げ水」と名付けた先人の日本語のセンスが素晴らしいんだよな、と思う。

    言葉ひとつでも、日本語の素晴らしさを堪能してしまう私、なのであったよ。

    それにしても・・・・暑いな、ホントにもー;;











    【ストーリー】
    およそ遠しとされしものーー 下等で奇怪、
    見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ達。
    それら異形の一群を、ヒトは古くから畏れを含み、
    いつしか総じて“蟲”と呼んだ。

    時に蟲はヒトに妖しき現象をもたらし、
    そしてヒトは初めてその幽玄なる存在を知る。
    ヒトと蟲との世を繋ぐ者ーー それが“蟲師”。

    すべての生命は、他を脅かすために在るのではない。
    みな、ただそれぞれが、在るように在るだけーー。

    【収録話】(4話収録)
    第五話 「鏡が淵」
    第六話 「花惑い」
    第七話 「日照る雨」
    第八話 「風巻立つ」


    「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第二巻ロングPV





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/2049-de7d9ff3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。