新月、満月にカードを引いているけれど、なんか、いつも夏至とか冬至とかにも引きたくなるので、あんまりヒドいカードを引いた以外は御紹介していたりする。

    夏至の今日もちょっと引いてみて・・・・・・・はい、いつもだったら「悪いカードも引かなかったので御紹介しときますねん。」と続くんですが、今回はパッと見は悪いカードのオンパレードだったんですが;;、実際にはそうでもないので「御紹介しときますねん。」(笑;;)。

    ま、とにかくこの2枚です。

    火の4

    大気の10・s

    「火の4」のお掃除カードと「大気の10」の否定的思考。わかりやすいですねー。「ネガティブ思考を一掃しよう!」ですねー。

    で、「他に何かないの?」と引いてみても、出るわ出るわ

    火の5
    (ストレス)

    大地の5
    (不安)

    火の10
    (抑圧)

    ・・・・・・あ、もういいです(苦笑;;)。

    とにかく、嫌な気分、暗い考え方を一掃する半年としましょう。
    で、一掃出来たらどうなるの?、と一枚引いてみました。

    火の娘

    これは「火の娘」。相変わらずヒーリング・ハーブの煙が立ち昇っております;;。ま、こんな素敵な状態になれるみたいですよん。とにかく、「お掃除!」。気合い入れるだけッスね。

    はい、今回はこんなところで。

    では本日の夏至から冬至までも、頑張っていきまっしょいっ!





    (おまけ)

    大気の10・s

    「大気の10(否定的思考)」
    <キーワード>否定的思考、自発的にネガティヴな考えを手放そうとしない、堂々巡り、自滅的な考えにしがみつく、疑いと実存的な恐れ

     時としてあなたは、憎しみに溢れた思考パターンを繰り返すことで、自ら地獄を作り出してしまっています。地獄というのはあなたの外にあるのではありません。地獄も天国も内的な心の状態のことで、私たち自身が作り出すものなのです。だから、この力と責任を、誰か他の人のせいにすることは出来ません――――たとえそうした方がもっと気分が良くなるように思えたとしても。自分自身についてどんな風に考えているか、そして自分をどう扱っているかに気付いて下さい。

     疑いという名の畑には、どんな新たな種を蒔くことも出来ません。まずあなた自身を正しい状態に戻して下さい。かつて腹を立てた出来事にこだわらないよう試みるのです。何かに対する怒りや苦しみといった否定的な感情を反芻することは、あなたから強さを奪ってしまいます。思考の堂々巡りが、特に仕事に関したことで、どんな風に自分をもっと深く泥沼に引き込んでいるかに気付いて下さい。新鮮な空気と運動と規則的なリラクゼーションが、この下へ下へと螺旋下降している怒りと心配と苦痛の回転木馬から飛び降りる助けとなってくれるでしょう。


    火の娘

    「火の娘」
    <キーワード> 自己実現、インスピレーション、愛、信念、勇気、希望、無垢、真面目さと誠実さ、時として束縛への反抗を表す

     あなたはあらゆるものの中に存在している魂と深くつながっていることを感じています。その内なる認識のために天を讃えましょう。私たちが他の存在について信じ、考えているにも関わらず、あなた自身を含め全ての存在はひとつのものだということ、そしてその完全性が損なわれることなど永遠にないのだということを思い出してください。このことに気づき、日々の生活の中でこの気づきを保ち続けることが出来るのなら、私たちは自分自身の汚れなき原点へと還れるのです。

     自分の高まりゆく力と一体になれることで、うち震えるような経験が出来るでしょう。さあ、あなた自身の内的なリズムに同調して下さい。命を吹き込んでくれる力を信じるのです! その力は、椀から立ち昇るヒーリングハーブの煙のように、あなたを天に至る高みまで運んで行こうとしています。
     あなたという存在を導き、保護してくれる神秘な力への信頼が強くなれば強くなるほど、人生の旅は着実なものとなるでしょう。進むべき道ははっきりと目の前に延びているのです。

    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 






    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    にほんブログ村




    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る


    メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋
    (1991/06/01)
    サン・ベアワブン

    商品詳細を見る



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1706-0f6c4d14