上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【目次】(「BOOK」データベースより)
     宇宙の創造と音 神話と哲学/波動と音 現象と物理学/クラドニの音の図形/共鳴体/振動する生命/水と音のイメージ/定常波/自己組織と形成/(音楽によって創造される)水と音のイメージ/黄色い大地の君主の音楽/天国のオルガンの調べ






    最近、『In Deep』さんの記事を連載もののようにワクワクしながら読んでいる私である。

    記事全部を貼り付けると膨大になるので、リンクだけ貼っときます。



    宇宙の創造…ひも理論…432Hz…528Hz…ライアー…:数々のシンクロの中で、この世の存在は「音そのもの」であるかもしれないことに確信を持てそうな春の夜(1)

    すべての「星」が音を作りだしているかもしれない。そして、太陽も常に歌を歌っている。しかしその周波数は 528ヘルツ? それとも?

    この世の存在は「音そのもの」であるかもしれないことに確信を持てそうな春の夜(2) : シュタイナーが警告した「432Hzではない基本音調の世界は悪魔を勝利に導く」 を体感してみました



    なんか、うまく言えないけど、上記の文章に書かれていることって私も考えたことがあることだし、そうじゃないかと思ってたことだし、なんか「ビンゴ!」っていうか、なんか、なんか、なんかねー、この世のすべての事に関する「王手!」って感じがするんだよねー。

    以前にもこういう引用記事を書いたけれども

    「ずっと知ってたことを目にしたような気がしたので覚え書き(zeraniumのブログさんの記事から)」

    「きっとそうなんだ」、と思ってたことが、「そうなんだよ」と言ってもらえるような、そんな予感がしてるんだよねー。
    私は「世界はそういうことなんだ」とずっと思ってたことがあって、それを肯定してもらえる日も近いんじゃないかと。


    ま、そういうことで、最近、ちょっとワクワクしてるんです。ハイ。




    (追記)
    ああ、『アラフォーママの日記』さんの、この記事も面白いっ。

    「火を制するモノが現れた」

    ホント、最近、楽しいわー。










    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 水は万物の命の源(水が好き/ミクロとマクロの研究 ほか)/第2章 自然を蝕む危険な電磁波(電磁波が水分に引き寄せられる/自然界に存在する波と存在しない波 ほか)/第3章 いのちの尊さを考える(いのちを尊ばない人類の存続が危ない/食の産業界が尊ぶのは利益確保 ほか)/第4章 地球からのメッセージ(原発に関する問題/メガソーラーのすさまじい建設ラッシュ ほか)/第5章 今こそ、いのちの調律のとき(自然界の音、人工の音/音の心身に及ぼす影響 ほか)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     氷結結晶が教えてくれる、宇宙のしくみ、人の生き方。世界各国に多くのファンをもつ著者待望の書き下ろし集大成。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 宇宙は何でできているか/第2章 水は異次元への入り口/第3章 意識がすべてをつくっている/第4章 一瞬で世界は変わるか/第5章 微笑みはさざなみとなって




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1963-c2bd7957

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。