いつものお散歩道。

    やはり本日はイベント当日なので、いろいろと本気で騒がしい。

    いつも何にも無いような場所に、

    善通寺2015/3/4-24

    猫2014/10/29-2

    いきなり、

    AKB2015/3/31-1

    AKB2015/3/31-2

    AKB2015/3/31-3

    こんなものが現れるんだもんなー。

    それから、流石に写真は撮らなかったけれども、「チケットあります」と書いたダンボールをフロントガラスに掲げた車も停まってたりしてね。
    こんな田舎で、それも我が町で、ダフ屋を見かけるとは思わなかったよ。
    そういうものも連れてくるようなイベントなのね。うーむ。

    ということで、今日は警備とか救護なんかのスタッフのテントが作られ、

    AKB2015/3/31-4

    舞台設営も出来上がっておりました。

    AKB2015/3/31-5

    AKB2015/3/31-7

    AKB2015/3/31-10

    AKB2015/3/31-8

    おっと。ああ、なんと、佐伯廟の枝垂れ紅梅はこれくらいしか見えない;;

    AKB2015/3/31-11

    頑張れよ、枝垂れ紅梅っ。

    その後、大道芸の人たちのリハーサルなんか始って、見物の人も集まったりなんかして。

    AKB2015/3/31-14

    AKB2015/3/31-13

    AKB2015/3/31-16

    AKB2015/3/31-20

    AKB2015/3/31-21

    なんかよくわからない女の子たち(前座?、共演?)が歌って踊り出したりして

    AKB2015/3/31-27

    AKB2015/3/31-26

    AKB2015/3/31-28

    AKB2015/3/31-29

    ビックリな大楠、じゃないかと思うが。ははははは。

    じーっと待ってれば、もっといろいろなパフォーマンスのリハも観られたとも思うが、そこまで興味は無いので(つまんないヤツだな、私)、いつも通りのお散歩をして帰った私であったよ。


    ともあれ、今日も素敵な

    AKB2015/3/31-25

    大楠さまでありましたよ。ふむ。







    (おまけのAKB善通寺ライブニュース写真集)

    こんなことやってたらしい。

    AKBイベント写真2

    AKBイベント写真1

    AKBイベント写真3














    <商品説明>
     日本に残された「最後の癒し」森の巨樹たち
    巨樹の巨匠が捉えた、今もっとも心が和む日本の神々しい大木たち。巨樹を撮り続ける男だけが知る、太古の森、厳かな銘木、美しき木々を大判カラーで一挙紹介!
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     巨樹の巨匠がとらえた「最後の癒し」。156の神々しき雄姿。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     峯長瀬の大欅/北金ヶ沢の銀杏/大久保の桧/弘前城の松/建長寺の柏槇/志布志の大楠/子安地蔵尊桂/称名寺の椎の木〔ほか〕


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     神宿る木から樟脳の船まで、信仰の対象としての、あるいは医薬品や防虫剤の原料としての人間との関わりの歴史を追って自然保護の問題にもおよぶ。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 クス・くす・楠・樟/第2章 文学や歴史にあらわれた楠/第3章 民話や昔話の楠の木/第4章 クスノキの利用/第5章 楠の文化史/第6章 楠の雑学・民俗学/第7章 楠の巨木に誘われて/第8章 樹木の信仰と自然保護




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1966-d9dd6225