上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 勇気とは何か?/第2章 新しいものがあなたのドアをノックしたら、開けなさい/第3章 愛の勇気/第4章 群衆から離脱しよう/第5章 危険に生きる喜び/第6章 恐れをなくすには 







    朝一番にこの文章を読んで、なんかちょっと元気がでてきたので・・・・・・。

    『zeraniumのブログ』さんから、「常に自分自身の「オリジナル」でありなさい」という記事を転載します。



    「常に自分自身の「オリジナル」でありなさい」


       まず、臆病者と勇気ある者との間に大した違いはない。
       たった一つの違いは、臆病者は恐怖に耳を傾けそれに従うが、一方勇気ある者は恐怖を横へ置いて前に進むというところだ。勇気ある者はあらゆる恐怖にもかかわらず、未知の世界へと突き進んでゆく。彼は恐怖を知らないわけではなく、恐怖はそこにあるのだ。すべての恐怖にもかかわらず、未知の世界の挑戦を受け入れることこそが勇気なのだ。

       恐怖はそこにあるが、あなたがその挑戦を何度も忍耐強く受け入れ続けていると、ゆっくりとその恐怖は消えてゆく。そして、未知の世界とともに起こり始める大きな歓喜があなたを充分に強くし、あなたにしっかりした確信を与え、あなたの知性を鋭敏にする。あなたは生まれて初めて、人生は単なる退屈ではなく、冒険だと感じ始める。そのときあなたはいつも、何かの冒険を探し求めている。

       しかし基本的には勇気とは、既に知っている世界を捨てて未知の世界を求めることである。それは親しんだものを捨てて未知の世界を求め、楽なことを捨てて困難にぶつかり、未知の目的地に向かう過酷な巡礼の旅に似ている。それが成功するか、失敗するかはわからない。それは賭けであり、そのギャンブラーだけが生とは何かを知っているのだ。

       世界中の誰もが真実でありたいと思っている。
       それは真実でいるということは素晴らしい喜びであり、至福に満ちているからだ。ならばなぜ、人は嘘に生きる必要があるのか? あなたはより深い洞察力を持つ勇気を持たなければならない。あなたはどうして怖いのだろうか? 世界が、世間が、あなたに何をすることができるというのか? 人々はあなたを笑うことができるが、それは彼らにとっていいことだ。笑いはいつも薬になるし、健康的なことなのだ。

       人々はあなたを狂っていると思うかもしれない。
       だが彼らがあなたをそう思ったからといって、あなたが狂ってしまうわけではない。一方、もしあなたの喜びやあなたの涙、あなたのダンスが本物であれば、遅かれ早かれ、あなたを理解し始める人々や、あなたの仲間になろうとする人々が現れるだろう。 私自身はそのようにしてこの道を一人で歩き始めた。

       すると人々が集まってきて、それは世界的なキャラバンになった! 
       しかも私が誰かを招いたわけではない。私はただ、自分のハートから来ると感じたことを行なっただけなのだ。私は自分のハートに責任があるが、世界中の誰に対しても責任はない。同じように、あなたの責任はあなた自身の存在に対してあるだけだ。それに逆らってはならない。なぜならそれに逆らうことは自分を殺すのと同じであり、あなた自身を破滅させてしまうだろう。

       そして、それがもたらす利得は何だろう? 
       たとえ人々があなたを尊敬し、称賛してくれたとしても、こうしたことはあなたの存在に何か滋養をもたらしてくれるということはない。それらのことは生の素晴らしい美やさらなる洞察を与えてはくれないのだ。

       この地球上において、あなたの前にどれほど多くの人々が生きていただろうか?
       有名無名の聖人や罪びとがいただろう。変わった人や狂った人もいたに違いない。しかし皆行ってしまい、その形跡さえはっきりとは残ってはいない。あなたの唯一の関心ごとは、死があなたの肉体と精神を滅ぼしても、あなたが自分と一緒に持って行けるこうした資質を大切に世話し、守ることであるべきだ。なぜならこうした資質こそがあなたの唯一の伴侶であり、それこそが真に価値あるもので、それを成し遂げた人々だけが生きていると言えるのだ。それ以外の人は単に生きる振りをしているに過ぎない。

       ただ生きているだけでは、必ずしも生きているとは言えない。
       あなたの人生を見てみるとよい。あなたはそれを祝福と呼べるだろうか? その人生を自分への贈り物、存在への贈り物と呼べるだろうか? あなたはこの生を何回も与えられたいと思うのだろうか?

       聖書や経典に耳を傾けてはならない。
       そうではなく自分のハートの声を聴きなさい。それが私が処方する唯一の経典だ。気をつけて聞きなさい、意識して聞きなさい。そうすれば、あなたは決して間違うことはないだろう。そして自分のハートの声を聴いていれば、あなたは決して分裂することはない。自分のハートの声を聴けば、何が正しくて何が間違っているか考えなくても、あなたは正しい方向へ動き出すだろう。

       新しい人類になるためのすべての技術は、ハートの声を意識的に、注意深く、心を込めて聞くという秘密をもとにして成り立つだろう。そして、心に従い、それが連れて行ってくれるところならどこへでも行きなさい。あるいはそれが、あなたを危険の中に連れて行く時があるかもしれない。しかし憶えておきなさい。そうした危険はあなたを成長させるために必要なものなのだ。あるいはそれがあなたを道に迷わせることもあるだろう。これも憶えておかねばならないが、道に迷うことも成長の一環であり、あなたは何度も失敗し、再び立ち上がるだろう。こうして人は失敗して再び立ち上がることで、力強さを身につけてゆくのだ。このようにして、人は成長してゆくのだ。

       しかし外側から課せられたルールに従ってはならない。
       課せられたルールが正しかったことはかつて一度もなかった。なぜなら、規則というものはあなたを支配しようとする人間によって作られたものだからだ! 確かに世界には、時々非常に悟った人間も現れた。しかし彼らは世界に対して規則を与えたわけではない。彼らは愛を与えたのだ。彼らの後に作られた行動規範や規則とは、その後に続く弟子たちが作ったものだ。

       マスターが去り、その光がなくなって深い暗闇におかれると、彼らは従うべき規則を求め始める。つまり、彼らが真理を見ることを可能にしていた存在がいなくなってしまったので、今や彼らは規則に頼らなければならず、それが必要になったのだ。いかなる宗教の信者であれ、彼らがしていることは、自分の心がささやいたことではなく、彼らは単なる模倣者なのだ。

       常に自分自身のオリジナルでありなさい。
       カーボンコピーになってはいけない。しかしそれこそが世界中で起きていることなのだ! 至るところ、何かの誰かの繰り返しのコピーばかりだ。もしあなたがオリジナルであれば、人生はまさにダンスだ。あなたはオリジナルでなければならない。あなたはあなただ。あなたは他の誰と比べても劣ることはない。自分を敬いなさい、自分の内なる声を尊敬しなさい、そしてそれに従いなさい。

       そしてよく憶えておきなさい。
       私はあなたに、内なる声があなたを正しい場所に連れてゆくと保証しているわけでは
    ない。それは何度もあなたを間違った場所へ連れてゆくだろう。なぜなら、行くべきドアに行き着くためには、人は最初に多くの間違ったドアをノックしなければならないからだ。それにあなたが突然、行くべきドアにぶつかったとしても、あなたにはそれが開けるべきドアかどうかわからないからだ。

       だから最終的に判断すると、無駄な努力は何もないことがわかる。
       こうしてすべての努力はあなたの究極の成長に役立つのだ。だからためらうことはない。間違うことをあまり心配してはいけない。そして問題の一つはそれなのだ。人々は何一つ間違ったことをしてはならないと教えられている。そこで彼らはひどくためらい、恐れ、間違えることを極度に怖れてしまうのだ。そのために動けなくなってしまう。彼らは動けない、何か悪いことが起きるかもしれないから、そこで彼らは岩のようになって立ちすくむ。

       できるだけ多くの間違いを犯しなさい。
       しかし一つだけ憶えておきなさい。それは同じ間違いは再び繰り返さないということだ。そうするとあなたは成長し続ける。道に迷うことはあなたの自由の一部だ。神に反する方向へ行くことでさえ、あなたの尊厳の一部だ。そして神に反することは時に美しい。こうした歩みはあなたが気骨と勇気を持ち始める方法なのだ。そうでなければ、この世界は骨なしばかりになるだろう。

       「これは正しくて、これは間違っている」と言われたことは全部忘れなさい。
       生はそんなに決まりきったものではない。今日正しいことも、明日には間違ったことに」なるかもしれない。今の瞬間に間違いであっても、次の瞬間には正しいことになるかもしれない。生とは、分類したり整理できるものではなく、「間違い、正しい」のラベルを簡単に貼ることはできない。生とは神秘であり、ある瞬間はあるものが適しているが、常にそうだというわけでもない。

       私が正しいと定義するものとは何だろうか?
       存在と調和するものは正しく、存在と調和しない物は間違っている。ゆえにどの瞬間も注意深くあらねばならない。なぜならそれは一瞬ごとに新しく決められなければならないからだ。ゆえに何が正しく、何が間違っているのかを既成事実の答えに頼ることはできないのだ。愚かな人間だけが既成の答えに頼るが、それはそうするのが賢くて判断する必要がないと思っているからだ。彼らにはその必要がないのだ。

       私の理解するところはこれだ。
       さまざまな戒めや規則が与えられると、人々は困ることになる。なぜならそれが与えられた時、それはすでに時代遅れになっているからだ。生はとても早く動いている。それは躍動していて静止してはいない。それは動きのない水溜りではなく、ガンジス川であり、常に流れ続けている。これは一瞬たりとも同じではない。だから一つのことがこの瞬間に正しくても、次の瞬間には正しくないかもしれないのだ。ではどうすればよいのだろうか? 一つ可能なことは、人々を目覚めさせて、彼らが自分で、変化する生にどう対応するかを決められるようにすることだ。

       しかしあなたは、すべてにおいて用意万端というわけにはいかない。
       それが生の美しさであり、素晴らしさだ。それはあなたが未だ気づかないことを引き起こし、いつも驚きとしてやって来る。もしあなたに目があるならば、一瞬一瞬が驚きであり、前もって用意した答えはまったく使えないことがわかるだろう。  


           『Courage  (勇気)』  OSHO  Kadokawa Shoten

              抜粋




    私も臆病者から勇気ある者へと移行していきたいです。ハイ。








    Joy 喜び / Osho (Book) 【単行本】

    Joy 喜び / Osho (Book) 【単行本】
    価格:1,728円(税込、送料別)


    内容詳細
     喜びの中で生きるために
    どうしたらいつでも喜びや幸せを感じていられる? 著作は650冊、世界40ヶ国で大ブームを巻き起こしたスピリチュアル・ティーチャーによる真の喜びを得るためのスピリチュアル入門書。山川夫妻、渾身の名訳!



    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     『ザ・シークレット』『アルケミスト』等ベストセラー翻訳者が伝える、“人を幸せにする精神世界”!!
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 人生の扉を開く鍵の見つけ方/第2章 自分を幸せにする生き方/第3章 愛に目覚める方法/第4章 いいことが次々におこる魔法/第5章 本当の幸せを引き寄せる言葉/第6章 人生がどんどんよくなる秘密



    <商品の詳細説明>
     精神世界書の翻訳家の第一人者が明かす、スピリチュアルな奇跡と気づきの実話の数々。これまで出会ってきた奇跡や不思議体験、自身のチャネリング体験、実際に会ったベストセラー作家、パウロ・コエーリョとの交流や、数々のベストセラー翻訳書にまつわるエピソードを紹介するスピリチュアル・エッセイ。
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     ぼくらはこの世に生まれてきて、いろいろな体験をして、物の見方が変わっていきます。大切なのは、自分の体と心で、どう感じるかということ。『ザ・シークレット』『前世療法』『聖なる予言』『アルケミスト』など、数々のスピリチュアル書の翻訳家が正直に明かした、不思議な体験と学びの日々。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     「天使クラブ」へようこそ/見えない世界からのメッセージに導かれてーぼくたち夫婦が翻訳家になるまで/自分を知り始めると、不思議なことが起きてくるー「自分は今生、何をしに生まれてきたのか」を知る/あなたのたましいの調子はいかがですか?-すべては時にかなって、みな美しい/本当に好きなこと、それは神様からの「しなさい」という合図ー誰のうしろにも精霊がいて糸を引いている/天使を探してーこの世には天使が大勢いて、助けてくれている/私たちが体験できる最も美しいものーぼくが「天界」に行ったときのこと/あなたはそのままで、本当はすべてを知っているー愛と平和の「アクエリアスの時代」が始まっている/人は用意ができたとき、マスターに出会うーニューメキシコで不思議なシャーマンに会ったときのこと/ぼくたちはみんな、愛と平和の戦士ー誰もが望んで生まれてきている〔ほか〕






    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1835-4911a459

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。