ブログ『あんたたちもっと驚きなさいよ』の記事「「いい人ではいられない」(いっちゃんさん編)」からの引用転載です(読みやすいようにこちらで改行しました)。


    2014/02/27 いっちゃんさん
    涙の後に怒りがこみ上げてきました


    姐さんはじめまして。

    これほど多くの情報と素敵な文章をいつも頻繁に更新してくださってありがとうございます。

    私は子供の頃少しフィギュアスケートをやっていました。
    あの佐藤先生を指導した大阪の先生に習っていました。
    もう、何十年も前のことですが・・・。

    だから、前方に飛び上がるトリプルアクセルの不安定な感覚はよくわかります。
    そんな難しいジャンプを12歳の真央ちゃんが軽々と飛ぶのを見てからは彼女に夢中になりました。

    将来どんなすばらしいスケーターになるのか楽しみでした。
    おそらく世界選手権を何連覇もしてオリンピックで金メダルをとるだろうと信じていました。

    しかし、真央ちゃんの足を引っ張ろうとする黒い奴等が真央ちゃんを苦しめ続けました。

    やっと佐藤先生のもとで落ち着いて練習に励めると思っていたら、匡子さんがお亡くなりになりました。
    そのすぐ後に行われた全日本選手権の時、ちょうどキスクラの後ろで観戦していたのですが、薄紫の衣装の大きく開いた背中がとても痩せていて涙がでました。

    もう、真央ちゃんに注目し始めてからどれだけ涙を流したかわかりません。
    たぶんここに集う皆さんは同じ気持ちでしょう。

    今回のオリンピックでメダルはとれなかったけどすばらしい演技をプレゼントしてくれました。
    すべてが報われたと思いました。
    もう、キムヨナの名前も忘れられると思いました。
    本当にすべて浄化されたと思いました。

    しかし、ここにきてアルメニアでの調整失敗の記事を読んで、やっぱり、いい人になってはいけないという想いがこみあげてきました。

    スケ連はどこまで汚いんでしょうか。

    砂交じりでガタガタの寒いリンクに嫌がる真央ちゃんを無理やり行かせ、タラソワさんのロシアへのお誘いをスケ連が断ったと言うじゃないですか。

    最初から羽生君にメダルを取らせる話ができていたのは分かってたけれど、他の選手もみんな日本代表なんですよ。
    ジャッジの点数を下げるだけじゃなくこんなひどい仕打ちをしなければならなかったのですか。

    アルメニアではレトルト食品を食べていたというじゃないですか。
    大切なエッジも研ぎなおさなければならなかったんですよ。

    研ぎたてのエッジは滑りにくいんですよね、
    姐さんも分かりますよね。感触がぜんぜん違うんです。

    アルメニアを予定より早く切り上げたのはそういう事だったんですね。
    調整なんてまともにできなかったんです。

    町田君も、あっこちゃんも、四大陸に行かされた加奈子ちゃんもみんなおかしかったよね。みんな頑張ってきたのに、かわいそうすぎます。

    許せない。
    姐さん、この怒りどうしたらいいのでしょう?

    在日が仕切るスケ連って何なんですか。

    ここは日本です。
    せっかく優しい気持ちになれたのに。

    森さんが言ってましたよね。なぜ、もっと真央ちゃんを大切にしてやれないのかって。
    一部の言葉だけを切り取って報道されてたけど、良い事も言ってましたよね、
    スケ連を批判してましたよね。

    もっと言ってください!

    いつも泣いたり怒ったりしかできない無力な自分が情けないです。

    (転載終わり)
     


    ・・・・つい、義憤(道義に外れたこと、不公正なことに対するいきどおり。)に駆られて引用転載してしまいました。

    やっぱり、昨日の占い記事だけじゃおさまらなかったッスね、私の中の大魔神。

    頑張っている女の子ひとり守れないことに、久々に腹が立ちました。

    普通、世間的にも重要視されず身分の低い私のようなおばさんは、毎日のんきにヘラヘラとアホなことを考えて生きてればイイだけなんですが、そんな世界のお人よし大国ニッポンのおばさんに・・・・

    義憤抱かせるようなことやってんじゃねーよっ、偉い人たちっ!

    以上、失礼いたしました。




    (追加)
    浅田真央が戦ってきたもの
    (この記事はわざわざ「このページ内容は転載することが認められています。」と付記されてます。じゃんじゃん広めましょう。)

    「敵は内にあり」:JOCに巣食った「反日工作員」ついに発見!

    浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態

    女子フィギュアスケート キム・ヨナの異常な高得点についての謎を解説した漫画がネットで話題に
    (ふくぶくさんのブログはこちら。 ふくぶくさんのフィギュア漫画カテゴリのページはこちら。)


    真央とヨナの演技を採点付で完全比較! フィギュアスケートが死んだ日




    「はらっぱ」さんのコメントと「青山七恵」さんの浅田真央評

    ・・・完璧な演技を終えた直後の彼女の表情には、ものすごく怖いことを我慢してやりとげた小さな女の子と、
    最後まで信念を曲げなかった強いアスリートが、同居しているようだった。
    まったくこれは、なんという生きざまだろうと思った。

    旅行なんかに行って、激烈に美しい空や山を目前にしたときは、
    それがそこに存在しているということを認めるだけで精一杯で、
    すぐには全部を受けとめられない。
    だから一生をかけて、その美しさの断片をありがたく少しずつ思い出し、
    骨肉に染み込ませていくしかない。
    この日の浅田選手は、私にとってもはや、そういう空とか山に近い存在らしかった。(略)
     


    キム・ヨナ 世界最高得点の秘密 VOL.1 スピン











    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1539-a0c78da4