私のHPで新月と満月にカードを引くコーナーがありますが、今日は新月なので新月のカード占いをアップしました。HPの方は、XPのサポートが終了したということもあり、私の今の環境ではマジで更新しにくくなっております。なのでまたしばらくはこちらのブログだけでの公開となりますので、御了承くださいませね。(ペコリ)
    というところで、このコーナー、引き続きよろしくお願いしますねん。





    ここは、普段私が愛用している「ヴィジョンクエスト・タロットカード」を使って、
    新月からの一ヶ月の流れを占おう、
    というか何かアドバイスでももらっちゃおうというページである。
    「ここを見てくださっている方に何か一言を」と
    カードに聞いて引いているだけなので、
    ま、ひどいカードが出てもあんまり深刻に受け止めないでくださいね。
    良いカードが出たらイケイケってなくらいで。
    では今月のカード。


    バランス

    「真の調和を目指す」

     「8.バランス」
    <キーワード>内面を見つめる、静けさ、均衡、選択をやめる、待つ、何も強要しない、変化、変容、幻影を見破る
     
     
     このカードがあなたの前にやってきたなら、それは、歩みを止め、自分の内側を見つめなさいというサインです。時々わたしたちは、様々な事態にひどく圧倒されてしまうことがありますが、そんな時には体勢を立て直すために、一旦退くことです。そんな時には、内面のバランスを取り戻すことが急務となります。
     あなたの内なる存在が「自分でどうにかしようとする」というやり方を「あるがままに任せる」というやり方に変えるよう、あなたをせっついています。結果を恐れないでください。意識的に物事を成り行きに任せるというのは、あらゆる知恵につながる鍵なのです。
     完全にリラックスすることだけが、何が真実で何が錯覚に過ぎないのかに気付かせてくれるでしょう。身体と心を休めることで、あなたが持つ古いパターンと抱えている問題の解決方法がはっきりするはずです。このリラックスした状態でなら、あなたはたやすくバランスを取り、本来の内面的なつりあいが取れた状態に戻ることが出来るでしょう。
     
    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 







    月蝕だの日蝕だの続く今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

    この前の満月は日本でもかなりよく見えた皆既月蝕でしたが、本日はアメリカの方で部分日蝕が見られたそうです。

    部分日蝕2014/10/24
    (米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)近郊サンガブリエル山脈(San Gabriel Mountains)のウィルソン山(Mount Wilson)にあるウィルソン山天文台(Mount Wilson Observatory)で観測された部分日食。太陽の約34%が隠れた(2014年10月23日撮影)。 ©AFP=時事)

    なかなか騒がしい今日この頃ですね。

    さて、今回のカードは「8.バランス」。月蝕や日蝕だけでなく、ま、いろいろと騒がしい世の中にも惑わされずに、自分の外の世界のことで振り回されないために内省する時間を作りましょう、落ち着いて自分を取り戻す時間を作りましょう、といったところでしょうか。

    折しも季節はおウチでまったりと物想いにふけるのがぴったりの秋ってことで、いろいろなことで振り回されている方も、そしてそうでもない方も、意識的に自分がリラックスできる時間を持つようにしてはいかがでしょうか。忙しくてそんな時間なんか作れないよっ、って方も、自分が好きな曲を一曲くらい聴くような時間は取れると思います。ぜひ、やってみてくださいねん。

    で、今回の補助のカードが「17.星」でありまして、このカードは、自分の持っている「ギフト」を分かち合う、といった意味合いも持っているということで、内面の「バランス」がとれた真の自分になれたら、自分の持っている「ギフト」を誰かと分かちあう、というところまで行って欲しいかなー、という気がします。

    いや、ホントにねー、昨日まさにタイムリーな記事を読みましてね、昨日読んだ時にブログに転載しようかなー、と思ったくらいだったんですが、内容がちょっと難しいめだったし、自分でもその記事に対してうまいコメントが書けそうもなかったんでいつもの「ま、いっか」で済ませたんですが・・・・・・・やっぱり書くことになるんッスねー;;

    ということで、この占いにタイムリーな(気がする)記事というのはこちら↓。

    『zeraniumのブログ』さんの「我々の太陽系・銀河系はすでに新たな時空に入っている」

    ちょっと難しい内容の記事なんですけど、その中に


       私たちは1度自分なりに理解してしまうと、それが錯覚や誤解であってもなかなか考え方を変えない傾向があります。たとえば「調和」という言葉を、しばしば「バランス」と考えてしまう人が多く、割合やバランスという意味に解釈してしまいますが、これはまったく本来の意味ではありません。英語では調和はハーモニーであり、バランスではありません。バランスというのは、一点だけが均衡のとれる状態であり、1つ狂えばすべてがひっくり返ってしまいますが、宇宙の「時空の仕組み」はそうはなっていません。


    はい、モロに「英語では調和はハーモニーであり、バランスではありません。」と書いてあります。
    「バランス」のカードを引き、次に「同調(他者との調和)」というキーワードを持つ「星」のカードも見た私が、その時どんなにドキッとしたことかっ;; ほとんどお告げモード(昨日だから予言モードでもある)ですよ。

    ということで、今ココをお読みの皆さん、内省したことで得た満足感を、自分だけの収穫にとどまらず他者への「ギフト」としても活用してくださいませ。そうすることで、自分ももっともっと幸福感に包まれることになると思いますよん。やってみてくださいねん。


    なお、前述の『zeraniumのブログ』さんの「我々の太陽系・銀河系はすでに新たな時空に入っている」には、次のような含蓄のある文章が記されています。


       「時空の仕組みの本質は調和」ということです。
       この地球文明では、たとえば愛という振動波を非常に重要視しますが、その愛よりもはるかに重要なものが調和です。つまり、愛は調和がとれていなければ危険なのです。しかし惑星地球の文化では、そういうことが明確に浸透していないので、愛というものが非常に危険な結果を生んでいる部分がたくさんあります。愛の振動波は陽子(ようし)ですから、意志があり、力があります。愛というのは力なのです。この地球的な現代科学用語で言えば、愛は力の働きをします。



    特にこの部分、

    この地球文明では、たとえば愛という振動波を非常に重要視しますが、その愛よりもはるかに重要なものが調和です。つまり、愛は調和がとれていなければ危険なのです。

    これは凄いですね。うまく説明できないんですけど、その通りだと思います。「愛」と「エゴ」が混同されていることって多いですからね。「愛」の意味をはき違えないで、真の愛を実践することが大切だと思いました(なんちゃって;;)。


     ま、今回はこんなところで(なんか、書くの難しかったよ;;)。では、今月も(つらくならない程度に)頑張っていきまっしょい!(^^)/~








    (おまけ)
    星

     「17.星」
     <キーワード>実現、完成、天与の才能、同調、最高の満足、神の力の燦然たる顕示、恵まれた状態


     与えるという能力は、神より授かったギフトです。自分からどれほど沢山のヴァイタリティーが溢れ出ているかに一度気付いたなら、あなたは自分が絶えず受け取っているものを、人にも回さずにはいられなくなるでしょう。その気づきによってあなたは、何かを手放さずにいることを止めるのです。
    あなたの生命力が湧き出し、他の人々のもとへハートのエネルギーが降り注ぎます。このことは、深い満足と感謝の念を生み出し、そしてあなた自身に対しては、外からの見返りを期待することなく、人々にエネルギーと愛情を惜しみなく与えるよう働きます。そうすることで、あなたは絶えず神のもとからもたらされる、溢れ出る生き生きとしたエネルギーで、再び満たされるでしょう。なぜならば、与え、受け取るという循環は、それ自体で完結したもので、与えなければ受け取ることも出来ないからです。

     わたしたちは皆、内部につながっており、孤立しているものはただ1人もいません。それは、人であろうと、動物であろうと、植物の葉であろうと変わりはありません。実際、全てのものは同じ場所、尽きることのない豊かな源泉から生まれたのであり、本当のところ、全てのものは1つなのです。

     星のカードは、それが何であれ、あなたに与えられたギフトを思い出させてくれます。ひょっとしたらあなたには人の話に一心に耳を傾けることが出来るのかもしれませんし、共感溢れるような愛情を示すことが出来るのかもしれません。それらはあなたが分け与えることのできる内的な豊かさなのです――――たとえある場合には、物質的な贈り物こそがふさわしいということがあったとしても。分け隔てをしないようにしてください! もし心の底から何かを与えるということが出来るなら、あなたの富は計り知れないものになります。たとえどれほど多くの物を持っていたとしても、見返りを期待せずに何かを与えることが出来ない人は貧者なのです。
     星のカードの助けにより、分かち合う力はいまやあなたの中を流れています――――他の人たちを感動させ、周り全てに感謝の気持ちを広める力が。


    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 






    (おまけ2)

    先日のイノシシに続いて、本日のローカルニュースのトップが「蛇」だったもんで;;、おまけのスネーク・カード。

    スネーク2

    メディスンカードだと「スネーク(蛇)」は「変性」を表すカード。

     脱皮するヘビは「生―死―再生」という変性のサイクルを示す。脱皮は包括性(wholeness)、宇宙意識、「何事にも抵抗せずに意欲的に体験する」エネルギーの象徴だ。スネークのパワーは「自然界のすべては等しく価値があるのだから、『毒』と思っているものだって食べて、吸収して、統合して、変性できる(食べ手の意識が適正な状態にあれば)」と知るパワーだ。
     スネーク・メディスンは、あなたが普遍的生命であると知らせているのだ。人生のあらゆる側面を受け入れたら、「火のメディスン=変性」を生み出せる。火のエネルギーが物質レベルに働くと、情熱、欲望、生殖、肉体的活力になる。感情レベルに働くと、大望、創造、解決、夢になる。精神レベルでは、知性、パワー、カリスマ性、リーダー・シップとなる。霊的レベルに達したスネークのエネルギーは知恵、理解、包括性、グレート・スピリットとの絆を創り出す。スネークのカードを引いたら、「包括的存在となるためには、あなたの思考、行動、欲求の中で変性すべき部分がある」という意味だ。スネークの魔法は簡単には使えない。しかし、魔法とは単に意識の変化である。魔法使いになってエネルギーを変性しよう。火のパワーを受け入れよう。
    <逆位置>
     スネークを逆さに引いたら、変化を呼ぶあなたの能力に蓋をしているのかもしれない。「今いる環境に変化を起こしたら、面倒な状況に足を突っ込む」と思っていないか。それゆえ、変化を恐れていないか。その「面倒な状況」は、あなたの内なる魔法使いを無力にするほど力があるのだろうか。古いパターンは、安全で予測可能なお決まりのパターンだ。「安全ではあるが生産的ではない場所」から抜け出したいなら、スネークになろう。アイデンティティーという古い皮を脱ぎ捨てよう。変わり映えのしない夢のような幻想から抜け出て、新たなリズムを発見しよう。
    以上、『メディスン・カード』の「スネーク(蛇)」のカード解説を抜粋しました。自分で「ピン」とくるものがあったら参考にしてねん。


    ちなみにニュースの内容は、双頭の蛇が見つかったというもので、縁起がイイのか悪いのかよくわかんないんですが、


    (これ↑はキングギドラ。私は子供の頃、怪獣はこのキラキラしているキングギドラが一番好きでした ← ってなんだよそれ)

    昔は「見たら死ぬ」とか言われている地域もあったけど、現在は、一般的には大多数の意見では縁起が良いとされているみたいなので、そういうことで良かったな、ということにしときますです、ハイ。








    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    にほんブログ村



    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る


    メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋
    (1991/06/01)
    サン・ベアワブン

    商品詳細を見る


    メディスン・カード《改訂増補版》メディスン・カード《改訂増補版》
    (2001/02/01)
    デイビッド・カーソン、ジェイミー・サムズ 他

    商品詳細を見る





    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1817-64d3b699