ものすごく咲いているので、四国学院大学の塀の向こうからも見えていた白い花水木。
    で、つい、構内に入ってしまった。
    さっさと撮影してとっとと帰るぞい。

    ああ、ガンガン咲いているのが二本並んでいるから、白い塊みたいに見えて、あんなに目立っていたのね。

    花水木2013/4/21-1

    こちらは、なんとまぁ、スッキリとした立ち姿の美人さんだこと。

    花水木2013/4/21-2

    こちらも立派な木だなー。

    花水木2013/4/21-3

    で、二枚目の写真の美人さんの根元にはこういうプレートがあって、

    花水木2013/4/21-4

    どうやらメモリアル・ツリーのようだ。

    その人の名は、Margaret Hopper Taylorさん。
    (マーガレット・ホッパー・タイラーさん、でいいのかな? テイラーさんかな?)
    Missionary in Japanとあるので、日本に派遣されたキリスト教の宣教師さんだったようですね。
    Shikoku Christian College 1950~1982とあるので、32年間もいらした(!!)方なのかな?
    と、したら、記念樹くらいあっても当然だな。ふーん。

    それにしても、ホントに立ち姿の美しい木だから、なんか故人も美しい方だったのでは、とお逢いしたことはないけれども、そんなふうに思えてくるし、この木を植えた人たちの気持ちや、ずっときちんとお世話していることから、故人とその周りの人たちの関係が偲ばれるようで、なんか感慨深くなってしまったよ。

    ああ、しかし、部外者は長居は無用である。
    とっとと、撮影するぞい。

    ああ、立派なのが二本並んでいるから、そのスゴさも二倍だな。

    それにしても、もうこんなに咲いてるのに、

    花水木2013/4/21-10

    花水木2013/4/21-11

    まだまだこんなにつぼみもあるから、

    花水木2013/4/21-6

    これからもガンガンお花は続くんでしょうね。

    花水木2013/4/21-13

    花水木2013/4/21-8

    もうこんなに

    花水木2013/4/21-18

    充分咲いているのに。

    花水木2013/4/21-22

    ああ、なんか調子に乗りすぎちゃって、写真撮りまくってしまったので、

    花水木2013/4/21-20

    いきなりですが、続きます。

    花水木2013/4/21-9

    次は単なる写真集です。

    すまんこってす。













    関連記事