実は私はこんなものを持っている。

    ワンド1

    知らない人が見たら、もうこれは異次元グッズだよね。
    魔法の杖の少女趣味版。

    こういうものを最初に見かけたのは、もう10年以上前のことになるけど、私だってのけぞったもん。
    こんなもん買う奴がいるのかよ?ってね。

    そんな私が、なぜか2本も持っている・・・・とはね。
    ホント、縁というものはワケわかんないよ、ははは;;

    で、私が持っているのは、

    ワンド2

    ドラゴンのワンドとラクシュミーのワンドなんだけどさ。

    ドラゴンのワンドはある年のミネラルショーで見かけて、なんか、買ってしまったんだよねー。

    ドラゴンは、よく見かけるものだったけれど、当然といえば当然だけど、全体のデザインが中国風のものが多かった。
    だけど、これはデザイン的にケルト風のドラゴンで、中国系のドラゴンのデザインは顔が恐いものが多かったので敬遠していたんだけど、このドラゴンは、なんかすごくハンサムに見えたのさ。

    で、なんとなく、買ってしまった。

    ああ、とうとう私もこんなものを買うようになってしまったか、と、その時思ったのに、その何年か後、ネットの石屋のshopでラクシュミーのワンドを見かけたら、瞬間注文していた;;

    ラクシュミー(吉祥天)は見たことなかったし、私の名前を考えると、もはや自分のものとしか思えなかった。

    で、現在にいたっているワケで・・・。


    で、これでshokoさん、何をしてるの? とか訊かないで欲しい。
    白状すれば、使い方もわからずに持っているんだよ。

    ま、チャクラストーンがついているからさ、

    ワンド3

    体の調整なんかのヒーリングに使えるんだろうけれども、ホントによくわかんないんだよ。

    形態は「魔法の杖」だからさ、持つ人が持てば、魔法だって使えるのかもしれない。
    だが・・・・・

    ごめん、私は眺めて楽しんでいるだけだよ。
    ただ・・・・

    ドラゴンの方は私の男性性で、ラクシュミーの方は女性性のような気がしている。
    だから二本並べて置いて眺めていると、お似合いのふたりのようで、なんか気持ちがホノボノとしてくるのさ。
    私の場合はそれでいいんだと思ってる。

    こんなものをブログで紹介する気はなかったが、今日は急に何だかふたりを洗って日なたぼっこさせたくなって、そしたらなんかこういう記事を書かなきゃいけないような気になって、ふたりも止めなかったから、きっと書く必要があったんだよ。

    ココを見た人に、どこかにいるワンドがコンタクトを取りたがってるのかもしれないしね。

    ま、これも人助け、じゃなくてワンド助けですよ。

    ピンときた人、思い当たることがある人、自分のワンドを迎えに行ってあげてくださいねん。





    とか書いても、同じような形態のもので、今、楽天で見当たるのはコレぐらいか。


    今は私が買った頃に比べると、凄く値段が高くなってるのね(驚)。使われている石と作家さんによって値段は変わるけども、今だったら私は買えないなー。そういうことになっているのねー。ふーん。

    それにしても・・・今回はビョーキな記事だったな・・・・・・


    関連記事