去年はこんなに綺麗で、長く垂れる枝にも風情があった乃木神社の梅。

    乃木神社の梅2012/3/1-2

    乃木神社の梅2012/3/1-1

    乃木神社の梅2012/3/1-3


    ところが、いつだったか、大風の日に折れてしまって、

    乃木神社の梅2013-1

    乃木神社の梅2013-2

    ああ、もう次の花はダメだ、と思ったんだが、それでも今年のある冬の日に見たら、

    乃木神社の梅2013-3

    ちっちゃなお花の芽が出てた。

    ま、折れるというよりも、幹の部分は裂けてるという状態だったけど、

    乃木神社の梅2013-14

    裂けても

    乃木神社の梅2013-15

    裂けても

    乃木神社の梅2013-16

    なんとか枝を伸ばして花を咲かせた。

    乃木神社の梅2013-4

    天気のいい日は、まるでそこだけスポットライトを浴びているようで、ちょっとだけお日さまに贔屓してもらっているみたいだったけど、

    乃木神社の梅2013-13

    ピカピカ

    乃木神社の梅2013-7

    ピカピカ

    乃木神社の梅2013-8

    頑張っていたから、私も毎日彼女に挨拶して、「あなたはすてき」「あなたはきれい」と言い続けた。


    花が終わったので、私の挨拶は、彼女に向かってニッコリ笑って手を振るだけになったけど、きっと彼女の耳にはまだ、繰り返し囁いた私の言葉がこだまのように響いているだろう。

    その響きを忘れずに、来年も咲いてくれますかね?

    乃木神社の梅2013-10

    あなたはきれい。

    あなたが、好きよ。














    ※・・・「ああ 古銅と梅のとり合わせはいいですね。この花入れの 格の高さが引き立つようです。そして梅の美しさも」/「あのかたも そう言ってくださいました」・・・
    『雨柳堂夢咄』の「月の花影」は、梅の最後の花のお話でした。古銅の花入れに白梅・・・風流だな・・・。

    関連記事