ちょっと以前のお散歩道。

    久しぶりに初雪草を見に行って、

    初雪草2014/8-1

    そこの原っぱで出逢ったのが鶏頭。

    鶏頭2014/8-1

    ああ、写真撮るには天気がイマイチ、と思っていたら

    鶏頭2014/8-2

    晴れてくれた(やったー)。

    それにしてもとんでもないほどの燃えるような赤。

    鶏頭2014/8-3

    鶏頭の花言葉のひとつに「色あせぬ恋」ってのがあるそうだけど、わかる気がするなー。

    そしてこのベルベットフィール(feel like velvet.)。

    鶏頭2014/8-4

    フカフカ系お花(なんだよそれ?)の女王さまだと言えましょう(だから、なんだよそれ;;)。

    さて、初雪草さんのお隣には、

    野鶏頭&初雪草2014/8-1

    野鶏頭2014/8-1

    野鶏頭2014/8-2

    こっちもこのようなフカフカちゃんがいっぱい咲いていた。

    野鶏頭2014/8-3

    すごい可愛い。

    名前がわからなかったので調べてみたら、これは野鶏頭。
    さっきの真っ赤な鶏頭の仲間で、鶏頭が野生化したものや、野生化したものの園芸品種を指すとか。

    下の方から咲き始めて、咲き終わると白く色が変わるんだってさ。

    なるほど

    野鶏頭2014/8-4

    そんな

    野鶏頭2014/8-5

    感じ。

    野鶏頭2014/8-6

    うーむ、なんともフカフカな鶏頭一族。

    晩夏の頃に見る淡い紫は風情があって

    野鶏頭2014/8-7

    なかなか良い原っぱの風景であったよ。











    セロシア(ノゲイトウ) ピア [Celosia cv.]

    セロシア(ノゲイトウ) ピア [Celosia cv.]
    価格:390円(税込、送料別)




    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     時代を超えて生き続ける子規。現代を代表する論客による珠玉の子規論。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     子規はわれらの同時代人-変革期の生活者・表現者/子規文章讃/日本人の美と自然/鶏頭の十四五本も/神様が草花を染める時-子規の絵について/連作について/短歌とナショナリズム/写生文/家長子規/子規晩年の世界/子規の絵画と俳句-写生を中心に/正岡子規/豊かな分析的精神/最晩年の境涯詠/英雄と詩人-正岡子規について/啄木・久良伎・子規/『病床六尺』の世界/『子規遺墨』序/鶏頭論終結
    ※鶏頭、って言ったら、やっぱり思い出すのは正岡子規の「鶏頭の十四五本もありぬべし(けいとうのじゅうしごほんもありぬべし)」ですよね。




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1769-b55b7a60