私のHPで新月と満月にカードを引くコーナーがありますが、今日は満月なので満月のカード占いをアップしました。HPの方は、XPのサポートが終了したということもあり、私の今の環境ではマジで更新しにくくなっております。なのでまたしばらくはこちらのブログだけでの公開となりますので、御了承くださいませね。(ペコリ)
    というところで、このコーナー、引き続きよろしくお願いしますねん。






    新月だけではちょっと物足りなくなったので、新月からの流れが極まる満月の日に一枚引いて、次の新月までの流れを占ってみよう、と始めたのがこのコーナーである。

    ま、今回もとりあえず一枚、いってみましょう。



    変容

    「迷わずやってみよう!」

    「13. 変容」
    <キーワード>生まれ変わるための死、死のプロセス、過去を脱ぎ捨てる、古いパターン・信条・価値観を手放す、深いレヴェルで「放っておく」こと、心の中で源泉へと還ること


      これは肉体上の死をあらわすカードではありません! すべての変容は新たな始まりなのだということを教えているのです。だからこの避けることが出来ない流れをとどめようとすることにエネルギーを浪費してはいけません。実際あなたは、もう自分にとって必要のなくなった「お荷物」を手放す準備が出来ているのですから。ある状況からの解放、場合によってはある人たちから離れる準備はもうすっかり出来ているということを示しているのです。
     また、さらに高い面から見ると、このカードのイメージは、あなたの魂は生まれ変わることを切望しているのだということを表しています。そしてこの「生まれ変わり」はあなたにとって不要な体系や精神的な仮面が崩れ去ったり崩壊したりする時にのみ起りうることなのです。

     1つのことにしがみつくのは止しなさい! 全てのものは、自然に流れゆくままにしておくべきなのです――――たとえ始めはそのことを耐えがたく思ったとしても。実際、そうすることであなたの人生には、新しくやってくる大切な訪問者を滞在させるスペースが生まれるのですから。不要な人やものが去っていくことで生じた「見捨てられた」という気持ちは、すぐに喜びへと変わるでしょう! 
     
     しかしながらエゴというのは、変化を回避しようとするものです。新しいことを恐れ、執拗に見慣れたものへとしがみつこうとします。エゴにとっては未知のものに降服するよりは、延々と続く停滞状態や死にそうなほどの退屈さの方がマシなのです――――勿論そうすることは、さらに痛みを増す原因となるのですけれど。しかしあなたには、深遠な変化を歓迎する勇気と理解があります。この変化を後回しにしてはいけません。それは終焉ではなく、新たな局面につながる変容なのですから!

    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 






    台風が直撃するよな今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

    えーと、ですね、ちょっと前にブログに『zeraniumのブログ』さんから、「進化とともに、本来人間はプラーナだけで生きられる」という記事を転載したんですが、(「そういうものに私もなりたい(『zeraniumのブログ』さんの「進化とともに、本来人間はプラーナだけで生きられる」という記事」)、あれからちょっと「ブレサリアン(呼吸主義者)」にハマりまして、なんか食事量が減ってる私。

    だいぶ前にマクロビに感化されて、その時にかなり砂糖や乳製品を遠ざけることに成功して、ここ数年は獣肉類もほとんど食べなくなり、まだ魚は食べてますがそれも小魚と鰹節あたりでなんとか抑えられるようになってる。で、朝食はというと、「朝食は必ず摂りましょう!」神話のおかげで、とりあえずお茶漬け(麦飯にホントお茶をかけてシバ漬けで食べる)だけでも口に入れなくちゃと、どーでもいいけど食べてた感じなんで、ブレサリアンの記事や、「西式甲田療法」の情報であっさり朝食(ハーブティーと梅醤茶だけ)&もちろん間食もやめちゃった最近の私だったりするワケです。

    いやー、それがなかなかイイ感じで、「基本不食で、たまの食事は趣味」というブレサリアンさまには程遠いですが、でも昼食もさらに軽くしているので、このまま行けば一日一食のエコ人間にはなれそうな気がしてるんですけどね。

    私は「早くフリーエネルギーの解禁をっ!」とか「フリーエネルギー開発の皆さん、頑張ってっ!」とか、他力本願にずっと思ってましたけど、ほとんど食事しなくても生きていける人間になれれば、空気中の無尽蔵のプラーナをもらって生きていけるブレサリアンになれれば、たとえ不食になれなくても微食人間になれたら、かなり優秀なフリーエネルギー人間だよねー。フリーエネルギー関係者の皆さんも応援しながら自分でもフリーエネルギー開発にいそしむ、というなかなか良い境地になれたような気がしております。

    ホントにねー、「人間は食べなくても生きていける」と考えるだけでもスゴイことですよ。今までは「食べなきゃ死んじゃう」って思ってたけど、その考え方って、凄く恐怖に支配された考え方ですよね。確かに食べることは楽しいけど、でも死の恐怖から逃れるために食べたくなくても無理して食べる場面もあるワケで、それもよく考えてみれば可笑しいよね。

    人間は餓死するけど、食生活の乱れ(食べ過ぎ)で死ぬこともあるんですよ。(もっとヒドイことを書けば、理想的な健康食を食べてても、寿命が来たら死ぬのよ。)つまり、食べても食べなくても人間は死ぬのね。なんか、そう考えると自由になる気がしませんか? 食べることって、どっちでもいいんだよね。だったら、好きなものを食べて死ぬのもいいし、食べる量を減らして、ほぼ食べなくても生きられるようになって、たまの食事を趣味のように楽しむ(ブレサリアンは何を食べても吸収しなくなるそうです)、という生き方を目指したっていいと思うんですよ。

    ま、私はブレサリアンの存在に光明を見出したワケなんですが、それに興味を持って検索し続けたら、実は世の中には「不食」とまでは行かなくても、「小食」、「微食」、「一日一食主義」な人たちがかなりたくさん存在することを目の当たりにして、なおビックリ。そうなんだよねー、食べなくなると周りが騒ぎだすんで(それもほとんどが善意からなんで)、みんな自分の状態を身近な人にも話せないのよ。で、ネットのコミュなんかで様子を見ながらカミングアウト、って人が凄く多いんですよ。知らない間になんて世の中になっているんだ・・・・・・。

    ・・・・・・というところで、私の最近の変容しつつある部分についてムダ話が長くなってしまいましたが、今回のカードは「13 変容」。いつも書くように、普通のタロットならこれは「死神」のカードで、ま、いったん死んで生まれ変わるくらいの変化を表すカードです。なので、もうね、「生活を、人生をガラッと変えちゃいたいっ!」とか思っている方は、今がチャンスです。なにしろ今回の補助のカードが「火の6(勝利)」ですから、かなり勝算がある、というか勝てます。思い切ってやってみてくださいねん。それから、「別にアタシは変容なんてしたくないわよ」と思ってらっしゃる方は、それでもオッケーです。ただ、ホントにイイ流れが来ているので、小さなことでいいので、そう、それこそずっと食べてみたかったお菓子を食べてみるとかね、そんなことでもイイです。それを一口食べたとたんに感動のあまり「アタシはまだ人生の半分も楽しんでいなかったっ!」と思ったりするかもしれませんからね。気になってることとかやってみたかったことを、ちょこっと実行に移してみて下さいねん。何かイイことがあるかもしれませんよん。

    <あ、あとですね、今回はカードをシャッフルしているときにこぼれたのが、なんと「3. 祖母」「4. 祖父」の2枚のカードでして、変化したいと自分で強く思っても二の足を踏んでしまう時は、実際の自分のおじいちゃんおばあちゃんはもちろん、年長者、年上の尊敬できる人、その道のエキスパートなどに相談するのもイイかもしれません。他にも、面識はなくても、自分が尊敬する人の著書を読んで参考にしたり、名作とか傑作として世間で長く評価されている作品などからヒントをもらえることがあるかもしれません。困った時は、このことをちょっと思い出してみてくださいねん。>


    ま、今回はこんなところで(うーん、今回はムダ話ばっかだったな?;;)。では、今月も(つらくならない程度に)頑張っていきまっしょい!(^^)/~







    (おまけ)
    ネットサーフィンしてして偶然見つけたブログなんですが、こちらの『Martin Island ~空と森と水と~』さん「食の問題」というカテゴリの記事がすごく読み応えがありました。<「食」をミニマムにして、この時代を生き抜く法・・・「少食・微食・不食」への道>のシリーズとか。特に

    その1の記事の「◆そもそも現代栄養学は正しいのか? 世界が騙されたフォイト栄養学」のくだりや、
    その2の「闇に葬られた二大栄養報告。「マクガバン報告」と「チャイナ・スタディ」」

    なんかとても面白いですよ。原発と同じで、食品産業の世界も利権がらみでいろいろな神話が作られちゃってるみたいですね。ついでに、もう結構有名だけど、

    シリーズ:知らないと生き残れない<6>牛乳は危険な飲物、知らなかった真実。~牛乳神話の崩壊~

    とかもね。
    (でも、こちらのブログが最も素敵なのは、自宅周りや旅行先の自然風景の写真ですが;;)

    それから、読むたびに嬉しくなっちゃう『Alchimie(アルキミエ) Web Magazine』さんブレサリアン秋山佳胤さんのインタビュー記事

    「自由意思の尊重と共にわたしはその人の光を見い出しているだけです。」
    弁護士・ホメオパス・コーヒー豆の焙煎卸業者 秋山佳胤さん


    これ、良かったですねー。食の問題やブレサリアンに興味のある方は、気が向いたら読んでみてくださいませね。




    (おまけ2)
    福山雅治 「少年」 高音質 歌詞入.mp4


    道の果て 空の向こうへ
    見たかっ た 知りたかった 世界がある
    迷いながら 信じながら 走ってゆく


    福山雅治 REGZA レグザ TVCM 「少年 フル 高画質」


    このCM、好きだったです。

    「光の奇跡」篇  (2010年5月放送)
    福山さんが数匹のホタルに導かれ、道なき道を奥へと進むと、美しい光を放ちながら闇夜を舞う無数のホタルに遭遇します。突然の客人を歓迎するように、疾走する馬や羽ばたく鳥の形となって福山さんを楽しませるホタルの群れ。福山さんは思います「闇は、光の美しさを際立たせるためにあるのかもしれない」。LEDという新しい「光」で〈レグザ〉は更なる美しさを手に入れました。まだ誰もみたことのない美しさを求めて。レグザの進化の「旅」は続きます。
    というものなんですが、やっぱ、新しいワクワクするような世界、見たいッスよね。自分が変わることで、そんな世界に一歩踏み出したいです。










    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    にほんブログ村





    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     6年間水も飲まない弁護士、18年間1日青汁1杯の鍼灸師、不食の人体実験に自ら挑んだ思想家ー3人の実践家が明かす新しい生き方。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 ようこそ、不食の世界へ(不食は三日やったらやめられない/プラーナとの出合い/不食への道 ほか)/第2章 絶望の淵からたどり着いた不思議の国(頭の中を風が通り抜けた/いちばん不思議なのはいつも幸せなこと/運命を変えた甲田先生との出会い ほか)/第3章 どうすれば人は食べないで生きることができるのか(神への挑戦状/不食予備軍から不食へ/勇気を与えてくれた甲田先生 ほか)


    【目次】(「BOOK」データベースより)
     1 ズボラな私でも難病が治った!/2 西式健康法って、甲田療法って、ナニ?/3 さあ、実践!食事療法/4 さあ、実践!運動療法/5 始めてみたい人へのアドバイス/6 こんなときは?よくあるQ&A

    ※この2冊、買っちゃいましたよ。ははははは。



    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る


    メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋
    (1991/06/01)
    サン・ベアワブン

    商品詳細を見る


    メディスン・カード《改訂増補版》メディスン・カード《改訂増補版》
    (2001/02/01)
    デイビッド・カーソン、ジェイミー・サムズ 他

    商品詳細を見る




    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1751-2ac23f67