上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    アメリカ・インディアンの聖なる大地の教え
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     一日一話、364篇の叡智に満ちた癒しの言葉。この本にある物語りや瞑想には、ネイティブ・アメリカンの哲学、母なる大地やすべての生きものと調和して生きる生き方が反映されています。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     1 自然と親しむ/2 内なる叡智/3 真実はすべてに/4 予言の恵み/5 静寂に聴く/6 物語りの力/7 無条件の愛/8 癒し/9 自然を尊ぶ/10 人生を紡ぐ/11 お手本になる/12 感謝の心/13 自己実現




    なんとなく気が向いたので『アメリカ・インディアンの聖なる大地の教え(『Earth Medicine(1994)』(ジェミー・サムズ(Jamie somes)著/エリコ・ロウ(Eriko Rowe)訳)から、偶然開いたページの文章を御紹介。

    貼り付けたカードの画像は、その文章から受けた私の単なるイメージで、深い意味はないので挿絵くらいに思ってくださいねん。

    では今回は「3の月 真実はすべてに 6夜 羽根」をどうぞ。


    3の月 真実はすべてに 6夜 羽根


    大気のAce


     羽根は真実に基づく高貴なひらめきと高潔な理念の象徴だと、私は長老から習いました。羽根のまっすぐな軸は、真実の道がまっすぐで逸れないことを示します。
     どんな真実の探求者の内にも、精神性の目覚めへの希求があります。ネイティブ・アメリカンの文化では、精霊は風に乗ると習います。人のなかの風は息と呼ばれます。からだに空気を吸い込むとき、創造に必要なひらめきが得られるのです。その息を使って精霊が私たちのからだに入ることを許すということは、啓発を意味します。その同じ精霊が、高く舞い上がるの翼を運ぶ風の一部でもあります。母なる地球の生きもののすべてのなかで、祖父なる太陽の光に最も近づくことができ、それによって、その目標の純粋さと崇高な理念を啓発しているのです。

     人生に特別な体験を望んでいるのなら、もっと息をするときかもしれません。生き生きとした精霊がからだに入ることを許すのです。そうしたら、飛びたいような衝動に驚かされることになるかもしれません。


    火の娘



    でしたー。

    では、気が向いた時にまた。







    アメリカ・インディアンの聖なる大地の教えアメリカ・インディアンの聖なる大地の教え
    (2000/10)
    ジェミー サムズ

    商品詳細を見る

    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る






    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1591-c754e8c0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。