新月、満月にカードを引いているけれど、なんか、いつも夏至とか冬至とか、ついでに春分とか秋分にも引きたくなるので、あんまりヒドいカードを引いた以外は御紹介していたりする。

    秋分の今日もちょっと引いてみて、あんまり悪いカードも引かなかったので御紹介しときますねん。


    ・・・・・・とは言うものの、明日は新月なんで、明日も「新月の一枚」はやるんですけど;;

    ま、同じようなカードが出たらゴメンネ、ってことで、今回はサクッと参りましょうか。

    で、こんなん出ました。

    水の4

    メインカードは「水の4(豊富)」。

    いつもだったら「これは<満つれば欠ける>の藤原道長カード、イイ気になってると危ないよん」と書くところなんですが・・・・・

    いやー、朝食&昼食抜きが当たり前になってきて、最近では痩せすぎを気にして(幸か不幸か顔から痩せるタイプなので痩せると目立つ。お腹まわりはまだ余裕があるのに;;)「今日はお昼を食べた方がいいかな?」なんて、以前では考えられなかったことを考え、行動するようになった私としては、ヒシヒシと「生きていくのにそんなにたくさんのものは必要ない」とか、「いつでも充分すぎるほど、いろいろなものが与えられているな」と感じるようになってるんですよ、ハイ。

    というわけで、今回、私がこのカードを見た第一印象というのは「もうすでに充分満たされていることを自覚しようよ」だったんですね。

    いつも「何かが足りない」と感じて、あれもこれもって「足し算な生き方」をしがちなものですが、実際には本当に必要なものってそんなに多くないですよね。たくさん買い物をして満たされた気分になっても、時間が経つと、なんか「欲しかったものは、ホントはコレじゃない」なんて感じて、また無駄遣いな行為を繰り返す・・・・・・なんてのはよくあること。

    それよりも、一度自分の毎日を振り返って「満たされていること」を自覚して、どちらかというと「引き算な生き方」をした方がした方が良いような気がします。そうすると、本当に必要なものがわかってくるかもしれませんよん。たまには、そういうことをやってみてはどうでしょうか?

    で、従来通り、これは「4」のカードですから、本物の完成までに「10」ある段階のうちの、途中の一時的な完成状態だと見ると、これからまた新しい段階が始まりますよん、ってことですが、それはどんな感じ、というと、補助のカードが、

    太陽

    「19.太陽」ですから、良かったねー、これからどんなことがあっても未来は明るいよっ! ってことです。
    「希望を持っていきまっしょいっ!」ってとこですよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ああ、わかりやすいカードで良かった。御参考までに。

    ま、今回はこんなところで。


    で、明日の「新月の一枚」なんですが、新月時間は15時14分頃ということで、いつも新月になってからカードを引くので、それ以降の時間にアップということになります。
    明日中に書けるとイイね(なんて他人事のように書く私;;)。
    ま、似たようなカードが出て簡単になっちゃったらゴメンナサイ、と先に謝っておきます(ははははは;;)。


    では本日の秋分から春分までも、頑張っていきまっしょいっ!





    (おまけ)
    「4」のカードで思いだすのがこのドラマ『君のいる場所』。原作の絵本通りに偶然出逢って恋に落ちた恋人同志は、その後いろいろなアクシデントでなかなか出逢えない(『君の名は』パターン)。原作は、ふたりがやっとのことで再会しておしまいなんですが、そこは連続ドラマなんでやっと出逢えた後もお話は続き、いろいろな波乱を乗り越えてハッピー・エンドを迎えます。再会できた後から、本物の恋愛ドラマが始まる、という「一度は完成したけど、まだ4のカードだから先があるよん」そのままでしたね。ま、回数のしっかりある連続ドラマってみんなそんなもんですが、ドラマ全体の半分以上逢えないもんで、「ひょっとして最終回まで逢えないの!?」と、途中不安になるくらいの展開だったので、非常にわかりやすいな、と思ったドラマでした。

    光良-向左走向右走 (官方完整版MV)








    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    にほんブログ村






    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る


    メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋
    (1991/06/01)
    サン・ベアワブン

    商品詳細を見る



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1788-b601d506