私のHPで新月と満月にカードを引くコーナーがありますが、今日は満月なので満月のカード占いをアップしました。HPの方は、XPのサポートが終了したということもあり、私の今の環境ではマジで更新しにくくなっております。なのでまたしばらくはこちらのブログだけでの公開となりますので、御了承くださいませね。(ペコリ)
    というところで、このコーナー、引き続きよろしくお願いしますねん。






    新月だけではちょっと物足りなくなったので、新月からの流れが極まる満月の日に一枚引いて、次の新月までの流れを占ってみよう、と始めたのがこのコーナーである。

    ま、今回もとりあえず一枚、いってみましょう。



    道化師

    「はじまるよ」

    「1.道化師」
    <キーワード>自由、ユーモア、無垢、自立した精神、熱狂、人生の中の愛、愛する能力、何も所有しないこと、エゴのなさ、自分自身そして人生との調和


     このカードは、内面的な自由を獲得しようと努力している全ての人たちにとって、幸運の印となります。道化師のカードは、あなたの中にある子供のように無垢で遊び好きな面の象徴なのです。道化師はあらゆる束縛を見抜きます。貪欲なエゴの気持ちは、そういう束縛の中に居れば楽だし得だと考えるでしょうが、その判断は、あなた自身を正しくない状態に導いてゆくばかりなのです。

     彼は、自由に自分自身の真実を生き、自由に本当の自分を表現します。彼は、自分の仮面を永遠に脱ぎ捨ててしまいます。それらの仮面はもう必要ありません。なぜなら彼は、失うようなものなど持っていないのだということに気付くだけの賢さがあるからです。その上、彼の精神はいかなる社会的な制約にも縛られていないのです。

     彼があなたに示しているのは、持ち、所有し、所属する代わりに、ただ在るがままでいるという生き方です。道化師の歩む道は楽しさそのもので、ただ気ままに、愉快に過ごします。それはただ、彼が自分を深刻でしかめつらしい存在だという風には全然考えないからです--それこそが彼の素晴らしい才能なのです。

     だから、やってくるものの全てをただ楽しんでください--明日はもっと大きくてもっといいものがやってきますようになんて願わずに。自分の中の、遊び心に溢れた創造性を再発見して下さい。あなたのハートが声高く歌うためには、何かを所有する必要はないのです! 子供のような、何も持たずとも楽しくて仕方がない、そんな経験や、何物にも執着しないことを知っているあの感覚へと還って下さい。不安から生じた精神的な固執を手放すのです。道化師の溢れんばかりの豊かさをあなたの日々の生活へとどっと流し込み、自分で作り上げた制限を洗い流してしまいましょう。その上、時には自分自身を笑い飛ばすことも学んでください! あなたの中にいる道化師とマンボを踊りだしましょう。道化師のユーモアは日々の生活の中で獲得されたもので、知恵から生まれたのであり、どんな博識さも凌いでしまうことに気付いて下さい。
        
    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 




    日中は真夏みたいに暑い日もある今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

    さて、今回のカードは「道化師」。上記の解説を読んでいただければわかるとおり、無垢な気持ちで、在るがままに自由に愉快に生きる――というものですね。ですから、ま、そんな感じで今の時期を過ごしていただければ、ってとこなんですが・・・。

    ちょっと直感的に感じたことを書くと、このカードは全てのカードの一番最初のカード、つまり「はじまり」のカードなんです。なので・・・何かが始まるんじゃないかなって気がしたんですよ、このカードを見た瞬間に。

    で、どんなものが始まるかというと、補助のカードが「3.メディスンウーマン」ですから、女性的な慈愛に満ちた、ちょっと神秘で優しい世界がはじまるんじゃないかと。なんか、この2枚を見た時、ビシッとそう感じました。
    ああ、そういう時代が始まるといいですよね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・

    ま、そんな大きめな予測はさておき、身近なところでは、今の時期、何かを始めてみるのもいいかもしれませんね。ずっとやりたかったこととかを、一所懸命やってみる――というのもいいんですけど、ま、せっかく「道化師」のカードが出ているので、深刻になり過ぎずにユーモアを持って、明るく楽しくやるのがイイと思いますよん。

    で、補助のカードのとおりに、自分に優しく、時にはヒーリングにもなるような、気分転換やストレス解消もできるものならベストですね。

    で、自分から何かを始めるというその一方で、そんなつもりはなかったのに急に状況が変わって、新しく何かが始まってしまうということがあるかもしれません。

    そんな場合は、もちろんそれを楽しむくらいの気持ちを持って、常に自分に優しく、自由な心のままに取り組むことを心がければイイのではないでしょうか。

    ともかくドキドキワクワクな予感のする今日この頃、ネガティブなことは考えずに、なるべく楽しんでいきまっしょいっ。

    で、今回のカードに関して、以前に書いたものがあるんですが、

    「・・・・・・・ああ、解説になってないので、ひとつ関連した無駄話をすると、ネイティブアメリカンの儀式ではこの道化師というのは結構重要な役割を占めていまして、聖なる祈りの前に、その騒々しいまでのユーモアの力が必要とされているんですね。人目をはばからないその不遜なまでの行動で、あらゆるエネルギーが持っている両極端の面のはざまで上手にバランスをとってゆくことの必要性を人々に気づかせるのだとか。真面目にばかり走り狂信的にならないように、また、いい加減な気持ちばかりでは何事も成し遂げられない。あらゆる場面での真のユーモア(知恵)が必要なのですね。

    で、この道化師が行う面白い行動として、私が本で読んだもので好きなのは「後ろ向きに馬に乗ったまま走り去る」というものです。見ているだけでも笑えるのでしょうが、この行為は「物事はやって来ながらそれと同時に去ってゆく」ということを表しているのだそうです。うーむ、なかなかに深遠ですねー。・・・・・・」


    はい、「物事はやって来ながらそれと同時に去ってゆく」そんなもんです。

    つまずいても、そんなことは気にせずに、次々と現れては消えていく「今」という時を満喫するように過ごしてみてくださいねん。


    ま、今回はこんなところで(うーん、今回はちょっとわかりにくかったかも;;)。では、今月も(つらくならない程度に)頑張っていきまっしょい!(^^)/~





    (おまけ)

    メディスンウーマン

    「メディスンウーマン」
     <キーワード>直感、魂、感情のこもった、自分の中の女性的な要素、イニシエーション、ヒーリング、人類愛、予言と透視、予見的なヴィジョンを見る力


     メディスンウーマンは、あなたの中にある、豊かな感情を持つ女性的な力のシンボルです。彼女は、直感の力をあなたの内に満たすことで、多くの奥深い知識や知恵を伝えてくれます。

     とりわけ彼女は、ヒーリングを行うこと、治る過程を早めることができます。ひとたび自分の中にあるメディスンウーマンのエネルギーに身をゆだねさえすれば、あなたは癒されることができるのです。聖なるものは、癒されることによって顕現する――完全なものは癒しを通じて顕れるのです。

     直感的な洞察を得る時には、陽気で柔軟な心でいればいるほど、予見がより正確なものになります。そしてまた、黙って注意を払えば払うほど、あなたの直感はもっとわかりやすく、はっきりと語りかけてくるでしょう。

     直感というのは、その力が花咲く機会を与えてあげさえすれば、あなたの人生に働きかけてくるようになるものです。メディスンウーマンのカードが表しているものは、それが発揮されるよう力で強制することも、魔法で呼び出すことも出来ないのです。

     日々の生活にメディスンウーマンの影響をもたらそうとすると、まず最初に自分のネガティヴな思考パターンに気付くようになり、意識的にそういう考えを追い払うようになることでしょう。ただそうするだけで、全ての生命の源と密接につながっており、宇宙のあらゆるところにあまねく顕在している直感的な知恵の井戸で喉を潤すことが出来るようになるのです。あらゆる存在が拠って立つところより生まれたこの知恵は、無限で、永遠で、名状しがたく、言葉では捉えることが出来ないものです。それを目覚めさせるには、心の命じることによく注意を払って下さい。そしてまた、表面的にではなく本当に奥深いところから癒されることを願うのなら、自分の心の中にある愛を見つけだすことです。自分の直感に従って人生を歩んでください。

    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 







    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    にほんブログ村




    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る


    メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋
    (1991/06/01)
    サン・ベアワブン

    商品詳細を見る



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1667-80306f94