いつものお散歩道。

    私がよく楽しんで読んでいるチャネリング情報が、最近なんだか騒がしい。
    次元上昇がいよいよ、な雰囲気で盛り上がっている。

    正しくは、もうとっくにこの世界は5次元に移行しているんだがそれが一般人にもわかるようになる、とか、そんな感じ。

    私みたいにニブイ奴にもわかるんだろうか? うーむ。

    で、ちょっと期待しながら、もしかデイスクロージャーして、友好的で素敵な宇宙人がUFOで降りてきちゃったら、などと空想しながら、ウチの近隣でUFOが着陸できそうな場所はあったかしら、とちょっと考えてみた。

    お散歩しながら、真っ先に頭に浮かんだのは讃岐宮(護国神社)。

    讃岐宮2013/10/28-1

    写真ではいまいち表現できなかったが、ココは結構広いよ。

    後は善通寺の伽藍。

    善通寺2013/10/28-1

    善通寺2013/10/28-2

    ただし、ココは素敵に木がポツポツと植わっているので、それが障害物となり単純に讃岐宮ほどの広さはない。

    裏手に駐車場もあるけど、

    裏の駐車場善通寺2013/10/28-1

    風情が無いし、当たり前すぎて面白くないよね(ってなんだよそれ;;)

    もしかUFOが小型でしたら、やはり伽藍がおススメです。

    大楠と

    善通寺大楠2013/10/28-1

    五重塔で

    善通寺五重塔2013/10/28-1

    旅情を御満喫ください(って誰に向かって言ってるのさ;;)。


    ま、我が町は自衛隊の駐屯地でもあるので、その辺の関係で広めの場所はあると思うけど、自衛隊さんの場所には私は入ったことないのでわからないし、もっと風情がないよね(だから「風情」ってなんだよ;;)。

    ああ、最近は入ったこと無いのでハッキリとはわからないけど、四国学院大学のキャンパスもかなり広いと思う。

    あそこ、結構イイッスよ(だから誰に向かって言ってるんだよ;;)。

    さすがに遠慮して写真を用意できなかったので(ははは;;)、そこを撮影現場とした映画の予告編を貼っときますね。

    時々チラチラと見える緑の広い場所ですよん。
    私のイチオシです(だから誰に・・・;;)。

    STMB Trailer


    ま、UFOを操れるような素敵な宇宙人は別次元から来たりするので、本気出したら(本気出したら?)あんまり3次元的な広さは必要ないかもしれないけど、ウチの近隣は以上のような広めの場所もあるし、人間も少ないし、緑も多くてのんびりしているので、イイ感じだと思います。

    だから、来てください。待ってます。しょうこ。(だから、誰に向かって・・・;;)


    ああ、そろそろ『サマータイムマシン・ブルース』観なくちゃな・・・・。
    今度観よおっと。







    サマータイムマシン・ブルース 【DVD】

    サマータイムマシン・ブルース 【DVD】
    価格:2,363円(税込、送料別)


    <HMV レビュー>
     いつもと同じようで何だか変な夏の一日
     想像もつかないような事態が次々と巻き起こって…!?
     眼の前に突然タイムマシン! さぁ、どーする?

    ・「踊る大捜査線」の本広監督がプロデュース!
    『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』で実写映画の興行記録を塗り替え、スピンオフ企画『交渉人 真下正義』も大ヒット。日本を代表するヒットメーカー・本広克行が新たに選んだ題材は、なんとタイムマシン!!
    ・映画の企画は2003年夏、本広監督が偶然ある芝居を観た事から始まった・・・
    ・下北沢の劇場で上演された「サマータイムマシン・ブルース2003」という作品。京都の劇団「ヨーロッパ企画」によるこの公演は、「オモシロすぎ!!」と多くの観客がつめかけ話題を呼んだ。もともと芝居好きの本広監督の「原点に返って大好きな演劇とのコラボをしたい!」「タイムマシンをテーマにした映画を作りたい!」との熱すぎる思いが一気に高まり、映画化が決定!今回は自ら初プロデュースを買って出るほどの気合の入りようだ。
    ・ヒロインは『スウィングガールズ』の上野樹里!
    ヒロイン役は『スウィングガールズ』『エンジン』でと波に乗る上野樹里。今回も突飛な設定ながら、その爽やかな魅力は健在!主演を務めるのは「ウォーターボーイズ」「オレンジデイズ」などの連ドラで人気急上昇中の瑛太。「SF研究会」の中心人物として数々と巻き起こるトラブルに対処しつつ、コミカルな演技から切なさを漂わせる表情まで見事に演じ分け、若手注目株の中でも一味違う実力を示している。

    <内容詳細>
    マジに暑すぎる夏、とある大学の「SF研究会」部室。SF研究などせずぐったりと夏休みを過ごす5人の男子学生と、2人の女性写真部員。前日にクーラーのリモコンが壊れて猛暑に悩まされるなか、ふと見ると部屋の隅に突然タイムマシンが!!!! 「ためしに昨日に帰って壊れる前のリモコン取ってこよう」と軽い気持ちで乗ってみたら、さぁ大変。想像もつかないような事態が次々と巻き起こって…!?

    監督:本広克行
    キャスト:瑛太 / 上野樹里 / 与座嘉秋 / 川岡大次郎 / ムロツヨシ / 永野宗典 / 本多力 / 真木よう子 / 升毅 / 三上市朗 / 楠見薫 / 川下大洋 / 佐々木蔵之介


    関連記事
    TrackBackURL
    →http://greenbirdletter.blog31.fc2.com/tb.php/1407-b953444f