【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    他力を生きるということは自律して生きること。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1章 虚偽のプロフィール/第2章 迷いに迷って今/第3章 被差別/第4章 放浪・戦争体験/第5章 “虚”“実”のはざまで/第6章 被差別民が創造してきた芸能/第7章 旅、そして再生/第8章 そして仏に至る道を歩む/第9章 女性というもの/第10章 家という概念/第11章 死ぬまで求道したい
    【著者情報】(「BOOK」データベースより)
    三國連太郎(ミクニレンタロウ)
    1923年生まれ。51年、松竹の木下恵介監督に認められ、映画『善魔』に主演デビュー。この時の役名だった「三國連太郎」を、以後そのまま芸名とする。87年、親鸞を描いた自作監督の映画『白い道』を完成、第40回カンヌ映画祭で審査員賞を受賞する。映画『利休』、『息子』、『三たびの海峡』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞。『飢餓海峡』でブラジル映画祭サーシー賞。舞台では『ドレッサー』で紀伊國屋演劇賞。1984年紫綬褒章、93年勲四等旭日小綬章を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





    三國連太郎氏が亡くなられた。享年90歳。


    三國連太郎氏といえば、すっかり


    『釣りバカ日誌』の「スーさん」を連想する人が多くなってしまったけど、私はやっぱり

    【送料無料】飢餓海峡

    【送料無料】飢餓海峡
    価格:4,253円(税込、送料込)


    商品の詳細説明
    函館を襲った台風で青函連絡船が転覆、火事も発生し、どさくさに紛れて質屋一家が殺され現金が盗まれて……。サスペンス・タッチで描く壮大な人間ドラマの傑作。内田吐夢監督、三國連太郎主演。

    まず『飢餓海峡』です。

    2011-0102


    それと、すごい個人的に印象に残っているのが、

    死の十字路 ビデオ
    死の十字路 [VHS] 出演 三國連太郎 (VHS -1998)

    昔、池袋の名画座のミステリー映画特集で観た『死の十字路』。
    探したらYouTubeに動画があって、ビックリした。

    死の十字路


    後半は出演者の名前だけだけど、こんなものが観られるだけで凄いんだよっ。
    (ちなみに、「原作・江戸川乱歩」と大きく出ていますが、じつはこの作品は××です。ミステリーファンの間では結構有名な話なんですが、大きな声で言うことでもないので、ま、知りたい人だけ調べてみてください。)

    とにかく死体役の山岡久乃さんと大坂志郎氏がメチャ恐くて、ホントに三國連太郎氏に同情しました。

    あと、チラッとしか出てこないけど、実は伏線の一部になってる松葉杖の花売り(だったと思う。とにかく売り子さん)娘が可愛いとか、新珠三千代さんのワンピース姿のウエストの細いことっ!など、見どころは多いのですが(って何だよ;;)何と言っても、乱れた前髪の三國連太郎氏が色っぽかったーっっっっ。
    思わずクラッときましたね。(おかげで今、こんな記事を書いてるんだが;;)

    スーさんもいいけど、なんというか運命に翻弄されるような役柄がメチャクチャに魅力的な(つまり、いい役者さんだったってことですね)三國連太郎氏だったと思います。

    もう御高齢ではありましたが、訃報に接するとしみじみとやっぱり惜しい、もうお姿が拝見できないかと思うと寂しい役者さんですね。


    御冥福をお祈りします。







    釣りバカ日誌20「鈴木一之助(三國連太郎)ラスト挨拶」






    【送料無料】利休 [ 三國連太郎 ]

    【送料無料】利休 [ 三國連太郎 ]
    価格:2,646円(税込、送料込)


    【ストーリー】
    利休はどのように生き、どのように死んでいったかーー。天正10年(1582)、千利休(三國連太郎)が茶頭として仕えていた織田信長(松本幸四郎)が、重臣・明智光秀の反乱により自刃した。それから数年ののち、信長の後継者となり、その権勢を全国に拡大していった豊臣秀吉(山崎努)は、利休を茶頭として召し抱えていた。「公儀のことは弟・秀長に、内々のことは利休に…」と言わしめるほど、秀吉に信頼されていた利休だったが…。
    【解説】
    美は、ゆるがない。/豪華絢爛な桃山文化を舞台に、利休の生涯をドラマティックに描いた不朽の名作/草月流第三代家元 勅使河原宏監督が、名優三國連太郎、山崎努と贈る美の世界。

    【送料無料選択可!】新選組 / 邦画

    【送料無料選択可!】新選組 / 邦画
    価格:4,205円(税込、送料別)


    三國連太郎氏が芹沢鴨を演じていた作品。その後、息子さんの佐藤浩一氏も大河ドラマ『新選組!』で芹沢鴨を演じ、この映画と同じ演出があったりして笑いました。それって幸せなことなんでしょうね、きっと。


    関連記事