上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    で、話を戻して貴船神社の奥社である。

    貴船2015/6/2-27

    鞍馬の六芒星の上に立ってみても、残念ながら私はそれほど感じるものは無かったので、今回の計画のゴールの貴船神社の奥社に辿り着いても、最初は「なんだかんだ言われてても私には普通、というか地味な感じ」と少々寂しい気持ちになっていた。

    ま、あんまし体感の無い自分が悪いんで、こればっかりはしょーがないよなー、なんて思っていたのだが、すぐに帰るのももったいないと考えて、設置された木のベンチに腰掛けて、しばらくなんとはなしにボーッとしてた。

    で、そのうちに、なんか、なんでココはこんなにも何にもないんだろう? と思うようになってきたんだな。

    貴船2015/6/2-28

    貴船2015/6/2-29

    貴船2015/6/2-30

    貴船2015/6/2-32

    貴船2015/6/2-33

    貴船2015/6/2-34

    とはいえ、神社なんて普通聖域の中央には何にもない。
    なんで私はそんな当たり前のことを疑問に思うのだろう? と、また不思議な気分になって来た。

    で、ふと、「見えないけど、ひしめいてる」という気がしてきた。

    貴船2015/6/2-35

    ココには何も無いように見えるけど

    貴船2015/6/2-38

    何かがひしめいているようなのだ。


    昔、私が合気道を習っていて絶好調だった頃、前方に空中回転受け身をしてもなかなか畳の上に落ちない、という感覚になることがあった。

    そういう時は、空気が水のように感じられた。
    空気に、水のような質感があるのだ。
    だから空中を飛んで回転する時、空を飛ぶというよりも、水の中で泳ぐように思えた。

    水の中で宙返りしたら、すべてがゆっくりとしていて急降下することなんてない。
    いつまでも落ちない、そんな気分を楽しんでいたこともあった。

    ひょっとしたら、この場所の空間には、何か別の質感があるのかもしれない・・・・・・

    ・・・・・・・なんて考えながら、私はこの場所のある噂を思い出していた。
    この奥社の下には洞窟があってそれが地底都市に通じている、というものだ。

    地底都市ねぇ・・・・・・。

    地底都市の気が吹きあがっていて、にじみ出して、それがゆらゆらとこの場所全体を覆い、ひしめいているのだとしたら・・・・。

    地底都市かぁ・・・・・・。

    貴船2015/6/2-36

    貴船2015/6/2-37

    あるかもしれんなー、とマジで思った私であったよ。


    ま、鞍馬よりも、私にはココの方が相性が良かったみたいだ。

    不思議ではあったけど、恐くはなかった。

    でも、体感の鈍い私のようなものでも何か感じるのだから、敏感な人は気をつけた方がいいかもね。

    私も、家に帰ってからすぐ、旅行で着ていたものをすべて(髪を束ねていたシュシュまで)洗濯するハメになったからねー。
    なんとなく全部どこか汚れていて、なんか、とっても全部綺麗に洗いたくなったんだな。

    一番不思議だったのは、羽織っていた薄手のパーカーの背面の腰のあたりに革バンドの茶色が色移りしていたこと。

    確かにたくさん汗をかいたし、小さなリュックを背負っていたから上から押さえつけるような感じにはなっていたけど、この革バンドはもう20年以上使用しているもので(靴で有名な「goro」というお店で買った一本革の(レスキュー)ベルト)、使い始めの何年かは汗で濡れる夏は服に随分色移りしたけど、今ではもはやそんなことなくなってたんだよね。

    なんか、「絶対に洗濯しろよ!」と言われているみたいだったよ。

    観光客も多いから、それこそ人間的ないろいろなものも漂っているしさ、土地そのものもかなり踏み荒らされているみたいだし、軽い気持ちでは行く所ではないかもです。


    それにしても地底都市、行ってみたいなー。
    呼んでもらえるような、ちゃんとした人間にならないとなー。むむむむむ。










    【ストーリー】
     イギリス外交官ロバート・コンウェイらを乗せ、戦乱の中国から飛び立った飛行機はハイジャックに遭う。予定外のコースをたどる飛行機は、折からの暴風雨と燃料不足のため、雪深いチベットの奥地に不時着してしまう。死を覚悟した生存者全員の前に、やがて、どこからともなく現れた一人のラマ教寺院の僧チャン。彼はコンウェイたちを、いまだかつて誰も足を踏み入れたことがない伝説の理想郷“シャングリラ"へと導いていった・・・。



    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     この本は、聖なるパワースポットとして、日本でも注目のシャスタ山を舞台に展開するスピリチュアル・アドベンチャーです。レムリア人の末裔がシャスタ山中に築いた秘密コミュニティーを発見し、聖者たちの指導の下に魂を磨き上げた、5次元ポータルを介したアセンションの原点とも言うべき作品です。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     シャスタ山で古代のブラザーフッドを探す/シャスタ山の見えざるブラザーフッドの領域へと招かれる/カタストロフィーと消えた大陸レムリアの真相を知る/聖なるハイウェイに待ち受ける試練/氷の洞窟でのさらなる教訓とさらなる謎/ブラザーフッドの秘密の場で体験した新たなスリル/いくつもの過去生の記憶/シャスタ山で見た過去生ヴィジョンその1 国王と農民/シャスタ山で見た過去生ヴィジョンその2 農民階級から王族へ/特殊な望遠鏡で地球の内部を垣間見る〔ほか〕



    <内容>(「BOOK」データベースより)
     地球の地殻のすぐ下には地底都市。はるか深くインナーアースには、われわれが天国と呼んでいた先進文明世界が広がっている。この2つの世界と地表の人類が同時に迎えるアセンションの光の波。地球は丸ごと変えられる!そのとき、地球の外宇宙からと同時に地球内部からも、次元進化を遂げた失われた人類の兄弟が、現れる!!地底より届けられた真実の地球アセンション情報。信じがたく思うが、その内容は非常に深い!かつてないチャネリング・メッセージ。




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/2006-b5f40465

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。