上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    いつものお散歩道。

    以前、火事で燃え残った藤の老木が復活して欲しい、なんて書いたけど、ま、それは無理だろう、とも書いた

    なにせ、こんなふうに全体に焦げて

    焼け跡2015/1/23-9

    燃え残った部分も、ビシバシと

    焼け跡の藤2015/1-1

    焼け跡の藤2015/1-2

    刈られていたからねー。

    焼け跡にはその後手が入り、

    焼け跡2015/2-2

    焼け跡2015/2-4

    焼け跡2015/2-3

    かなり整地されて

    焼け跡2015/3-4

    焼け跡2015/3-2

    後で何かできるのかもしれない。

    でも焼け跡の藤と楠はこんな感じだから、

    焼け跡の藤2015/3-1

    よく見る気もしなくて、毎日前を通っていたのに気がつかなかった。

    それがさすがに遠目からもわかるようになって、

    焼け跡の藤2015/5/26-1

    本日、私はやっと気づいたのさ。

    焼け跡の藤2015/3-1

    焼け跡の藤2015/5/26-2

    なんだよ、これーっ!!

    最初は、大丈夫なはずの楠だけが茂ってるのかと思ったんだよ。

    焼け跡の藤2015/5/26-3

    でもよく見るとね、これは

    焼け跡の藤2015/5/26-4

    焼け跡の藤2015/5/26-5

    焼け跡の藤2015/5/26-6

    藤だよ。

    いやもちろん、楠も新しい枝を伸ばし始めているんだが

    焼け跡の楠2015/5/26-1

    焼け跡の楠2015/5/26-2

    焼け跡の楠2015/5/26-3

    焼け跡の楠2015/5/26-4

    焼け跡の楠2015/5/26-5

    ほぼ死んでると思ってた藤が、こんなに新しく蔓を伸ばそうとしているなんて

    焼け跡の藤2015/5/26-8

    焼け跡の藤2015/5/26-9

    焼け跡の藤2015/5/26-10

    思っても見なかったんで、見間違いかと思ったよ。

    おまけに足元を見ると、

    焼け跡の藤2015/5/26-15

    張りめぐらされた古い根からも

    焼け跡の藤2015/5/26-11

    新しい蔓を伸ばし始めていて、チョコチョコと

    焼け跡の藤2015/5/26-12

    焼け跡の藤2015/5/26-13

    辺り一面に広がろうとしている。
    (久々に見たぜ、ヤツら(植物たち)の世界征服計画。)

    もうかなり茂っているところもあって、

    焼け跡の藤2015/5/26-14

    やりすぎだろう、お前ら・・・・・;;

    ・・・・・・・・・・・・・

    ともあれ、まさに起死回生、堂々の復活劇である。

    余計な蔓なんかがみんなバッサリ失くなったんで断捨離効果というか、残りのエネルギーを集中できるようになったからなのかもしれないが、やっぱり藤は魔性の植物だよ。この辺りじゃ藤の魔性伝説、

    龍王社3

    公園の藤2014/4/23-3

    私が勝手に思い描いている伝説があるが、またこんな

    藤屋敷2013/4-2

    藤屋敷2013/4-1

    藤2013/4-4

    藤2013/4-12

    藤2013/4-13

    夢を見ているのだろうか。

    (それにしても、最近になって何年か前のローズマリーの挿し木が根付いたりもしてるしな。ホントにこの世界はエネルギーアップデイトしてるんだろうか。むむむむむ。)

    ま、管理の人が気づいたら、いろいろと整理されちゃうとは思うけども

    焼け跡の藤2015/5/26-7

    今後の健闘を祈る、なんて声をかけた私、であったよ(びっくりしたなー、もう)。














    (おまけ)

    <商品の詳細説明>
     骨董屋・雨柳堂に集まるいわくつきの品々。それらが宿す“想い”は時に、人と奇妙な縁を結ぶ。その繋がりの糸が織りなす物語を読み解くのは、店主の孫息子・蓮。古美術が映し出す人の愛と情、この世の幻想と怪異を流麗な筆致で描く骨董不思議因縁譚シリーズ。
     ・金魚白昼夢譚/柘榴石/犬筥/花酔いの季節/百物語の夜/禍禍しいもの/風にのる/匏翁(ふくべおう)/菖蒲のころ 以上9篇収録
    「・・・藤は酒を好みます。/古書には根に酒の糟を用いよと記されていますし/藤の切り口は酒に挿しておくとよいそうです・・・。」
    ※「藤にお酒をあげると、花房が色よく長く育つと言われているそうだけど、ホントかな。


    wikipedia「藤娘」より
    六代目の藤娘
     昭和12年(1937年)に六代目尾上菊五郎が五変化舞踊のひとつだった藤娘を独立させ、長唄の間に『藤音頭』(岡鬼太郎作)を挿入して演出を一新したもの。藤の絡んだ松の大木は、松が男を、藤が女を象徴している。筋は、藤の絡んだ松の大木の前に藤の枝を手にした藤の精が、意のままにならない男心を切々と嘆きつつ踊る。やがて酒に酔い興にのって踊るうちに遠寺の鐘が鳴り夕暮れを告げると、娘も夕暮れとともに姿を消す、というもの。
    藤音頭
     藤の花房色よく長く/可愛いがろとて酒買うて 飲ませたら/うちの男松に からんでしめて/てもさても 十返りという名のにくや/かへるという忌み言葉/はなものいわぬ ためしでも/しらぬそぶりは ならのきょう/松にすがるも すきずき/松をまとうも すきずき/好いて好かれて/はなれぬ仲は ときわぎの たち帰えらで/きみとわれとか おゝ嬉し おゝうれし

     
    【送料無料】坂東玉三郎舞踊集6 藤娘

    【送料無料】坂東玉三郎舞踊集6 藤娘
    価格:3,591円(税込、送料込)


    <商品の詳細説明>
     藤の花を背景に坂東玉三郎の可憐で艶麗な姿が素晴らしい名編「藤娘」ほか、「由縁の月」「保名」「葵の上」「鐘の岬」など珠玉の名編4作を収録した、歌舞伎舞踊集第6弾。



    坂東玉三郎 「藤娘」 Tamasaburo "Wisteria Maiden" part 1


    坂東玉三郎 「藤娘」 Tamasaburo "Wisteria Maiden" part 2





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1995-e22612a7

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。