さて、本日の宿は、神奈川県の大船である。
    鎌倉観光のために、その地を選んだ。

    で、なんで鎌倉観光をしようと思ったかというと、私の好みは神社仏閣めぐりであるが、ま、喪中であるので、前日の日記にも書いたように私のギリギリ常識ラインの今までに御縁のある場所にしておこう、ということ。

    それとね・・・・お告げみたいな感じで決めたんだよ。

    どうしても埼玉に行く必要があるとわかってからは、出かけるのならせっかくだから観光もしよう、でもどこが良いか思いつかない、ああ、夢でお告げくらいないもんかな――などと思って寝たのだが・・・夢も見ずにぐっすりと眠った私;;

    やっぱりな、夢のお告げなんぞ私には無いのだ――などと思いながら朝食を食べに二階に降りた私は、居間で姉がつけっぱなしにしていたテレビの画面を観て、ああ、それですかと観念した。

    それは土曜日の朝、いつもはウチでは観ていないはずのチャンネルの朝番組で鎌倉観光特集をしていた・・・・。(ダメ押しのように次の週も鎌倉観光特集、それも私が行った事ある場所も取り上げられていた;;


    というわけで、東京・高田馬場から私が向かうのは、神奈川県の大船である。

    で、どういうルートで行こうかと思ったんだが、ふふふ、今回の旅行は埼玉の大宮から東京、そして神奈川の鎌倉まで移動しまくるものなので、香川からの往復切符に東京ゾーンの周遊きっぷをつけて購入した。

    東京ゾーン

    JR東京ゾーンを五日間乗り放題できるのだ。

    だが残念ながら二泊三日の旅、事前の概算で私の移動運賃を合計しても、この周遊きっぷの購入額4千円に届かない。
    なので・・・

    とにかく無駄にJRを乗り降りすることにした(笑)。

    で、新宿で乗り換えて東京駅に向かい、そこで降りて(とは言っても駅構内なんで別にJR運賃のムダ遣いにはなっていないが;;)、またしても今晩の夕食用に、

    豆腐ハンバーグミニべんとう 

    ブラウンライス・デリおもての「秋の味覚ミニべんとう」を購入。

    で、東京駅から東海道線で一気に大船へ。

    初めて降りた大船は、駅ビルも充実、夜遅くまでやっているスーパー&巨大な百均フロアその他が入ったメチャクチャ便利な建物もあり、ビジネスホテルのお泊りに絶好のロケーションだったよ。

    で、早速、そこのスーパーで2リットルのミネラルウォーター(やはりキリン アルカリイオンの水である。昨日と同じくらいの値段だった)を購入し、ホテルにチェックインした。

    本日のお宿はコチラ。



    お部屋はコチラ。

    相鉄フレッサイン鎌倉大船

    ちなみに、今日は頼んだとおりのシングルでした(笑。あたりまえだよ)。


    そして部屋に荷物を置いて、もはや真っ暗ではあるが、とりあえず鎌倉へ向かう。
    昨日と同じパターンだが、今宵はまた夜の鶴岡八幡宮に御挨拶するのさ。

    で、大船駅に行くと、駅ビルのパン屋さんが、もういい時間なので一割引きモードになっていた。

    ふと見ると、季節限定モノ真っ只中本日限りの商品が安売りになっていて、ま、これも御縁ね、と1個購入。

    大船のパン屋さんのパンプキンパイ

    なかなかイカス顔したパンプキンパイである。
    夕食のお弁当が少なめだから、デザートにちょうど良いでしょう。ふむ。


    で、電車で鎌倉へ。

    真っ暗な鎌倉の町を歩き、参拝客よりもジョギングや犬の散歩の人たちのほうが多い、夜の照明輝く鶴岡八幡宮に詣でて気が済んだ。

    だけど、時間が時間だけに商店がみんな閉まっていたので、やはり残念な気分になった私は、明日は神社仏閣だけでなく、駅前のお店もたくさん散策しよう、と、明日の計画を思って、頭の中をグルグルさせ始めたのであったよ。

    そして大船に戻ると、さっきのパン屋さんはまだ開いていて・・・今度は三割引きセールになっていた;;

    ・・・・ま、いっか(笑)。


    そんなこんなで、やっとホテルに帰った私は、昨日と同じようにミネラルウォーターを沸かし(おお、今日のお部屋の装備は、ミニ電気ポット。いっぺんに1リットルほど沸かせて保温もできるやつだった)、お弁当を食べて、デザートにパンプキンパイを食べて、やっぱり一泊千円のレンタルパソコンを借りて、

    相鉄フレッサイン鎌倉大船のレンタルパソコン

    鎌倉観光のために、利用したことの無いバス路線などもバシバシとチェックしたのであった。

    ただ・・・本日のパソコンはいつも使っているのと画面が違っていて使い勝手が悪く、また有線LANなのに時々回線が不安定になったりしたため、YouTubeでの画像&音声が途中で切れまくり、たまに楽しむためのBGM機として使用できなかったのは残念であった。

    ま、情報収集にはまったく不自由はしなかったからいいけどね。

    それにしても・・・パソコンのおかげでまたしても寝たのは夜中の1時;;
    (ああ、ホントに、悪魔の機械、としか言いようがないぜ・・・。)


    というところで、本日もおやすみなさい、と旅行記はまたしても明日に続く、のである

    関連記事