いつものお散歩道。

    今日はちょっと夏らしい日差しで、白の槿さんもピカピカ。

    槿2014/7/23-1

    木陰の木漏れ日もキラキラ。

    夏の木陰2014/7/23-1

    出逢ったゼラニウムさんは真っ赤で、

    ゼラニウム2014/7/23-1

    ゼラニウム2014/7/23-2

    ゼラニウム2014/7/23-3

    ゼラニウム2014/7/23-4

    ゼラニウム2014/7/23-5

    これも夏らしいなー。

    夏らしいと言えば・・・・・・

    最近、私のお散歩道に

    宝箱2014/7/23-1

    宝箱2014/7/23-2

    宝箱が落ちてるんだよね;;

    ちょっと前から、いつもはほとんど誰もいないその場所に、何かの紙を握った人たちが訪れるようになって、「あった、あったっ!」とか言って草むらを覗きこんでは去ってたのよ。

    で、本日はつい、その草むらを見てみたらば、コレがあったワケで。

    で、オリエンテーリング、というか宝探しイベントがあるのかな? と思って調べてみたらば、こんなものがヒットしたよ。



    瀬戸内幻想伝



    『瀬戸内宝探し大冒険「瀬戸内幻想伝 ~輝く海の八宝奇譚~」』

    発表日:2014年07月03日


     『瀬戸内宝探し大冒険「瀬戸内幻想伝 ~輝く海の八宝奇譚~」』も、瀬戸内海国立公園指定80周年記念事業の一つとして実施するもので、家族やグループで楽しみながら、宝の地図(パンフレット)を頼りに、県内各地に隠された「宝箱」を探す体験型のイベントです。
     このイベントの実施により、ファミリー層を中心とした幅広い層の観光客の誘致や、県内での滞在時間の拡大と県内各地への周遊型観光を促進します。
     なお、企画・監修は、全国各地で宝探しイベントを実施している『リアル宝探し【タカラッシュ!】』が行います。


    1.期間
      ○平成26年7月13日(日曜日)~10月31日(金曜日)

    2.開催エリア
      ○県内8エリア
       1:高松エリア 2:屋島エリア 3:丸亀・善通寺・綾川エリア 4:坂出エリア
       5:観音寺・三豊エリア 6:さぬき・東かがわエリア 7:小豆島エリア 8:琴平エリア

    3.内容
    (1)宝探しの参加方法について
      1宝の地図(パンフレット)を、8エリア内の観光案内所や市町役場の観光担当窓口などで入手し、宝探しに挑戦するエリアを選びます。
      2宝の地図に記載されている謎を解くと、エリア内に隠されている宝箱のありかが分かります。
       宝箱を発見したら、記載されているキーワードを、宝の地図の裏面にある記入欄にメモします。
       なお、各エリアには数か所ずつ、謎が解けない参加者にヒントを提供する「ヒント提供店」(関連リンクのパンフレット参照)を設けています。
      3各エリア3個の宝箱を発見し、キーワードを最寄りの発見報告所(関連リンクのパンフレット参照)に報告すると、発見者賞(オリジナルカード)がもらえます。
      4更に、発見したキーワードの数によって、賞品に応募するためのポイント(スタンプ)がもらえます。50ポイント以上で賞品に応募でき、
       手に入れたポイントの合計が多くなると、当選対象の賞品が増えたり、当選確率が高くなったりします。
       応募は、発見報告所に設置している応募用紙に記入し、発見報告所のスタッフに手渡します。

    (2)ストーリーについて
     トレジャーハンターのサヌキとその助手セト。県内各地に残る桃太郎や浦島太郎などの伝説にまつわる財宝を調査していた祖父のサヌ・カイトから、それぞれの伝説に隠された、財宝のありかを記した暗号をまとめた宝の地図を託されます。
     今回は、イベント参加者が彼らを手伝い、宝の地図に記された暗号を解いて宝を探していくという設定です。
     なお、各エリアの伝説や宝物は、次のとおりです。

      1 高松エリア:桃太郎(剛力の腕輪)
      2 屋島エリア:太三郎狸(幻葉玉)
      3 丸亀・善通寺・綾川エリア:空海(流水の錫杖)
      4 坂出エリア:崇徳上皇(心念の巻物)
      5 観音寺・三豊エリア:浦島太郎(幸福の珊瑚)
      6 さぬき・東かがわエリア:かぐや姫(月光の羽衣)
      7 小豆島エリア:塩飽水軍(海帝の法螺貝)
      8 琴平エリア:天狗伝説(守護の扇)

     また、宝の地図の各エリアのページには、各エリアの伝説にまつわるストーリーや謎、探索範囲マップが掲載されています。(関連リンクのパンフレット参照)

    (3)賞品について
    ○各エリア3個の宝箱を発見した人には、発見者賞としてオリジナルカードを、県内8つのエリアで宝箱を全て発見した人には、全エリア制覇賞として
      オリジナル缶バッジをプレゼントします。なお、数に限りがあり、無くなり次第終了します。
    ○また、参加される方の参加意欲を高めるため、「うどん県賞」として、「さぬきうどん1年分(2名様)」、「讃岐の名産品1年分(2名様)」を、
      「A~D賞」として家電や宿泊券、ゲーム機などの賞品、「エリア賞」として市町・市町観光協会等から提供された賞品を抽選でプレゼントします。
      なお、応募は1人1回までです。(関連リンクのパンフレット参照)

    (4)宝の地図(パンフレット)について
    ○7月13日(日曜日)から各エリア内の観光案内所や市町役場の観光担当窓口で配布する予定です。また、県内の小学校を通じて児童にも配布する
     予定です。

    [担当]
    観光交流局 観光振興課 観光グループ 加藤・稲井
    電話: 087-832-3360
    FAX: 087-835-5210
    メール: kanko@pref.kagawa.lg.jp





    と、いうことです。

    どうやら、3 丸亀・善通寺・綾川エリア:空海(流水の錫杖)らしく、確かに、箱を開けるとそんなことが書いてあったよ(キーワードも書いてあったので、写真掲載はカットしました)。

    ま、この写真だけじゃ場所はどこだか全然わからないと思うし、いくら私のお散歩道だからといっても、私のブログの写真をくまなく見ても、この場所のココの写真は撮ったことがないので、やっぱりわからないと思うので、ま、イベントの邪魔にはならないってことでお許しくださいませね。

    (・・・・・つっても、あたしのお散歩道に、いきなりこんなもの置いとく方が悪いよな。←ひらきなおり)

    それにしても・・・・・この場所は、ホントに限られた人しか来ない場所なんで、よほど土地カンがないとわからないよ。

    というか、例えば私が「今日はねー、××に宝箱が落ちてたよん」とか誰かに言ったとしても、「××って何? どこ?」「そんな場所、あったっけ?」「あそこって××って名前なの!」と返事されるのがオチな場所で、はっきり言って私は、この場所に関してどんなヒントが出されているのか知りたいと思ったよ。

    それにしても「流水の錫杖」かぁ・・・・。

    確かにピッタリではあるけど、ココ数十年(もうちょっと以上だけど)の推移を考えると・・・・・皮肉でもあるなー。
    この皮肉も、限られた人にしかわからないものだけれども(苦笑)。

    ま、冒険の夏でもありますということで、嫌が上にも夏休みムード盛り上がる最近の私のお散歩道、であったよ。





    (おまけ)

    瀬戸内海賊物語1

    瀬戸内海賊物語2



    あらすじ「さぬき映画祭」のHPより)

    戦国時代、瀬戸内最強と謳われた海賊大将軍・村上武吉。その血を引く少女・村上楓が代々伝わる村上水軍の莫大な埋蔵金を示す重要な手掛かりとなる1本の笛を発見。そんな折、島では生命線とも言えるフェリーが路線廃止の危機に!島を救うために伝説の埋蔵金探しへと4人の子供が立ちあがる!行く手を阻む数々の仕掛けを突破できるのか!?いにしえの海賊と時を超えて、大冒険がいま、はじまる!!

    本作品は、2011年8月初開催された“瀬戸内国際こども映画祭”(香川県高松市、土庄町、小豆島町、直島町の4つの自治体が協力し開催)にて、映画脚本を国内外問わず募集し、そのグランプリ作品が「瀬戸内海賊物語」であり、映画化されました。

    物語は、かつて瀬戸内海に実在した海賊「村上水軍」と「塩飽水軍」の子孫にあたる子ども達が、島の危機を救う為、村上水軍が残した宝を探しに奔走する冒険物語。史実を存分に取り入れ子どもが見てドキドキハラハラ、スリル満点アドベンチャー作品に仕上がっております。配給は松竹。2014年5月24日(土)香川・愛媛・徳島先行公開、5月31日(土)全国ロードショー。

    また瀬戸内海国立公園選定80周年記念映画となっており、2014年夏には瀬戸内こども映画フェスティバル(旧 瀬戸内国際こども映画祭)にて上映予定。香川県小豆島、今治市での撮影が主で、地域一体となった映画制作に取り組み、国内外へ映画を通して主に四国(香川県・愛媛県)SETOUCHIの観光・文化のPRも目的としている。監督は若手注目株の愛媛県出身の大森研一。




    映画『瀬戸内海賊物語』予告篇 (1:33)


    映画『瀬戸内海賊物語』予告編(2:31)











    <商品の詳細説明>
     映画『瀬戸内海賊物語』から生まれた、もうひとつの冒険ーー。
     島の危機を救うため、村上水軍の伝説の財宝をもとめた子供たちの大冒険が今、始まる! 映画『瀬戸内海賊物語』から、青春一歩手前の子供たちの成長を描いた、ちょっと切ないアナザーストーリーが誕生。両親の離婚により、小学6年生の麻田冬樹が東京から引っ越してきたのは、瀬戸内海に浮かぶ小さな島、鈴鳴島。自分の意志とは関係なく流れていく日常に、無気力になっていた冬樹。その心をそっと揺り起こしたのは、村上武吉を先祖にもつ少女・村上楓との出会いだった……。映画からインスピレーションを得たオリジナルストーリーを、思春期の子供たちの心情をみずみずしく描くことで定評のある作家・黒田晶が書き下ろす。映画を観る前でも後でも楽しめる、小さな島で起こったもうひとつの奇跡の物語。





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1735-47c55800