かなり旧聞に属する話題となってしまうけども、たくさんのつぼみを見たもんで、

    花水木2013/4/25-1

    満開の頃にまた来るわよん、と書いた花水木。

    とっくに見に行っていた写真を今頃公開するのもお間抜けな感じだが、写真整理ということで・・・ははは;;

    花水木2013/4/28-1

    花水木2013/4/28-2

    花水木2013/4/28-3

    ハイ、とても綺麗でしたーっ。

    で、その頃、近くの花壇で咲いていた花たちなんだが、それらの名前がやっとわかったので、こっちも今更ながらの御紹介になってしまいました。すみませぬ;;

    さて、これがデルフィニウム。

    デルフィニウム2013/4-1

    よく知らない花なので、Wikipediaの記事を貼っときます。
    デルフィニウム属
     デルフィニウム属(デルフィニウムぞく)とはキンポウゲ科の属の一つ。学名のDelphiniumは、ギリシア語でイルカを意味するDelphisから。これは、つぼみの形がイルカに似ていることに由来する。 和名はオオヒエンソウ属(大飛燕草属)であるが、あまり和名は使われない。
     ヨーロッパ、北アメリカ、アジア、熱帯アフリカの山地に250種程度が分布する。 元来多年草であるが、日本の夏の暑さに耐えられないため、園芸店などでは一年草として扱われていることもある。 アルカロイドの一種、デルフィニンを有し、食べると下痢や嘔吐を起こし、死に至る場合がある。


    デルフィニウム2013/4-2

    デルフィニウム2013/4-3

    青色がとっても綺麗でした。


    お次はスパラキシス(スパラクシスとも)。

    スパラキシス2013/4-1

    これもよく知らない花なので、世界大百科事典 第2版の解説記事を貼っときます。
    スパラクシス【Sparaxis】
     アヤメ科のフリージアに似た秋植えの球根植物。スイセンアヤメの和名があり,南アフリカ南西部原産で6種が知られている。暖地では花壇用にされ,鉢植えや切花にも利用される。多くの品種は草丈約30~50cm,花は大きく,径4~5cmで,1花穂に,やや膜質の大きな苞にそれぞれが包まれる3~5花をつけ,下より咲き上がる。きれいな黄,桃,紅,紫,白などの花色であるが,曇・雨天,また夜などは花をとじる。花期は4~5月。


    スパラキシス2013/4-2

    スパラキシス2013/4-3

    すごく色鮮やかなお花たちでした。


    この間ブログに書いたクレマチスも元気でしたよん。

    クレマチス2013/4-99

    今はもうほとんど花の季節は終わっちゃったけど、記憶に残る鮮やかなお花たちでしたー。









    スパラキシス混合【球根】5球

    スパラキシス混合【球根】5球
    価格:270円(税込、送料別)


    クレマチス デュランディ 1年苗

    クレマチス デュランディ 1年苗
    価格:525円(税込、送料別)


    クレマチス ‘キリ・テ・カナワ’ 1年苗

    クレマチス ‘キリ・テ・カナワ’ 1年苗
    価格:525円(税込、送料別)




    関連記事