いつものお散歩道。

    稲荷神社に到着したら、ノラの黒猫が、

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-1

    賽銭箱の上に座っていた;;

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-2

    私が近づくと、不承不承、賽銭箱から降りたが、

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-3

    未練たらしくこちらを見ていた。

    私が写真を撮ろうとして注目すると、ウザイな、と目をそらし、

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-4

    もっと遠くへ移動するが、こっちが目をそらした途端、

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-5

    またしてもこちらをうかがう。

    で、私がまた注目すると、

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-6

    あなたなんか見てませんでしたよ、と、またあらぬ方を見て、

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-7

    しばらくすると、また上目づかいにこちらをうかがっているのであった。

    参拝も終わって、私が離れていくと、

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-8

    緊張もとけたのか、ちょっとだらけたポーズを見せたが、私が本当に遠く離れるまで、

    稲荷神社のノラ猫2013/11/4-9

    やはり、こちらをうかがっていたのだった。

    いやー、ホントに、御丁寧な御見送りありがとう(笑笑)。









    僕は生きるために、/消すことを決めた。
    今日もし突然、/チョコレートが消えたなら/電話が消えたなら/映画が消えたなら/時計が消えたなら/猫が消えたら/そして/僕が消えたなら
    世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか/30歳郵便配達員。余命あとわずか。/陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。/僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまったーーー
    消してみることで、価値が生まれる。/失うことで、大切さが分かる。/感動的、人生哲学エンタテインメント。

    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と猫と陽気な悪魔の7日間の物語。


    【送料無料】ノラや改版 [ 内田百間 ]

    【送料無料】ノラや改版 [ 内田百間 ]
    価格:760円(税込、送料込)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    ふとした縁で家で育てながら、ある日庭の繁みから消えてしまった野良猫のノラ。ついで居つきながらも病死した迷い猫のクルツー愛猫さがしに英文広告まで作り、「ノラやお前はどこへ行ってしまったのか」と涙堰きあえず、垂死の猫に毎日来診を乞い、一喜一憂する老百閒先生の、あわれにもおかしく、情愛と機知とに満たち愉快な連作14篇。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    彼ハ猫デアル/ノラや/ノラやノラや/千丁の柳/ノラに降る村しぐれ/ノラ未だ帰らず/猫の耳の秋風/ネコロマンチシズム/クルやお前か/泣き虫/カーテル・クルツ補遺/垣隣り/クルの通ひ路/「ノラや」
    ※ 漢字が出ないからだと思うけど、やはり内田「ひゃっけん」先生は「百閒」の表記で見たいですよ。


    Not Yet / Madadayo (1993) trailer


    Akira Kurosawa - Madadayo - Beer Scene (legendas pt-br)


    『まあだだよ』は、やっぱりこのシーンなのですが、貼り付けられないので以下にリンクだけ。
    Madadayo

    こういうのを観ると、やっぱり百閒先生って最高だな。



    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1415-338229df