上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    いつものお散歩道。

    雨の日は綺麗に撮れないので写真を撮りたくないんだが、季節が動き出してしまった以上、お花たちの動きも止まらないんで、

    水仙2015/3/3-1

    とりあえず撮っといて後でまとめればいいや、とか思っているのに、自然と観察日記みたいに追っかけてしまうことになった枝に

    駐車場の涅槃桜2015/3/2-1

    最初のお花が咲いてしまったんでは、

    駐車場の涅槃桜2015/3/3-1

    義理を感じてブログを更新せざるを得ないぜ(← いや、そんなこともないと思うが;;)。

    それにしてもホントに

    駐車場の涅槃桜2015/3/3-2

    雨の日に、それも雨に耐えながら咲かなくてもいいのになー;;

    追っかけと言えば、これもおまけしとく。

    遍照碑の涅槃桜2015/3/2-1

    遍照碑の涅槃桜2015/3/3-1

    他のヤツらも

    お寺裏手の涅槃桜2015/3/3-1

    お寺裏手の涅槃桜2015/3/3-2

    なんでそんなに頑張るかなー;;

    結局、お花たちって、雨とか風とか寒いとか、関係ないんだね。
    「天の時」(その時。動くべき時。)が来ちゃったから、後は咲くだけなんだね。

    ・・・・・とか、考えると哲学的だな。



    『中庸』の書き下し文と現代語訳:6 より
    http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/china/thuyo006.html


    天命之謂性、率性之謂道、修道之謂教

     天の命ずるをこれ性と謂い、性に率う(したがう)をこれ道と謂い、道を修むるをこれ教えと謂う。

     天(万物生成の根本原理・宇宙の主宰者)の命令するものを『性(生まれつき備わっている性質)』といい、その性に従って行うことを『道』といい、その道を修得することを『教え』というのである。




    天の与えてくれた本性に従って生きる。「天命」に従うだけとは・・・・・。むむむむむ。


    ま、お花たちにとっては自然なことを難しく考える必要はあるまい。

    とりあえず、ここのお寺の「売り」の涅槃桜。

    涅槃桜の看板2014/3/16-2

    涅槃桜の看板2014/3/16-1

    今はこんな状態だけど、

    涅槃桜2015/3/3-1

    確実に、来てます。

    涅槃桜2015/3/3-2

    涅槃桜2015/3/3-3

    涅槃桜2015/3/3-4

    今年もガンガン咲くことだけは

    桜2013/3/12-5

    桜2013/3/12-9

    間違いなし、だな。














    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     天下国家の政治もその根本は一身の修養にあることを説く『大学』。人間の本性とは何かを論じ、「誠」の哲学を説く『中庸』。朱子によって『論語』『孟子』とともに四書の一つとされた儒教の代表的な経典。本書では、朱子以前の古い読み方を探求して、両書の本来の意味を明らかにすることを主眼とした。朱子の『大学章句』等を併収。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     大学/中庸




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1933-965091df

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。