何年も前に挿し木した小枝が根付いてしまう今日この頃、なんかホントに次元上昇してるんじゃないかとも思える今日この頃なんだが、一昨日、以前から観たいと思っていた映画が観られるようになってると紹介されていたんで、



    美しき緑の星1

    美しき緑の星2


    お勧めします!「美しき緑の星」はディスクロージャー映画ですよね
    http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/fa44dd0d543466e3dba03aae5ee95c7f?fm=rss


    ◆真実の記憶◆
    http://dimension5.exblog.jp/24073563/



    美しき緑の星3



    早速観ようとしたら、早速消されていて(;;)、そしたら早速『ハートの贈りもの』さんのところで対策が追記(リンク先で探してね)されてて、それで昨日無事観ました。

    なんか、スッゲー、いたちごっこな映画。

    (私としては)それほど危険思想な映画とも思えないんだけど、現実のこの現象そのものがいろいろなことを物語っているよな。

    普通に楽しい映画です。
    よろしかったら御覧になってくださいね。↓
    『美しき緑の星』 https://vimeo.com/127220015

    またすぐに消されるかもしれないので、お早めにってことなんですが、今回、かなりな勢いで普及(対策万全?)しているみたいなので、今後は日本語字幕付きでも観られる機会は増えそうですね。
    (実際に私も・・・・・・しちゃったし。ははははは;;)



    『人生、波瀾万丈』さんの記事から「美しき緑の星」http://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/13219966.htmlより


    La belle verte


    【あらすじ】この美しき緑の星では貨幣制度がなく、自分の得意で好きなことをそれぞれがして共存共生し、みんなが平和に豊かに暮らしている。彼らの惑星では、地球は本当に危険で野蛮な原始的な星なので誰も行きたがらない。

    美しき緑の星4

    そんななか、主人公の女性宇宙人が名乗りあげます。わたし行ってもいいわよ!

    【作品紹介】誰もが協調のうちに暮らし、みんなが幸福で互いに助け合い、何でも分かち合い、お金の必要がなく、自然と共に暮らす世界があったとしたら…そんなの、ありえない?「美しき緑の星」は他に類を見ないフランス映画。メディア経営者らの手によってEU内では事実上の発禁状態にされています。




    美しき緑の星 La Belle Verte

    (日本語字幕付きの予告編)


    で、どうしようかと思ったけど動画があったから



    La Belle Verte - Boycott.


    「工業時代のあとは、大裁判になる」
    「大裁判?」
    「有害物を製造した人間全員に、有罪判決が下されるんだ」
    「誰に?」
    「食品、化学物質、武器、たばこ、酒、医療品、原子力、自動車、建築などの業者、それで蓄財した政治家」
    「まさか」
    「不買運動が始まった」
    「不買?」
    「有害物を買わないようにしたんだ」
    「軍隊も警察も手が出せなかった」
    「時代の名前は?」
    「ええと・・・・復興前の混乱期」
    「復興するんだ!」
    「もちろん」



    ついでに、ちょうど『zeraniumのブログ』さんにこんな記事もあったし。

    ・人間の健康を考えない「食品産業」と「電子産業」
    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-bb4c.html


    ああ、今回はかなり私としてもやっちゃったな記事だなー。
    また、アクセス制限くらうかなー;;;

    ま、いっか。





    夢見た場所






    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1988-0e68993d