いつものお散歩道。

    仁王さまたちはお出掛けになってしまった。置手紙を残して・・・・・・。

    仁王さん2014/7/5-2
    (ちょっと用事で出かけます。また元気で戻ってくるから待っててね、とのことです。)

    で、仁王さまたちの居なくなった場所には、

    仁王さん2014/7/5-1

    梵字を書いたお札のような紙が貼られていたよ。

    仁王さん2014/7/5-8

    仁王さん2014/7/5-7

    「阿」の仁王さまのところにはこの文字。

    仁王さん2014/7/5-6

    「吽」の仁王さまのところにはこの文字。

    仁王さん2014/7/5-5

    調べてみると、やっぱり梵字の「あ」と「うん」だった。(「形から引く 梵字字典」というページで調べました。ども。)

    梵字は仏さまそのものを表す文字なので、霊験あらたかなものだ。

    仁王さん2014/7/5-11

    とりあえず、これでいい・・・・・かな。(仁王さまたち、早く帰って来てね。)


    さて、仁王門をあとにした私は、いつものように龍王社へ。そこで赤トンボ発見。

    赤とんぼ2014/7/5-1

    近づいて写真を撮ったら、

    赤とんぼ2014/7/5-2

    逃げられちゃったんだけど、あらら、また目の前に戻って来てくれたよ。なので、

    赤とんぼ2014/7/5-3

    思い切り接近して写真を撮ったけど、

    赤とんぼ2014/7/5-4

    その後もまだじっとしていてくれたよ。
    どうせなら正面から撮ってよ、ってことなのかな?

    で、ふりむくとシオカラトンボが飛び立ち、あー、しまった、シオカラトンボも撮りたかったな、と思ったら

    シオカラトンボ2014/7/5-1

    シオカラトンボも戻って来てくれたので、

    シオカラトンボ2014/7/5-2

    シオカラトンボ2014/7/5-3

    また思い切り接近して、写真を撮りました。

    ・・・・・うーむ、これだけトンボが自己主張してくれるってことは・・・・・
    トンボのメディスンカードを貼っとくか。



    トンボ1

    メディスンカードだと「トンボ」は「幻想」を表すカード。

     トンボは変化する風のエッセンス。トンボは知恵と悟りのメッセンジャー。そして「見えない世界」との通信者だ。見えない世界は風と土と火と水のエネルギーと、自然界の無数の精霊たちとで創る世界だ。見えない世界は常に私たちを取り巻いている。
     今日のカードにトンボが舞ったら、あなたは植木に水をやり忘れていないか、肉体を維持してくれる日々の食物に感謝し忘れていないか。心理レベルでは、幻想を打ち砕く時が来たのかもしれない。その幻想は今日まであなたを守ったが、同時にあなたの行動や考えを制限してもいた。トンボは「慣れ親しんだ習慣の変えるべき部分を探せ」と促す。
     現在の状況や疑問に対し、「幻想」がどう作用しているか考えよう。そして物事は「見た目通り」でないと覚えておこう。

    (逆位置)自分自身や他人に対し、「パワー」を証明しようとしていないか。本当の感情や能力を抑えるような幻想にとらわれていないか。「自分」を強く持っているだろうか。誰かを喜ばすために「自分」を変えようとしたことはないか。そうすれば幸せになれると信じていないか。「自分」がどう在りたいかを他人の考えに頼っていると、あなたの意志と正義が失われる。他人のやり方に従えば幸せになれると思うのは幻想だ。「私にとってはこれが正しい。これが真実だ」と知っているのに放棄する時、あなたはパワーを放棄するのだ。今、パワーを取り戻そう。

    以上、『メディスン・カード』の「トンボ」のカード解説を抜粋しました。
    とりあえず御参考まで。


    なんか急にオラクルモードになっちゃったけど、本日も

    梔子2014/7/5-2

    梔子2014/7/5-1

    綺麗な梔子さんを見ながら帰途に就いた私、であったよ。









    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     梵字の学び方には、字形・字音・字義を基本とする一定の規準(ルール)があります。それらをわかりやすく説かれたものが字母表です。しかし、字母を修得しただけでは不十分です。梵字の切継の法則を説いた悉雲章を必ず理解する必要があり、梵字の記号や記号と等しい使われ方を学ぶ必要があります。梵字の字母や切継のルールをマスターしてはじめて、梵字悉雲を読んだり書いたりできるのです。本書では、はじめて学ぶ人向けに、梵字の歴史、字母や切継のしくみ、読み書きのしかた、梵字のいろいろについて、わかりやすく解説しています。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     1 梵字ってなに・歴史をひもとくと(梵字ってなんだろう/私たちの習う梵字の基はインドで起こった ほか)/2 梵字の学び方(学ぶ者の心得/使用する筆記具 ほか)/3 字母51字の読み方・書き方(ローマナイズを基本に練習しよう/字母51字の読み方・書き方 ほか)/4 悉雲18章の読み方・書き方(母音符号と書き方のルール/悉雲18章の学び方 ほか)/5 梵字のいろいろ(曼茶羅と梵字(種子)/三尊形式の梵字の悉雲 ほか)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     密教の中で過去と現在と未来を結び仏界との交信に使われる梵字。深秘の密教体系に一歩でも近づけるように、基本的な梵字悉曇学の概要を的確な図版で示し、解説を加えたロングセラー改訂新版。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     1 主尊・種子/2 キャカラバアの世界概説/3 十三仏/4 三尊仏・曼荼羅/5 四天王/6 悉曇五十字門/7 五十音図/8 字形の対比/付録 石刻梵字の字形


    <商品の詳細説明>
     幸運を引き寄せる不思議な力を秘めた「梵字」。その中から厳選42文字をセレクトし、「書くだけ・なぞるだけ」で劇的に運気を上げる開運法の決定版!
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    目的別に運気を上げる、厳選梵字42字。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 「梵字」ってなぁに?(世はひそかな「梵字」ブーム/「梵字」はインドからやってきた/「梵字」の起源には4つの説がある ほか)/第2章 なぞって!書いて!梵字で大開運!(開運の梵字/願望成就の梵字/金運の梵字 ほか)/第3章 もっとしあわせになれる「梵字」の使いかた(基本編/応用編)


    <商品の詳細説明>
     大好評企画の第2弾が登場!! 今作は、誰もが手にしたい「金運」がつく梵字をピックアップ。また自分で書いた梵字の威力をさらに増すための「手印」、全文字の書き順も紹介。さらにパワーアップした内容で構成。
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     当たる!貯まる!儲かる!お金に愛される梵字、究極の30字!!梵字の威力をさらに増すための「真言」「手印」も収録。巻末スペシャル付録・携帯用「金運梵字」付き!
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 金運に恵まれる3つの知恵を習得しよう(あなたが金運に恵まれない理由/「真言」は仏様に願いを届ける呪文/「手印」は仏様の御姿の象徴/「手印」を結ぶときの心得 ほか)/第2章 なぞって!書いて!梵字で金運を引き寄せる!(金運上昇/金運招来/金銀財宝に恵まれる/種銭がどんどん増えていく ほか)




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1719-e3bb1cad