上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    昨日はこんなだった紅梅のつぼみも、

    佐伯廟の枝垂れ紅梅2014/2/22-

    佐伯廟の枝垂れ紅梅2014/2/22-2

    見事、花開いた本日は

    佐伯廟の枝垂れ紅梅2014/2/23-2

    善通寺の「大会陽(だいえよう)」である。

    大会陽(だいえよう)に関しては去年も一昨年も書いたので繰り返すつもりもないが、ま、説明を再掲載しとくと

    会陽(又はフクバイ)の由来

     『フクバイ』とは、『福奪い』のことで、一年の福を奪い合う行事と言う意味であります。正式には『会陽』といい、真言宗では主要行事の一つになっております。会陽の『会』は会見の『会』の字で、『巡り合う』の意を表し、『陽』は陽春の『陽』で明るく恵み深い春の心をさしております。
     つまり『会陽』とは、寒さの厳しい冬を乗り越え光明と幸福に満ちた春に巡り合うということで、その頃に行われる法要が『総本山善通寺大会陽』ということになります。
     『フクバイ』は遠く藤原氏の昔に遡り、藤原鎌足公が奈良の興福寺で営んだ維摩会という法要がこの行事のモデルだと言われております。これを基本にして更に脚色を加え観光行事に仕上げたのが、この『はだか祭り』でありまして、その始まりは織田信長が天下に号令していた頃、即ち今から四百年余り前のことであります。
     当総本山善通寺では、弘法大師の秘法による除災招福を祈る法要として毎年旧暦正月の20日と21日に執り行っておりましたが、旧暦正月に最も近い2月の土曜・日曜、また、昭和62年からは2月の第4土曜・日曜日に変更され、創始以来発展の一途をたどって、今では欠くことのできない年中行事の一つになっております。


     「五重大塔から投下される束ねられた千数百本の稲穂と大小の餅を競って拾う行事で、この稲穂を種籾に混ぜて苗にすると豊作間違いなしと言われています。
    また、この稲穂を神棚に供えると、家族の一年間の健康がかなうと言われています。」

    そんなとこです。

    で、御影堂から出発して、直線にこんなふうに行列を続け、

    大会陽の行列2014/2/23-1

    大会陽の行列2014/2/23-2

    大会陽の行列2014/2/23-3

    大会陽の行列2014/2/23-4

    大会陽の行列2014/2/23-5

    大会陽の行列2014/2/23-6

    大会陽の行列2014/2/23-7

    大会陽の行列2014/2/23-8

    金堂(薬師堂)の前で直角に曲がって

    大会陽の行列2014/2/23-9

    五重塔に向かう。

    で、五重塔でひととおり御経をあげたら、稲穂投げスタート!

    稲穂投げ2014/2/23-1

    稲穂投げ2014/2/23-2

    稲穂投げ2014/2/23-3

    稲穂投げ2014/2/23-4

    ということで、今年も自分の分と仏壇に捧げる分の2本を無事ゲットすることが出来た。

    今年は、なんか、足元に落ちたのを必死で拾うのもなんだかなー、な怠惰な気持ちがあったんだけど、そしたら1本真っ直ぐに私の手のひらに落ちてきてびっくりしたよ。

    そこで、もういいか、と思ったけど、せっかくだからあと1本も拾った。

    ま、そのようにゲットしたのがコチラ。

    大会陽の稲穂2014/2/23-1

    大会陽の稲穂2014/2/23-2

    大会陽の稲穂2014/2/23-3

    これで今年一年の健康(と、ついでに稲穂だから食べ物の心配もないのだと思う)もバッチリなのだ。
    ああ、良かった良かった・・・。





    (おまけ)
    今、「エアギターで時の人」なんで町田樹選手のコレを貼っちゃいます。ソチのじゃないけどね。でもカメラアングルはこっちの方が良いと私は思う(正面からエアギター観られるし)。

    【フィギュアスケート】 町田樹 2011年 全日本選手権EX


    ついでコレも貼っとこう。

    ≪フランス語≫高橋大輔 2014 ソチオリンピック EX


    【MAD】高橋大輔【ブエノスアイレスの春】CaOI 2012


    それにしても、高橋大輔選手はどうしてこんなに色っぽいのでしょうか? うーむ;;






    さて、
    <今回の「どうするダイス占い」>

    どうするダイス

    どうするダイス
    価格:189円(税込、送料別)



    封印

    はい、「封印」と出ました。
    今回のキーワードは「封印」。困った時は「封印」をポイントとして解決策を探ってくださいませ。
    ただし「封印する」方を選ぶか、「封印を解く」方を選ぶかは、あなた自身の選択でどうぞ。
    他にも「今以上に封印を固める」とか「思い切って封印切りしちゃう」というのもありますが、どんなものにせよ、自分に悔いの無い道を選んでくださいねん。

    (無責任ですが;;)ではまたっ!










    【送料無料】善通寺の四季 [ 高橋毅 ]

    【送料無料】善通寺の四季 [ 高橋毅 ]
    価格:1,890円(税込、送料込)




     百寺巡礼、ついに完結!
     全国の寺々を訪ねた作家が旅の終わりに見たものは何か。
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    大和奈良から始まり、そして百寺を訪ねる旅は、いま、四国九州で完結する。お遍路の寺を巡り、未知の仏像の魅力を満 喫する旅。ここにはたくさんの人の思い、願い、希望がある。百の寺々の姿が、脳裏に浮かんでは消えていくー。五木寛之の『百寺巡礼』、ついに完結。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第九十一番 観世音寺ー境内に響く千三百年の鐘の余韻/第九十二番 梅林寺ー托鉢の雲水に雪が降りしきる/第九十三番 善通寺ー空海の生地に根をはる原日本のすがた/第九十四番 霊山寺ー遍路の旅の出発点「一番さん」/第九十五番 興福寺ー隠元が来日してはじめて訪れた唐寺/第九十六番 崇福寺ー海を渡る中国の人びとが信じた媽祖神/第九十七番 本妙寺ー加藤清正が眠る庶民信仰の寺/第九十八番 人吉別院ー命がけで守りつづけた「隠れ念仏」/第九十九番 富貴寺ー自然のなかで育まれた仏教のかたち/第百番 羅漢寺ー石段をのぼりつづけて、満願成就




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。


    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1531-2d3d7d92

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。