また暑さがぶり返しているので、日中は家の屋上の扉を開け放していたのだが、夜になって閉めようと思って屋上に向かうと、急に電気がついてびっくりしたのか、階段の踊り場の天井で盛んに飛び回っている一羽の影が・・・・・。

    鳥? 雀か? それにしてはなんか大きめなんだけど・・・・それにしてもなんで迷い込んで来るかなー、と思いつつ見守るうちに、なんか、なんか、鳥の飛び方じゃないみたいなんだけど。

    飛ぶスピードがスゲー速すぎないか・・・・。
    鳥ってあんな飛び方だったけ?

    ああ、速すぎてわからない。

    ・・・・・

    ・・・・・えっ、まさかコウモリ?

    そこまで考えた私は、いつまでも見ていてもしょうがないので、その生き物が自力で扉を抜けてうまく外に出るまで放っとくことにした。

    が、マジで思い切りお告げモードみたいなんで、その生き物が本当は鳥類だったとしても、もしメディスンカードに「コウモリ」のカードがあったら、これは「コウモリ」のお告げだと思ってカード解説の引用をしようと思い、部屋に帰って調べたら・・・・「コウモリ」のカードがあった・・・・・。

    で、本当に「コウモリ」というお告げだったのだとしたら、もう用は済んだのでその生き物は外に飛び去っているだうと思って見に行ったら・・・・・ああ、ホントにいなかった。


    ・・・・・・というワケで、どうしようもなくメディスンカードの「コウモリ」のカードの御紹介。

    コウモリ

    メディスンカードだと「コウモリ」は「再誕生」を表すカード。

     中央アメリカには、神秘的なコウモリの伝説が多く残る。マヤの人びとにとって、コウモリは遥か昔から尊いメディスンだった。仏教でいう輪廻転生は、コウモリを再誕生のシンボルとする彼らの儀式と一致する。
     頭を下にして釣り下がるコウモリの姿は、古い自己を捨て新たな存在へと転換する象徴である。赤ん坊も、同じ姿勢で母親の子宮からこの世界に現れる。
     今日のカードにコウモリがいたら、新たな成長パターンに合わなくなった何かを死なせる必要がある。古い習慣を手放して、再誕生(場合によっては通過儀礼)を迎える姿勢を取ろう。コウモリは「あなたの一部が再誕生する」あるいは「古いパターンが死ぬ」信号だ。運命に抵抗すると、痛みが長引き体力を消耗する往生際の悪い「死」となる。宇宙はいつでも、あなたが成長して望む未来を生きるよう求めている。

     コウモリがいつまでも逆さのまま洞窟の暗闇に溶けているのは、メディスンが逆作用しているからだ。この姿勢を続けると、精神の停滞を招き、真の運命を認める(持っている才能を最大限に使う)のを拒むことになる。現在の生活の中で、何かが創造力を発揮する障害になっているなら、その障害に「死なせて」やってはどうだろう。
     もしあなたが「今日と明日の事に関心はあるが、未来の事にあまり関心がない」というタイプなら、道の遥か先に目をやる余裕をなくしている。部族の教えは言う。「あなたは未来にとっての先祖なのだから、未来の世代に責任がある」。今日のあなたがする事は何であれ、次の七世代に影響する。決断のひとつひとつ、考えのひとつひとつが、あなたに続く者たちに「停滞」か「再誕生」かを生む。あなたが進まないと、続く世代も進めない。
     コウモリは夜に飛ぶ。夜は夢が生まれる時間だ。あなたの夢が未来の文明を築くのだから、夢を大事に育てよう

    以上、『メディスン・カード』の「コウモリ」のカード解説を抜粋しました。


    いやー、実はあのコウモリだか何だかわかんない生き物を見かける直前に、こちらのブログが興味深くて読んでたんです。

    世にも奇妙なフツーの話』

    最近増えてきた「もう五次元になってるけど、気がついていないだけなんじゃね?」という記事を、こちらのブログ主さんも書かれているのですが、この方はチャネリングされる方で、そのチャネルしている存在から、

    「5次元領域で 3次元領域を作りだして体験しているとは・・(笑) 本当に あなたはユニークで 素晴らしい存在(エネルギー)ですね(笑)」

    とか言われちゃってるんですよ。

    ・・・・・ふーん・・・・。

    ・・・・というのを読んでた直後に、よくわかんないけど「コウモリ」みたいなものを見かけて、またそのカードの意味が「再誕生」だったんでねー・・・・・

    ・・・・・・・

    なんか、世の中、そういう方向に向かってるんだよ、とダメ押しされたような気がする私、なのでしたよ。

    ま、そんなところで、御参考までに。





    (おまけ)
    「コウモリ」と言えば、私の場合は『黄金バット』

    黄金バット(Ogon Bat)op


    か、『八つ墓村』

    映画『八つ墓村』 予告篇/本予告


    なんですけどね。
    映画『八つ墓村』を観た時は、音楽が芥川也寸志氏で、クライマックスの鍾乳洞のシーンがワルツなのにはびっくりしましたねー。さすが、芥川也寸志っ、と思いましたです。ハイ。



    <商品の詳細説明>
    芥川也寸志(1925~1989)の30代前半に書かれた同作品は、宮澤賢治の原作をもとにナレーション入りの15楽章で構成されている。交響曲というには少々無理がある。むしろ描写性にすぐれた劇音楽に近い。それと映画音楽組曲「八つ墓村」と「八甲田山」も併録。芥川音楽の解明には不可欠な一点となろう。
    <曲目タイトル>
    『芥川也寸志:子供のための交響曲「双子の星」、映画音楽組曲「八つ墓村」、「八甲田山」』/CD
    ※ 映画『八つ墓村』のサウンドトラックCDは廃盤なんで、コレだとあのワルツも聴けますかねー?








    メディスン・カード《改訂増補版》メディスン・カード《改訂増補版》
    (2001/02/01)
    デイビッド・カーソン、ジェイミー・サムズ 他

    商品詳細を見る







    (追記)
    ついでにこんなものも観てしまったよ。

    2013-7-19 ニュー・ボディテンプレート 100分

    (8分くらいから始まります。こういう動画をあまり観たことがないのでなぜだかよくわからん?)

    この動画に関する説明はこちら。


    関連記事