冬の日も

    犬たち・まとめ2013/7/11-1

    曇りの日も

    犬たち・まとめ2013/7/11-2

    梅雨の頃でも

    犬たち・まとめ2013/7/11-3

    ひょっこり入り込んだ細道でも

    犬たち・まとめ2013/7/11-5

    お寺の裏の駐車場でも

    犬たち・まとめ2013/7/11-4

    お散歩中に犬を見かけることは多いけれど、やっぱり、一昨日の犬は気になる。

    山で見かけたノラ犬2013/7/9-2

    すげーインパクトあったもんな。


    ということで、メディスンカードの「ドッグ(犬)」のカードのカード解説をちょこっと御紹介。

    犬2

    メディスンカードだと「ドッグ(犬)」は「忠誠」を表すカード。

     ドッグ・メディスンについて考える時、以前可愛いがっていたペットの犬を思い出すかもしれない。犬たちは「他者への奉仕」をあなたがどう考えているか深く検討してほしいと訴える。犬科の動物は本能的に奉仕する性質がある。どんな扱いを受けようと、飼い主に対して忠実に献身する。自分を叱ったり叩いたりした人間にも愛情を返す。これは犬が愚かだからではなく、人間の「いたらなさ」を受け入れるだけの慈愛があるからだ。犬は見返りを求めず奉仕する。その心には忍耐の精霊が宿るかに見える。
     またある種の犬たちは、本来の性質に逆らって凶暴になるよう訓練される。この種の犬たちは、奉仕の心から飼い主の攻撃的欲望を自らの性質に組み入れたのだ。飼い主が求めれば、「奉仕」本来の意味を改変することも厭わない。
     ドッグ・メディスンは、「承認されたい」がために「忠誠」の意味をたやすく改変するあなた自身を見よ、と求める。ドッグのカードを引いた時には、考慮すべき点が幾つかある。
     1 私自身の心情に忠実であることを最近忘れてはいないか。
     2 噂話や他人の意見に影響されて、ある友人やグループに対する自分の誠実さが崩れようとしていないか。
     3 私の忠実な友人になろうとしている誰かを拒んではいないか。
     4 私自身のゴールに対し忠実かつ正直であるか。

     逆立ちしたドッグは、「つきあっている仲間に影響されて、あなたが批判的で意地悪くなっている」と指摘する。「怖がっていないで、自信を築く邪魔をする敵にタックルせよ」との暗示である。ここで重要なのは、敵が外にではなく内にいると気づくことだ。「おまえは忠誠(本人に対しても他人に対しても)に値しない」と言うあなた自身の思考こそが敵である。「どこかに属していないと怖い」「誰かに承認されないと怖い」という恐れに基づく行為だ。
     あなたとあなたの真実に忠実であろう。いつもあなた自身の最良の友でいよう。

    以上、『メディスン・カード』の「ドッグ(犬)」のカード解説を抜粋しました。
    とりあえず御参考まで。



    ま、私にとって犬と言えば、神さまのお使い。

    この写真は、私のお気に入りの「晴れた日に讃岐の宮本殿前で出逢ったワンコ(神さまのお使いモード)」

    神さまのお使いモード犬

    なんですが、他にも、私のお気に入りのお守りのひとつに、三峯神社のものがあり、

    三峯神社のお守りと鈴1

    翡翠玉つき木札(その隣りは三峯神社の社紋、「菖蒲菱(あやめびし)」の鈴)のその裏側には、

    三峯神社のお守りと鈴2

    その眷属の犬、というかオオカミ(大神)が彫られていて、これを付けたバッグを持ち歩く時は、なんか、見えないワンコのボディガードがついていてくれるようで、ちょっと嬉しかったりする私、なのだよ。

    この間のインバクトのあったワンコは、延命地蔵さまの像のところで逢ったしな・・・・。

    ホントに何かのお告げだったかもしれないな。うーむ。








    【送料無料】オオカミの護符 [ 小倉美惠子 ]

    【送料無料】オオカミの護符 [ 小倉美惠子 ]
    価格:1,575円(税込、送料込)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    五〇世帯の村から七〇〇〇世帯が住む街へと変貌を遂げた、川崎市宮前区土橋。長年農業を営んできた著者の実家の古い土蔵で、護符がなにやら語りかけてくる。護符への素朴な興味は、謎を解く旅となり、いつしかそれは関東甲信の山々へー。都会の中に今もひっそりと息づく、山岳信仰の神秘の世界に触れる一冊。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1章 三つ子の魂百まで/第2章 武蔵の國へ/第3章 オイヌさまの源流/第4章 山奥の秘儀/第5章 「黒い獣」の正体/第6章 関東一円をめぐる/第7章 オオカミ信仰/第8章 神々の山へ/第9章 神々の居場所


    <商品の詳細説明>
    天満宮のウシ、日吉大社のサルなど、神社に祀られている動物は多い。日本人は動物のどこに神秘性を見たのか。身近で意外な神社の謎!
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    なぜ神社には幾多の動物がまつられているのか…。「お稲荷さんはどうしてキツネなの?」「天神様と牛にはどんな関係があるの?」「神社の池にカメやコイが飼われている理由は?」「犬や猫が神様になっている神社があるって本当?」お参りするなら好きな動物がいる神社へ!新感覚のパワースポット完全ガイド。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1章 強力な霊威を誇る五大動物神/第2章 神使の獣・小動物たち/第3章 神使の鳥たち/第4章 神使の魚介たち/第5章 神社祭神の動物たち/第6章 架空聖獣の神使たち


    【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1部 十二支の動物(鼠/牛/虎/兎/竜/龍/蛇/馬/羊/猿/鶏/犬/猪)/第2部 十二支以外の動物(蛙/河童/亀/狐/蟹/鯉/鹿/獅子/狸/鯱/蛸/象/鯛/鯰/猫/雷鳥/鴛/烏/雉/鳶/鳩/木菟/鷽/鳳凰)/狼/付録 七福神ー七福神の神使/付表 掲載神社仏閣一覧


    関連記事