上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    さて、無事に結婚式場を確認し、東京タワーも見たので、

    東京タワー2014/11/22-1

    近所の愛宕神社に足をのばす。

    以前にも一度登ったことがあるんだけど、

    愛宕神社2014/11/22-1

    また登ってみようかと思ってやって来た。

    ここは、曲垣平九郎(まがき・へいくろう)が馬で駆け上がってその勇名を全国に轟かせたまさに「出世階段」。

    愛宕神社2014/11/22-2

    曲垣平九郎
    (月岡芳年 東錦浮世稿談 曲木平九郎)

    曲垣平九郎さんというのは讃岐丸亀藩士で、我が香川(わがかがわ・笑)の郷土の英雄なんだよね(最近は知らない人も多いけど;;)。

    そのお話は講談にもなっていて、内容はコチラの記事が詳しいです。
    古典の世界 その1 曲垣平九郎 寛永三馬術 誉れの梅花 愛宕山
    http://blogs.yahoo.co.jp/two_four_six_o_one/25170222.html


    ということで、私も(歩きだけど)出世階段の登り開始。

    愛宕神社2014/11/22-4

    あー、凄く急できつかった。

    私は金毘羅さんで石段には慣れているんだけど、段数は少ないとはいえ傾斜が急だし、後ろに倒れたらまさに「(『蒲田行進曲』の)階段落ち」になると思ったら、ちょっと足が震えたよ。

    先ほどのリンク貼った紹介記事にもあったけど


    ・・・・・平九郎は、七合目あたりの所で馬の左目を扇子で目隠しし、首筋を軽く叩き馬の気を鎮め、機を見て残る三十段程の石段を「綾千鳥」という、石段をジグザグに登る方法をとりました。
     この時平九郎は、高い石段の上から下を見て馬が驚かないよう馬の目を左右交互に扇子で目隠しをするという手綱さばきを見せたのです。・・・・


    それくらいの工夫はするよなー。

    で、登り切って見降ろすと

    愛宕神社2014/11/22-3

    なかなかのもんです。

    愛宕神社2014/11/22-5

    ついでに言えば、曲垣平九郎さんは階段を登って梅の枝を手折り、

    愛宕神社2014/11/22-6

    愛宕神社2014/11/22-7

    それを持ってまた階段を下りて、時の将軍、家光公に献上したということなんだけど、登るのも凄いけど、降りるのはもっと大変なんじゃ;; と思ったら、ま、曲垣平九郎さんの場合はわからないけれど、実際に下りはもっと大変だったという事例があり、

    「港区ゆかりの人物データベース」
    みなと雑学BOX 愛宕神社の出世階段登り?ラジオ放送で生中継
    http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/trivia-detail.cgi?id=1

    によると、


    ・・・・・このうち、岩木利夫の時は、大正14年(1925)に愛宕山山頂でラジオ放送を始めたばかりのJOAK(東京中央放送局、後のNHK)が、その模様を生中継しました。「上り」が成功したところで、「下り」もあることを臨時ニュースで知らせたところ、大勢の見物客が殺到したと言います。大観衆が見守る中、45分かかって「大正の平九郎」が階段を下り終えた時は、見物客まで緊張でヘトヘトだったとか。・・・・・


    こんな↓のんきなもんじゃなかったでしょうね(笑;;)

    愛宕神社2014/11/22-8


    ということで、私も「出世階段」を登ってきました。
    何か出世するようなことがあるだろうか?

    ちなみに、以前登った時は何もありませんでした。

    ・・・・・・・・・・・・うーむ・・・・・・。
    ま、いっか;;(はははははは;;)。






    (おまけ)
    神田きらり_寛永三馬術4/4













    <商品の詳細説明>
     天下の三名人が秘術を尽くして天晴れ輝く技くらべ!! 三代将軍家光公の頃、その人ありと知られた、馬術の三代名人、曲垣平九郎、向井蔵人、筑紫市兵衛が火花を散らして秘伝の技くらべ。手に汗握る大試合、壮絶快絶の大場面ばかり。壮快だ! 人間業ではない素晴らしいものだ。



    <商品の詳細説明>
     弟子入りして7年でまだ二ツ目・神田きらりによる講談で、曲垣平九郎の「誉れの梅花」とご当地講談の「美ヶ原温泉そば繁盛記」。講談口調の臭みに染まりきっていない若手ならではの歯切れの良さと軽快なテンポでの物語りで聞かせていく。この軽さがいい。
    <曲目タイトル>
    1.ごあいさつ[2:40]/2.寛永三馬術 誉れの梅花[9:15]/ 3.寛永三馬術 誉れの梅花[17:48]/ 4.美ヶ原温泉そば繁盛記[12:00]/5.美ヶ原温泉そば繁盛記[6:57]/6.美ヶ原温泉そば繁盛記[8:53]/7.美ヶ原温泉そば繁盛記[14:42]





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1854-ec7b8b51

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。