いつものお散歩道。

    アベリアさんのお花はもうほとんど終わって、日陰で咲いているのが

    アベリア2014/10/28-4

    チラチラと見えるくらいだけど、お花がなくても日差しにキラキラとしてて

    アベリア2014/10/28-2

    アベリア2014/10/28-3

    綺麗。

    で、最近赤い実が目立っているのが、

    常盤山櫨子2014/10/28-1

    常盤山櫨子2014/10/28-2

    常盤山櫨子2014/10/28-3

    春に写真を撮りまくった常盤山櫨子。

    常盤山櫨子2014/5/16-1

    常盤山櫨子2014/5/16-7

    常盤山櫨子2014/5/19-2

    で、写真を撮ろうと近づいたんだが、

    常盤山櫨子2014/10/28-4

    常盤山櫨子2014/10/28-5

    近寄って見てわかった、そこは蜘蛛の巣城;;
    春に写真を撮った時みたいには接近できない。でも・・・・・・

    常盤山櫨子2014/10/28-7

    常盤山櫨子2014/10/28-9

    常盤山櫨子2014/10/28-10

    常盤山櫨子2014/10/28-11

    できるだけ接近して写真を撮りましたとさ。(ははははは;;)

    それにしても、この辺が

    常盤山櫨子2014/5/16-3

    こんな感じになって、

    常盤山櫨子2014/10/28-8

    この辺が

    常盤山櫨子2014/5/19-1

    こんな感じに

    常盤山櫨子2014/10/28-12

    なったのね。

    時の流れは早いなー。ふむむ。

















    <商品の詳細説明>
     シェイクスピアの『マクベス』を日本の戦国時代に取り入れた作品。蜘蛛巣城の城主をめぐって繰り広げられる壮絶な戦いが強烈な人間描写とともに描かれる。とくにラスト・シーンが必見だ!
    【解説】
     蜘蛛巣城の城主・国春に仕える猛将・鷲津武時。権力欲の強い武時は国春を殺害、念願の蜘蛛巣城主に治まる。やがて隣国の軍勢が国境を超えなだれ込んでくるが、先手の将は、国春殺しの濡れ衣を着せられたかつての軍師・則保だった。シェイクスピアの「マクベス」を日本の戦国時代に翻案。原作の持つ弱肉強食の凄まじい世界観と噛み合って強烈な物語となった。

    THRONE OF BLOOD (1957)







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1822-164feba4