クリスマスまで一ヶ月を切ったので、欄外のブログパーツも胸張ってクリスマスでいいか、という気になり、BGMとしてビング・クロスビーの「ホワイトクリスマス」にしようと動画巡り。

    で、いつものようにYouTubeにハマる;;


    ま、とりあえず私の印象に残る「ホワイトクリスマス」は、もちろんミュージカル映画『ホワイトクリスマス』の中で歌われたもの。

    White Christmas - Trailer


    映画の内容は、今はショービジネスの世界で成功を収めている戦友コンビが、戦争中のかつての敬愛する司令官のために一肌脱ぐという感動的なお話。
    (詳しいあらすじは、wikipediaのホワイト・クリスマス(映画)あらすじ、でどうぞ)

    というわけで、戦時中のこういうエピソードが

    White Christmas The Old Man


    後でこのように

    White Christmas The Old Man ending


    効果的かつ感動的に使われていた。


    で、こんな動画漁りをしているうちにふとビング・クロスビーと、これまた美声のフランク・シナトラが「ホワイトクリスマス」を歌っていた動画があったよな、と思い出す。

    Bing Crosby & Frank Sinatra - White Christmas [TV Special]


    ああ、このふたりのコンビと言えば、ミュージカル映画『上流社会』でのこのナンバー。

    Bing Crosby & Frank Sinatra - Well, Did You Evah (High Society)


    歌の内容は忘れちゃった;;、けど、なんかとっても楽しそうで印象に残っている。


    フランク・シナトラと言えば・・・・以前私は往年のフランク・シナトラしか知らなかったので、ミュージカル映画『踊る大紐育』を観たとき、「それで、どこにフランク・シナトラが出てたの?」と、映画が終わってもしばらくわからないという大ボケをかましたことがある。

    この、一日休暇をもらってニューヨークに上陸した完璧おのぼりさんの水兵さんの中にいたというのに・・・っていうか、ほぼ主役だったのに。

    New York, New York - On the Town


    若い頃、こんなに痩せてたとは思わなかったよ、シナトラ。
    そんなこと棚に上げて、「あのやたら歌の上手い若いヤツは誰?」とか思ってたんだよな、アタシ・・・。


    ジーン・ケリーとシナトラのコンビで好きなのは、この『私を野球につれてって』のナンバー。

    Frank Sinatra & Gene Kelly in Take Me Out To The Ball Game 1949


    このふたり、実はちゃんとした野球選手なんだよね。
    シーズンオフはミュージカルスターとして舞台に立ってるの。

    アメリカではそういうのは結構当たり前(特に収入の少ない野球選手は、シーズンオフは全然別のアルバイトする)、というのはこの映画を観て初めて知ったのだったよ。


    で、こんな動画を観ていたら、欄外にオススメの別の動画が紹介されていて、つい、これも観てしまった。

    Judy Garland & Gene Kelly - For Me And My Gal (For Me And My Gal, 1942)


    これは日本では未公開なのかな? 
    よくわかんないけど、このナンバー知ってるような気がするんだが・・・。

    ま、この映画を観てなくても、良いミュージカル・ナンバーというのは別の作品で歌われたりするんで、それで知ってるのかな。

    ともかく、ジーン・ケリーもジュディ・ガーランドも若いっ。
    特に、ジュディ・ガーランド可愛いっ!

    ・・・・・などと、かなり長いことYouTubeでまた遊んでしまった私、であったよ・・・。








    【ストーリー】
     ボブとフィルは、戦争中の旧友で戦後はラジオに舞台にと活躍する芸人コンビ。 あるホテルのショーに出演していた姉妹の芸人に好意を持った二人は、ホテルの経営者が戦時中の部隊長で経営困難に陥っていると知り、自分達の興行で援助しようと決めるが、姉妹の姉は 彼らが私利私欲からショウを企画していると誤解し、二人の元を去って行く。 しかし最後には誤解も解け、心暖まるあの名曲「ホワイト・クリスマス」が雪の降る舞台で歌われる。



    <曲目タイトル>
     1.ホワイト・クリスマス (MONO)[3:06] 2.きよしこの夜 (MONO)[2:39] 3.アデステ・フィデレス (MONO)[3:12] 4.ゴッド・レスト・イ・メリー・ジェントルメン (MONO)[2:19] 5.赤鼻のトナカイ (MONO)[2:16] 6.サンタクロースがやって来る (MONO)[3:03] 7.クリスマスをわが家で (MONO)[2:57] 8.ジングル・ベル (MONO)[2:36] 9.サンタが町にやって来る (MONO)[2:43] 10.シルヴァー・ベルズ (MONO)[3:05] 11.初めてのクリスマス (MONO)[2:36] 12.クリスマスらしくなって来た (MONO)[2:48] 13.キラニーのクリスマス (MONO)[2:44] 14.メレ・カリキマカ (MONO)[2:55]


    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1439-8ed7182c