昨日は不思議に素敵な雲がどんどん湧いていた空と

    お山と空2013/5/12-1

    ピカピカに輝いていたお山が印象的だったけど、

    山2013/5/12-2

    本日は気温も上がり、非常に暑苦しい感じのお山となっていた。

    山2013/5/13-1

    私はと言えば、朝からなんかワケもなく鼻水が出てくる(ゴメンね)ので、どうやら身体が夏モードへと切り替えようとしているみたいだ。
    というわけで、世間はそろそろ夏の準備に入ったのだろう。

    で、急に暑くて、眩暈がしそうだということで、この際「時々見かける不思議なもの特集」を御紹介(って何の脈絡もないじゃん;; 単なる写真の整理ね。ほほほ)。


    で、まだ桜の綺麗な頃、見かけた変な風景がコレ。

    猫と鳩と烏のコラボ2013

    猫と鳩とカラスのコラボ。何でこんなことになっているのかよくわからなかった。
    この後、猫とカラスが暴れたので、鳩たちは飛び去って行ったよ。


    そう言えば、鳩は怪しい行動が多く、このように

    鳩2013/4-1

    鳩2013/4-2

    鳩2013/4-3

    時々、「何でこんなところで!?」という場所でたむろっている。
    どうも、野良犬や野良猫みたいに、エサを漁っているようだ。

    でも、なぜかいつも集団行動。
    それも「しーん」としてやってるものだから、お散歩中に知らずに彼らの場所に踏み込んでしまって、びっくりすることも多いのよん。


    そして・・・・

    昨日、善通寺の公園内を歩いていて、ふと顔を上げたら変なものが見えて、

    jersey13512-1.jpg

    近づいてよく見ると、

    jersey13512-2.jpg

    それはなぜかジャージだった;;

    jersey13512-3.jpg

    (そしてなぜか、オーブのようなものも写っているっ;;)

    jersey13512-4.jpg

    この非日常な風景に私は一瞬呆然としたが、すぐにだいたいの状況が想像できたので、いつもの「ま、いっか」な気持ちに戻れた。

    きっと中高生の男の子たちが、面白がって誰かのジャージを投げ上げてしまったのだろう。
    「天気のいいうちに、ちゃんと取りに来いよ~」とつぶやいて、その場を私は立ち去った。


    で、本日、そこを見てみたら

    ジャージ2013-5

    ジャージ2013-6

    ジャージはもう無かった。

    持ち主が取りに来たのか、ま、きっとお寺の人が片付けたんだと思うけど、屋根の上はスッキリとしていた。

    「とりあえず良かった」と思った、ゴミの気になる典型的日本人の私、であったよ。




    (おまけ)
    世界が驚いたスゴイ日本

    ※教室のお掃除とか、靴脱ぎとか、ゴミを持ち帰るとか、そんなの当たり前だと思っていたけど、それも日本人の(良い)非常識のひとつだったとは。褒められていい気にならずに、もっと気を引き締めないとね(なんて思っちゃうのも日本人なところ、なんだろうな。ふむ。)







    ※おお、キティちゃんのジャージだー。いいっすね。


    ※『愛鳩の友創刊50年』・・・・そういう世界もあるんだー。ふーん。


    関連記事