朝、ベランダの窓を開けて、ふと見つけた緑。

    ベランダの雑草2013/11/14-1

    ちょっぴりしか置いてない鉢植えのすぐそばで、

    ベランダの雑草2013/11/14-2

    鉢植えから流れ出した少しの土と、どこかから飛んできた埃みたいな砂みたいなものを集めて

    ベランダの雑草2013/11/14-3

    なんとなく勢力を広げているようなコイツら。

    お日さまのスポットライトを浴びて、

    ベランダの雑草2013/11/14-4

    楽しそうだな、みんな(笑)。

    ベランダの雑草2013/11/14-7

    よく見ると細かいプチプチのうぶ毛なんかも見えて、

    ベランダの雑草2013/11/14-8

    ベランダの雑草2013/11/14-10

    どこかで見かけたような、それもよく見かけるようなヤツなんだと思うんだけど、名前はやっぱりわからないよ。

    でもま、こんなところでも、世界中を緑で包み込もうとしている植物の地道な世界征服計画を見せてもらって、なんか私は嬉しいよ。

    ホントにキラキラで

    ベランダの雑草2013/11/14-12

    誇らしそうだね(笑)。

    これから寒くなって大変だろうけど、

    ベランダの雑草2013/11/14-5

    ま、健闘を祈っているぜ。









    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    無農薬・無化学肥料で庭をつくってきた個人庭専門の植木屋さんが教える、雑草を生やさない方法、庭での生かし方、草取りの方法、便利な道具…。オーガニック・ガーデナーのための雑草マメ知識も満載。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    雑草編ー庭でよく見る雑草86種(地を這うタイプ/細っ葉/丸っ葉(めだつ葉) ほか)/実践編ー庭で雑草とつきあう方法(雑草を生やさない方法/雑草を庭で生かす方法/草取りの方法 ほか)/基礎知識編ーより深く雑草を知るために(雑草とは何か?/雑草の生活史/雑草の形からの分類 ほか)



    <商品の詳細説明>
     道端や公園などに生えるものから、野山や海岸、水辺などのものまで、430種以上の野草・雑草を掲載した図鑑です。生育地を「人里」「山麓」「湿地・水辺」「海岸」の四つに分け、春・夏・秋・冬の季節ごとに植物を各生育地別に並べました。よく似た植物や間違えやすい植物も、それぞれ同じページにコラムとして載せてあります。さらに、本書の何よりの特色は、ある植物についての季節ごとの姿や形、色などが、同じページまたは見開きページでわかるということ。花の盛りや実の盛りはもちろんのこと、枯れた状態や若芽の姿、葉や花の移り変わり、同じ植物の色違いなど、すべてが同じページまたは見開きページに掲載されているという画期的な一冊です。そのため、実に1800枚以上の写真を使って編集した結果、B5判368ページという大型本になり、著者自らが「私の代表作。こういう本を作りたかった!」という内容です。家でじっくり眺め、読んでいただくのにふさわしい、ワイド図鑑といえましょう。
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    掲載写真1800余枚。類似植物や参考植物も豊富に収録。野草の四季が誰にでもすぐわかる。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    春編(1月から5月)/夏編(6月から8月)/秋編(9月から12月)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    里山の野草から町なかの雑草まで400種を紹介。各季節の中での配列は、被子植物(双子葉合弁花類)、被子植物(双子葉離弁花類)、被子植物(単子葉類)、シダ植物の順。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    春の野草・雑草(1月~5月)/夏の野草・雑草(6月~8月)/秋の野草・雑草(9月~12月)/植物用語の図解/植物用語の解説


    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1427-8b1fc833