上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    蟹江敬三氏が亡くなられた。享年69歳。

    ああ、なんかスゴイびっくりしちゃったなー。まだ若いよねー。

    蟹江敬三氏と言えば・・・もう、ホントに昔はドラマでも悪役が多くて、それも手がつけられないような(殺人鬼とか爆弾魔とか)、同情もできないような(強姦魔とか)、最後に捕まって(というか殺されて、というか、死んでくれて)視聴者がホッとするような役柄が多かったですよー。

    だから、昔はとっても嫌いな役者さんでした(役柄で嫌われるって、これって役者の勲章だよね)。

    それが『スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説』の、主人公・麻宮サキを助ける暗闇指令の凄腕エージェント・西脇あたりから、それまでの悪役オーラを生かすような、清濁併せ呑むちょっと二面性もあるカッコイイ役も演るようになって、

    南野陽子 MV-1


    南野陽子 MV-2


    もう『鬼平犯科帳』の鬼平を助ける密偵・小房の粂八(こぶさのくめはち)役を演った時なんか、ほんとカッコ良かったッスよ。

    2013.03.09 mo鬼平犯科帳(盗みの三ヶ条)

    (私の好きな「密偵たちの宴」。密偵オールスターズものです。)

    粂八は、若い頃はどうしようもないチンピラ悪党だったのが、まっとう(;;)な盗賊のお頭(かしら)と出逢って開眼、それからは掟を守る立派(;;)な盗人になったという男で、だからこそ盗人仲間を裏切る「密偵(いぬ)」になることには、もの凄く葛藤があったんだよね。

    でも、彼を取り巻くしがらみと皮肉な運命、そして人間というもののどうしようもない業の深さを見せつけられた中で、彼が求めていた本物の「お頭」の姿を見せてくれた鬼平に心酔し、今までの誇りも捨てて、かつての仲間たちに蔑まれることもかまわず、鬼平のために命がけで働く・・・・という役どころが、まさに悪役から善玉へ移行しつつある蟹江敬三さんにマッチしてたんですよ。

    鬼平犯科帳 血頭の丹兵衛


    というわけで私の中では、小房の粂八=蟹江敬三さん、ということになってるんで、蟹江敬三氏の訃報は、まるで粂八が死んでしまったように思われました。

    ・・・・・・・・・・

    蟹江敬三氏の御冥福をお祈りします。

    ・・・・ああ、さらば、粂八っ!





    (おまけ)
    蟹江敬三 コメ


    こんな歌も歌われていたんですね。知らなかった・・・・。









    <内容>
    藤田容介監督による7年ぶり、待望の長編映画「全然大丈夫」(出演: 荒川良々、木村佳乃、岡田義徳ほか 2008年正月第二弾、シネクイントほか全国順次ロードショー)。音楽はハワイアンの旗手エコモマイが担当し、ハワイのユルさと日本人のメロディーが合体したサウンドを作りあげている。藤田監督自らが作詞し、劇中で蟹江敬三が歌った「こめ」も収録! ほか全15曲収録予定。





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1616-902cdad5

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。