【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     同じようにくりかえされる毎日。ときに、やりきれなさがつのる。どこへ行けばいいのか…何をすればいいのか…街には人があふれているのに…孤独…そんな中で、ふたりは出会った。人々が心に持つ光と影を鋭く見つめ、季節の中で移ろいゆく「彼」と「彼女」の心を詩情豊かに、繊細なタッチで描いたせつないラブ・ストーリー。

    【著者情報】(「BOOK」データベースより)
    ジミー(Liao,Jimmy)
    台北在住の絵本作家。1998年より絵本の創作を始める。1999年に発表した「向左走・向右走」「聴幾米歌」「月亮忘記了」の3部作は、その驚くべき創造力と叙情的スタイルで台湾に一大絵本ブームを巻き起こした。創作開始から2年で8つもの賞を立て続けに受賞。作品はアメリカ、ドイツ、フランス、ギリシャ、韓国などでも翻訳出版されている






    いやー、「秋分の一枚」でちょこっと書いたら急にいろいろと思い出してしまい、つい、書いてしまう『君のいる場所(向左走・向右走)』のこと。

    この本の事を初めて知ったのは、確か月刊『MOE』という雑誌の紹介記事だったと思う。
    出来の良い大人の絵本ということで興味を持ち、図書館で借りて読みました。

    で、同時に同じ作者の『地下鉄』という作品も借りて、




    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    閉じこもるだけの生活から一歩を踏み出した盲目の少女。手をのばせばそこに幸せはあるの?遠い日の記憶へまだ見ぬ未来へ、地下鉄に乗って少女の旅は始まる。“あきらめ”と“希望”“悲しみ”と“喜び”“闇”と“光”…交錯する様々な思いの中で、繰り広げられる幸せを探す物語。



    その時は、内容が内容だけに、こちらの作品の方が強く印象に残った記憶があります。

    で、それ以来、すっかり忘れていたんですが、無料配信されていたドラマ 『三国志 Three Kingdoms』を観た時に、諸葛孔明を演じた役者、陸毅(ルー・イー)にハマり、

    陸毅 諸葛孔明

    それで陸毅(ルー・イー)が出演している他の作品も観たくて探したところ、やはり無料配信されていた台湾ドラマ『君のいる場所』を見つけて、

    ドラマ「君のいる場所」p


    「どっかで聞いたことのある題名だなー」と思って、ふと思い出したんですね、原作の絵本のことを。

    ああ、そうだった、と思い出したら、また急に読みたくなって、結局、『君のいる場所』と『地下鉄』の二冊を去年買ってしまいました。

    『君のいる場所』のストーリーは、簡単に言えば、孤独な男女が出逢い、結ばれるまでを描いたものです(凄い簡単だな、おい;;)。

    二人は、実は同じアパートの隣り合った部屋に住んでいます。

    君のいる場所・絵本5

    でも、使う出口は別。おまけにこの二人、お互いに癖があって、どこに出かける時も

    君のいる場所・絵本1

    彼女は玄関を左に曲がる癖があり、彼は玄関を右に曲がる癖があるんですね。
    だから、例えどんなに近くに住んでいてもすれ違うだけで、出逢うことはなかったんです。

    それが、

    君のいる場所・絵本2

    公園の丸い噴水で出逢ってしまった。

    出逢ったとたんに信じられないほど意気投合してしまって、

    君のいる場所・絵本6

    君のいる場所・絵本7

    君のいる場所・絵本11

    別れる頃には、お互いにまた会おうと電話場号を交換しあうんですね。

    君のいる場所・絵本3

    こんな感じで。

    君のいる場所・絵本8

    運命の出逢いを果たしたと、お互いに幸福の絶頂にいる二人・・・・・・だったんですが、ああ、なんとも無情の雨。

    君のいる場所・絵本4

    君のいる場所・絵本9

    君のいる場所・絵本10

    偶然に出逢った二人を繋ぐ唯一の電話番号が、雨で流れてわからない・・・・・。

    そうして、二人はほんの隣に住んでいるのに、また延々と逢えなくなってしまうことに。

    その延々と逢えない時間を、お互いにどんなふうに過ごしたか、ということを詩情豊かに描いたのがこの作品で、それが「大人の絵本」と評されたワケです。

    確かに、私がこの絵本を読んだ時は、やはりそのように思いました。
    逢えない時間のせつなさがイイと。

    でも、ドラマを観た時には、別の事を感じましたね。

    もちろん、ドラマに仕立ててあるので、原作のようなスッキリした設定ではなく、いろいろと登場人物も多くなり、主人公たちの背景も書きこまれて、ストーリーも盛りだくさんになってましたが、そういうことではなく、もっと根本的なこと。

    今、すれ違った見知らぬ人が、ある日を境に特別な人になってしまうかもしれない可能性、ふとした瞬間から人生が変わってしまうような展開が始まる可能性、そんなワクワクするようなものが、自分の傍らに知らん顔で転がっている。そんな不思議。
    見なれた世界が、ある日突然、様変わりする。そんな不思議・・・・。

    そんなことを感じた瞬間から、私は何だかドラマ『君のいた場所(向左走・向右走)』を、温かい気持ちで愛するようになったのかもしません。


    ・・・・・・ということで、ドラマに関するおまけ記事(大したことないけど)も続くのであったよ。





    (おまけ)
    幾米 向左走向右走 故事繪本 (HD) - 宜蘭 幾米廣場-


    ※ これを観ると、もうほとんど本を読んだと同じですよ。ううーむ;;













    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1789-ca4b0d10