ノラ猫観察の後も続くよ、いつものお散歩道。

    昨日の開き始めた椿のお花は、

    椿2014/10/29-5

    本日はこんな感じ。

    椿2014/10/30-1

    色づいたつぼみも

    椿2014/10/30-2

    開いた花も

    椿2014/10/30-3

    増えてる。
    このまま

    椿2014/10/30-4

    どんどん咲き始めちゃうんだろうか? うーむ・・・・・・;;



    それにしても、本日も変わったものを見つけてしまうお散歩道。
    とある電信柱の前を通りかかった時、そこでやたらミツバチが飛び回っているのに気がついた。

    電信柱の蜂2014/10/30-1

    電信柱の蜂2014/10/30-4

    あー、これはこれは

    電信柱の蜂2014/10/30-2

    電信柱の蜂2014/10/30-3

    ミツバチたちのおウチ計画が進んでいるようだ。
    悪いことは言わん、ココは諦めて引っ越ししたまえ

    電信柱の蜂2014/10/30-5

    と言ってみたが、もちろん言葉は通じないので、せっせと働き続けるハチさんたちであった;;

    このままじゃ、どうせ早晩駆除されてしまう。
    あたしみたいにね、蜂の巣駆除に平和の使者「蚊遣りぶた」さんを差し向ける人間は少ないのだよ。

    蚊遣りぶた出動

    相手が害のないミツバチだったとしても、大抵の人間は「皆殺し作戦」を選択する。
    だから・・・・・・引っ越ししてね。頼むぜ。


    ・・・・・・と、ミツバチさんたちの幸せを祈りながら、ついでにスペシャル写真を載せちゃうぜ。

    しばらく前からベランダのマリオに花が咲いていたんだが、本日はちっちゃな訪問客到来。

    蜂&マリオ2014/10/30-1

    蜂&マリオ2014/10/30-2

    蜂&マリオ2014/10/30-3

    蜂&マリオ2014/10/30-4

    蜂&マリオ2014/10/30-5

    マリオも楽しそうであったよ。












    <ローズマリーコレクション♪ 12種類のローズマリーを各1ポットづつお届けします。オリジナルにアレンジしてローズマリーガーデンを作りましょう~ >だ、そうです。



    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     新しい巣をどこにするか。群れにとって生死にかかわる選択を、ミツバチたちは民主的な意思決定プロセスを通して行ない、そして常に最良の巣を選び出す。ミツバチの好みを探るため、作った巣箱の数は252個。ある時はミツバチ用ランニングマシーンを開発し、またある時は、自動車修理工場で入手したゴム製のホースで、ミツバチの笛鳴らしの音に聞き耳をたてる。1950年代、ドイツのリンダウアー教授が始めた、ミツバチの家探しについての研究を引き継いだシーリー先生の、ミツバチへの熱い愛と好奇心がほとばしる。フィールドサイエンスの醍醐味を伝える好著。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 ミツバチ入門編/第2章 ミツバチコロニーの生活/第3章 ミツバチの理想の住処/第4章 探索バチの議論/第5章 最良の候補地での合意/第6章 合意の形成/第7章 引っ越しの開始/第8章 飛行中の分蜂群の誘導/第9章 認知主体としての分蜂群/第10章 分蜂群の知恵





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1825-050e19ab