無事に参拝も済ませたので、ところてんを食べに行く。

    八十場ところてん2015/5/20-1

    八十場ところてん2015/5/20-3

    ココの清水のことは、Wikipediaにも載っているよん。



    八十蘇場の清水

     八十蘇場の清水(やそばのしみず)は香川県坂出市に所在する冷泉である。「やそば」は八十場・八十八・弥蘇場などとも表記される。古くは野澤井と呼ばれた。泉の脇には弥蘇場地蔵堂があり、本尊は地蔵菩薩で四国八十八箇所番外札所。


    <概要>

     伝説によれば、景行天皇の時代に南海で暴れていた悪魚を退治に向かった讃留霊皇子(さるれおうじ)[2]と80人(88人とも)の勇者が悪魚の毒に苦しんだ。この泉の水を汲んだ童子が勇者達に水を飲ませると、たちまち蘇った。そこで八十蘇場の清水と呼ばれるようになった。

     平安時代前期、四国巡錫中の空海(弘法大師)が八十蘇場の清水を訪れ、十一面観音・阿弥陀如来・愛染明王を刻んで仏堂を建てて安置し、また、薬師如来を刻んで泉を閼伽井としたという伝承もある。この仏堂が現在の四国八十八箇所七十九番札所天皇寺の前身であると言われる。なお、その薬師如来(石像)はこの地より500m上った金山の中腹にある金山薬師(瑠璃光寺)の本尊であり、境内にある池を水源としていると云われている。

     平安時代末期、保元の乱に敗北し讃岐に配流となっていた崇徳上皇は長寛2年8月26日(1164年9月14日)に、この地で崩御した。京からの使者が到着するまでの20数日間、この泉に遺体を浸していたところ全く腐敗しなかったとの言い伝えがある。崇徳上皇は、この後、荼毘に付され白峯陵に葬られた。

     この泉は干魃で涸れることがなく、古来より讃岐の童歌に「やそばの水はドンドン落ちる つるべでくんで ヤッコでかやせ」と唄い継がれた。天皇寺の参道にあり、泉の脇では江戸時代よりところてん屋が営まれている。




    まるで

    オフィーリア1

    オフィーリアのようだな、上皇さま。

    こっち(ポール・ドラローシュ「若き殉教者の娘」)も素敵だが

    若き殉教者の娘2

    若き殉教者の娘2

    霊水の風景はこんな感じ。

    八十場ところてん2015/5/20-4

    八十場ところてん2015/5/20-5

    八十場ところてん2015/5/20-6

    ま、そんな伝説を持つ清水のほとりのところてん屋さんなんだよ。

    八十場ところてん2015/5/20-2

    その名も「清水屋」さんだけどね。
    HPはこちら http://www.yasoba.com/

    さて、ところてんはいろいろなバリエーションがあるのだが、

    八十場ところてん2015/5/20-7

    私はやっぱり酢醤油だな。

    八十場ところてん2015/5/20-8

    八十場ところてん2015/5/20-9

    座席から庭がちょこっと見えるよ。

    八十場ところてん2015/5/20-10

    お持ち帰り用のお土産もあるよ。

    八十場ところてん2015/5/20-11

    昔、まだ私がとっても小さかった頃に、とーちゃんと食べたような記憶があるのだが、忘却の彼方だな。

    さっぱりしていて、美味しゅうございました。


    その後は面白そうだからと竹藪に入ってみたり、

    八十場竹藪2015/5/20-1

    八十場竹藪2015/5/20-2

    八十場竹藪2015/5/20-3

    八十場竹藪2015/5/20-4

    素敵な山道を堪能した。

    八十場山道2015/5/20-1

    八十場山道2015/5/20-2

    八十場山道2015/5/20-3

    が・・・・・・・
    まだ、正午前ということで、せっかく八十場まで来たんで、目的もないけど高松まで行くことにした。

    で、高松に着いて、久しぶりに海を見て、

    海2015/5/20-1

    海2015/5/20-2

    海2015/5/20-3

    食事して、ちょっとお買い物して、ついでに宝くじを買って帰った。

    で、いつものお散歩道のサツキちゃんiに乗っけて撮影。

    キティちゃんの7億円メモ2015/5/20-1

    キティちゃんの7億円メモ2015/5/20-2

    宝くじ買ったら、キティちゃんの7億円メモを貰った。

    キティちゃんの7億円メモ2015/5/20-3

    なんか、これを貰ったら、当たった気分(すべてが終わった気分)になったな。

    これだけでも嬉しかったけど、

    キティちゃんの7億円メモ2015/5/20-4

    やっぱり少しは当てたいなー。

    ということで、上皇さま、よろしく(ずーずーしいぞっ!)

















    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    近隣の火事の後遺症で、部屋の煤取り、消臭のために部屋を空けなければならず、それはわかってたんだが、予定よりも一日早く私の部屋をやることになって、外出計画を立てる間もなく部屋を追い出された・・・・・・・・・


    のが、もう一週間も前の話になってしまった;;

    ああ、忙しくてそのことについて書けなかったんだよ。
    ま、今日やっといろいろと片付いたので、もはやかなり忘れているけど、ボチボチと書いていきましょうか。

    ということで、その日――――――


    とりあえず外に出たものの、どうしようかと思案することしばし。

    ま、なるべく長時間外出してた方が良いみたいなので、電車に乗ってちょっと遠出することにした。

    お天気は晴れ晴れで、気温は結構高い。
    と、なると、予てより懸案のアレを実行するかな。

    ま、ちょうど電車が来たら、その計画でオッケー、Go!ってことでそうしよう、と思ったら、信号はみんな青でスイスイと駅に着き、おお、田舎の本数の少ない鉄道のくせにちょうど頃合いの列車が来る、ってなことになったので、その計画を実行することにした。その計画とは・・・・・。

    白峰宮に参拝して、

    白峰宮2015/5/20-1

    その帰りにところてんを食べる、

    八十場ところてん2015/5/20-8

    というものだ。

    去年からそれをやってみたかったんだが、思いついたのが秋口で秋の長雨に入りかけた頃。もはやところてんには向かない時節となっていたし、天候も不安定だったので、やっぱ夏頃にした方がいいよな、と断念。

    それから時は流れてまだ5月だけど、立派な夏日のオンパレート。本日は快晴で、とにかく長めの外出の方が良い、なんて条件が揃ったからなー。

    で、電車に乗ってトコトコと出掛けたのですよ。

    八十場駅で降りると、

    八十場駅2015/5/20-2

    八十場駅2015/5/20-1

    なんかもー、ところてんしかないような場所である;;

    ま、とにかく白峰宮に参拝だ。

    白峰宮2015/5/20-2

    子供の頃、来たことがある筈なんだけど、

    白峰宮2015/5/20-3

    覚えてないよ、ゴメンナサイ、神さま。

    狛犬さんはなかなかインパクトのあるワンコで、

    白峰宮2015/5/20-4

    白峰宮2015/5/20-5

    お目めの感じが、

    白峰宮2015/5/20-6

    白峰宮2015/5/20-7

    何かに似ているなと思った。

    メフィラス星人

    メフィラス星人に似てるかな・・・・。
    もっと似ているものがあったような気がするけど・・・・ま、いっか;;。

    とにかく参拝。

    白峰宮2015/5/20-8

    鈴は

    白峰宮2015/5/20-9

    意外にも(だってココは日本一の怨霊、崇徳院さまの神社)、とっても可愛い音色だったよ。



    崇徳上皇さま1

    崇徳上皇さま11

    白峰宮2015/5/20-10



    参拝を終えて辺りを見回すと、

    白峰宮2015/5/20-11

    白峰宮2015/5/20-12


    白峰宮2015/5/20-13

    白峰宮2015/5/20-15

    白峰宮2015/5/20-14

    白峰宮2015/5/20-16

    白峰宮2015/5/20-17

    立派な木が多いよ。

    で、感動しながら「おお、素晴らしい楠がっ」

    白峰宮2015/5/20-18

    白峰宮2015/5/20-19

    と思ったんだが、立て札を見て

    白峰宮2015/5/20-20

    「何だ、五百年か」と言ってしまった酷い私であったよ;;



    すみません。楠に関しては、日頃、こういうものばかり

    大楠2015/5/20-1

    見てるもんで・・・・;;



    社殿もなかなか素敵な

    白峰宮2015/5/20-21

    我らが上皇さまのお社であったよ。


    ああ、長くなっちゃった。
    ところてんに関しては、後編に続く(ちびまる子ちゃん風)。










    <商品説明>
     菅原道真、平将門、崇徳院の怨霊はいかに恐れられたのか。霊魂の行方から怨霊の祟りとその鎮魂、近代の霊魂文化までを概観する
    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     怨霊とは死後に落ち着くところのない霊魂である。古来、日本では怨霊が憑依することによって、個人的な祟りにとどまらず、疫病や天変地異など社会に甚大な被害がもたらされると信じられてきた。三大怨霊と称される菅原道真、平将門、崇徳院は死後、いかに人々を恐怖に陥れたのか。そして、どのように鎮魂がなされたのか。霊魂の存在から説き起こし、怨霊の誕生とその終焉、さらに近代の霊魂文化まで概観する。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 霊魂とは何か/第2章 怨霊の誕生/第3章 善神へ転化した菅原道真/第4章 関東で猛威をふるう平将門/第5章 日本史上最大の怨霊・崇徳院/第6章 怨霊から霊魂文化へ



    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     本書は、崇徳院怨霊を時代の中に位置づけ、そのとき生きた人々の心に潜む社会に対する意識を解明することを試みた。そして、その前史として貞観御霊会などを考察することにより、日本人の怨霊観を概観し、崇徳院怨霊の登場に至る過程を検討した。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     序章 怨霊研究序説-崇徳院怨霊の占める位置/第1章 崇徳院の生涯/第2章 『保元物語』の虚構-崇徳院の実像をめぐって/第3章 崇徳院怨霊の胎動/第4章 崇徳院怨霊の鎮魂/第5章 崇徳院怨霊譚の誕生/終章 『保元物語』とその時代





    (おまけ)
    メフィラス星人

    ※紳士的なのか、単にわがままで短気なのかわからん星人である。


    最近はこんなことまでやっているとは。

    『ウルトラ怪獣散歩』トレーラー


    なかなか素晴らしい歌↓だな。

    ♪『ウルトラ怪獣散歩のテーマ』 歌:メフィラス星人



    そして、感動的なお話である。

    メフィラスの食卓 前編



    後編はこちらで。

    食卓 後編



    それにしても、「卑怯もラッキョウもあるものか」という(出来心的な)台詞がここまで彼に影響を与えたとは、なかなか感慨深いものがあるですよ。ふむ。





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    いつものお散歩道。

    以前、火事で燃え残った藤の老木が復活して欲しい、なんて書いたけど、ま、それは無理だろう、とも書いた

    なにせ、こんなふうに全体に焦げて

    焼け跡2015/1/23-9

    燃え残った部分も、ビシバシと

    焼け跡の藤2015/1-1

    焼け跡の藤2015/1-2

    刈られていたからねー。

    焼け跡にはその後手が入り、

    焼け跡2015/2-2

    焼け跡2015/2-4

    焼け跡2015/2-3

    かなり整地されて

    焼け跡2015/3-4

    焼け跡2015/3-2

    後で何かできるのかもしれない。

    でも焼け跡の藤と楠はこんな感じだから、

    焼け跡の藤2015/3-1

    よく見る気もしなくて、毎日前を通っていたのに気がつかなかった。

    それがさすがに遠目からもわかるようになって、

    焼け跡の藤2015/5/26-1

    本日、私はやっと気づいたのさ。

    焼け跡の藤2015/3-1

    焼け跡の藤2015/5/26-2

    なんだよ、これーっ!!

    最初は、大丈夫なはずの楠だけが茂ってるのかと思ったんだよ。

    焼け跡の藤2015/5/26-3

    でもよく見るとね、これは

    焼け跡の藤2015/5/26-4

    焼け跡の藤2015/5/26-5

    焼け跡の藤2015/5/26-6

    藤だよ。

    いやもちろん、楠も新しい枝を伸ばし始めているんだが

    焼け跡の楠2015/5/26-1

    焼け跡の楠2015/5/26-2

    焼け跡の楠2015/5/26-3

    焼け跡の楠2015/5/26-4

    焼け跡の楠2015/5/26-5

    ほぼ死んでると思ってた藤が、こんなに新しく蔓を伸ばそうとしているなんて

    焼け跡の藤2015/5/26-8

    焼け跡の藤2015/5/26-9

    焼け跡の藤2015/5/26-10

    思っても見なかったんで、見間違いかと思ったよ。

    おまけに足元を見ると、

    焼け跡の藤2015/5/26-15

    張りめぐらされた古い根からも

    焼け跡の藤2015/5/26-11

    新しい蔓を伸ばし始めていて、チョコチョコと

    焼け跡の藤2015/5/26-12

    焼け跡の藤2015/5/26-13

    辺り一面に広がろうとしている。
    (久々に見たぜ、ヤツら(植物たち)の世界征服計画。)

    もうかなり茂っているところもあって、

    焼け跡の藤2015/5/26-14

    やりすぎだろう、お前ら・・・・・;;

    ・・・・・・・・・・・・・

    ともあれ、まさに起死回生、堂々の復活劇である。

    余計な蔓なんかがみんなバッサリ失くなったんで断捨離効果というか、残りのエネルギーを集中できるようになったからなのかもしれないが、やっぱり藤は魔性の植物だよ。この辺りじゃ藤の魔性伝説、

    龍王社3

    公園の藤2014/4/23-3

    私が勝手に思い描いている伝説があるが、またこんな

    藤屋敷2013/4-2

    藤屋敷2013/4-1

    藤2013/4-4

    藤2013/4-12

    藤2013/4-13

    夢を見ているのだろうか。

    (それにしても、最近になって何年か前のローズマリーの挿し木が根付いたりもしてるしな。ホントにこの世界はエネルギーアップデイトしてるんだろうか。むむむむむ。)

    ま、管理の人が気づいたら、いろいろと整理されちゃうとは思うけども

    焼け跡の藤2015/5/26-7

    今後の健闘を祈る、なんて声をかけた私、であったよ(びっくりしたなー、もう)。














    (おまけ)

    <商品の詳細説明>
     骨董屋・雨柳堂に集まるいわくつきの品々。それらが宿す“想い”は時に、人と奇妙な縁を結ぶ。その繋がりの糸が織りなす物語を読み解くのは、店主の孫息子・蓮。古美術が映し出す人の愛と情、この世の幻想と怪異を流麗な筆致で描く骨董不思議因縁譚シリーズ。
     ・金魚白昼夢譚/柘榴石/犬筥/花酔いの季節/百物語の夜/禍禍しいもの/風にのる/匏翁(ふくべおう)/菖蒲のころ 以上9篇収録
    「・・・藤は酒を好みます。/古書には根に酒の糟を用いよと記されていますし/藤の切り口は酒に挿しておくとよいそうです・・・。」
    ※「藤にお酒をあげると、花房が色よく長く育つと言われているそうだけど、ホントかな。


    wikipedia「藤娘」より
    六代目の藤娘
     昭和12年(1937年)に六代目尾上菊五郎が五変化舞踊のひとつだった藤娘を独立させ、長唄の間に『藤音頭』(岡鬼太郎作)を挿入して演出を一新したもの。藤の絡んだ松の大木は、松が男を、藤が女を象徴している。筋は、藤の絡んだ松の大木の前に藤の枝を手にした藤の精が、意のままにならない男心を切々と嘆きつつ踊る。やがて酒に酔い興にのって踊るうちに遠寺の鐘が鳴り夕暮れを告げると、娘も夕暮れとともに姿を消す、というもの。
    藤音頭
     藤の花房色よく長く/可愛いがろとて酒買うて 飲ませたら/うちの男松に からんでしめて/てもさても 十返りという名のにくや/かへるという忌み言葉/はなものいわぬ ためしでも/しらぬそぶりは ならのきょう/松にすがるも すきずき/松をまとうも すきずき/好いて好かれて/はなれぬ仲は ときわぎの たち帰えらで/きみとわれとか おゝ嬉し おゝうれし

     
    【送料無料】坂東玉三郎舞踊集6 藤娘

    【送料無料】坂東玉三郎舞踊集6 藤娘
    価格:3,591円(税込、送料込)


    <商品の詳細説明>
     藤の花を背景に坂東玉三郎の可憐で艶麗な姿が素晴らしい名編「藤娘」ほか、「由縁の月」「保名」「葵の上」「鐘の岬」など珠玉の名編4作を収録した、歌舞伎舞踊集第6弾。



    坂東玉三郎 「藤娘」 Tamasaburo "Wisteria Maiden" part 1


    坂東玉三郎 「藤娘」 Tamasaburo "Wisteria Maiden" part 2





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    いつものお散歩道。

    お寺では本日もゲージツが爆発しているが、

    ゲージツ2015/5/19-1

    お散歩道では、

    栴檀2015/5/19-1

    栴檀2015/5/19-2

    足元は栴檀の淡い雪景色。

    栴檀2015/5/19-3

    栴檀2015/5/19-4

    それは、

    栴檀2015/5/19-5

    上品に香る白雪なんだ。

    栴檀2015/5/19-6

    春の桜カーペットにはかなわないけど、それでもちょこっと雪景色になっちゃうのは、こんなにでっかい木たちが

    栴檀2015/5/18-111

    栴檀2015/5/19-19

    満開になっているからで、

    栴檀2015/5/19-10

    栴檀2015/5/19-11

    栴檀2015/5/19-13

    栴檀2015/5/19-14

    栴檀2015/5/19-15

    栴檀2015/5/19-16

    栴檀2015/5/19-17

    栴檀2015/5/19-18

    この林を包み込む全体に淡い香りが、風に乗ってさざ波のように強くなったり弱くなったり、それがちょうど良くて

    栴檀2015/5/19-7

    栴檀2015/5/19-8

    栴檀2015/5/19-9

    歩きながら何度も深呼吸しちゃうんだよね。


    お天気も良くて、気持ち良くて、ホントにとっても幸せだよん。

    栴檀2015/5/19-12

    ありがとうね、栴太郎さんたち。
















    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    私のHPで新月と満月にカードを引くコーナーがありますが、今日は新月なので新月のカード占いをアップしました。HPの方は、XPのサポートが終了したということもあり、私の今の環境ではマジで更新しにくくなっております。なのでまたしばらくはこちらのブログだけでの公開となりますので、御了承くださいませね。(ペコリ)
    というところで、このコーナー、引き続きよろしくお願いしますねん。





    ここは、普段私が愛用している「ヴィジョンクエスト・タロットカード」を使って、
    新月からの一ヶ月の流れを占おう、
    というか何かアドバイスでももらっちゃおうというページである。
    「ここを見てくださっている方に何か一言を」と
    カードに聞いて引いているだけなので、
    ま、ひどいカードが出てもあんまり深刻に受け止めないでくださいね。
    良いカードが出たらイケイケってなくらいで。
    では今月のカード。


    大気の10・s

    「自分のお世話をしてあげよう」

    「大気の10(否定的思考)」
    <キーワード>否定的思考、自発的にネガティヴな考えを手放そうとしない、堂々巡り、自滅的な考えにしがみつく、疑いと実存的な恐れ


      時としてあなたは、憎しみに溢れた思考パターンを繰り返すことで、自ら地獄を作り出してしまっています。地獄というのはあなたの外にあるのではありません。地獄も天国も内的な心の状態のことで、私たち自身が作り出すものなのです。だから、この力と責任を、誰か他の人のせいにすることは出来ません――――たとえそうした方がもっと気分が良くなるように思えたとしても。自分自身についてどんな風に考えているか、そして自分をどう扱っているかに気付いて下さい。

     疑いという名の畑には、どんな新たな種を蒔くことも出来ません。まずあなた自身を正しい状態に戻して下さい。かつて腹を立てた出来事にこだわらないよう試みるのです。何かに対する怒りや苦しみといった否定的な感情を反芻することは、あなたから強さを奪ってしまいます。思考の堂々巡りが、特に仕事に関したことで、どんな風に自分をもっと深く泥沼に引き込んでいるかに気付いて下さい。新鮮な空気と運動と規則的なリラクゼーションが、この下へ下へと螺旋下降している怒りと心配と苦痛の回転木馬から飛び降りる助けとなってくれるでしょう。

    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 







    何かと騒がしい今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
    いや、ウチの周りが騒がしいってだけのことですかねー。

    とにかく、去年からウチの近所の廃墟のようだった建物が取り壊されて、その更地になったところへ今、いろいろと手が入ってるんです。
    アーケードを直してる――ま、それは「市の方で早くやっとけよ」なことですが、それだけじゃなく賃貸アパートがいっぺんに三つくらい出来上がろうとしているし、近所の火事で一部被害に遭ったウチの家もいろいろと工事が始まってるんですよ。それも、本格的なのは本日から(本当は先週からだったんだが、台風で予定滅茶苦茶になった)。さすが、新月ですねー。・・・・・つっても明日から水星が逆行(どちらかと言えば物事が遅延する期間)なんですが。ははははは;; ウチの家の明日はどっちだっ!

    ということで、本日はまったく気分が落ち着かないので、いつも以上にサラッといくことをお許しくだざいませ。


    さて、今回のカードは「大気の10(否定的思考)」。なんか考えることが暗い方に暗い方に行っちゃうってヤツですね。なんでそうなるのよ? といったら、それは補助のカードが「大地の母」で、これはお母さんの中のお母さんカードでありまして、みんなのお世話をし過ぎて疲れきってるからなんですねー。

    疲れすぎちゃって明るいことなんか考えられないにょ、なんて方は、言うまでもなく休んでください。暗いことを考える暇があったら即、寝ましょう。疲れがとれて元気になったら、「悩むほどでもなかったかも」と思考も変わるかもしれませんからね。

    で、そんなに疲れてないし、別に考え方も暗くないわよって方も、とりあえず何もしない時間を持ってみてはいかがでしょうか? 「あれ、意外に疲れてたかも」と思う方もあれば、「あ、いいこと思いついた」って方もいるかもしれませんよ。今の時期はゴールデンウィークも終わってひと息ついて、ふと、新年度の疲れとか出てきちゃう頃だし、最近の気候は結構メチャクチャなので身体がついていってないってこともあります。

    ま、とにかく、疲れている方もそうでない方も「とりあえず休む」ということをしてみてください。それだけでリフレッシュして、また明日から楽しくいろいろなことを始められると思いますよん。

    また、五感を豊かに楽しむという牡牛座

    牡牛座

    の新月ということでもありますし、自分の肉体的な面にフォーカスするのにはタイムリーな時期ではないかと思います
    ので、是非、試してみてくださいませねん。



     ま、今回はこんなところで(今回も簡単で短かったな;; でもウチは今、いろいろな人が出入りして何かと騒がしく落ち着かないもんで・・・・・・スンマセン;;)。では、今月も(つらくならない程度に)頑張っていきまっしょい!(^^)/~








    (おまけ)
    大地の母

    「大地の母」
     <キーワード>世話、血縁関係、養育、寛容、肉体的な健康、肥沃、自然とのつながり、時に不必要な自己犠牲を示す


     今すぐ肉体に波長を合わせ、何が必要なのかを感じ取ってください。これはとても大切なことです。自分のことをもっと気に掛けることで、あなたを取り巻く様々なつながりや人間関係が強まります。どうか自分自身にもっと優しくすることから始めてください。そうすることで最終的に、与え、そして受け取るというサイクルが完全なものになるのです。そして全てのことが調和するようになった時、あなたは、社会的な責任を果たすためにはどうしても必要な強さが自分の中に生まれたことを感じ取ることでしょう。

     他の人たちの世話をするのは、大変な強さが必要とされる仕事です。その仕事を行うためには、健全なバランスを保つことが欠かせません。もしもあなたが、助けが必要な人に手を貸し続けているうちに疲労困憊して倒れてしまったとしたら、結局誰のためにもならないのです。
     今すべきことは、自分がどういう状態になったら休息をとるべきなのか、そのポイントを見極めることです。あなたの中に無限の力が宿っているのだとしても、その肉体には限界があるのですから。どうか、自分の限界に気を配ってください。そうすればあなたが世界のどこにいたとしても、自分の持つ全ての力を望むがままに保ち続けることができるでしょう。

    (上記の文章はヒーリング雑貨「メープルフォレスト発行の解説文(御崎瑞穂訳)を引用しています。) 










    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    にほんブログ村



    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る


    メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋
    (1991/06/01)
    サン・ベアワブン

    商品詳細を見る





    いつものお散歩道。

    本日も満開の栴檀の栴太郎さんは気持ち良さげ。

    栴檀2015/5/17-1

    で、一所懸命お花の写真を撮ろうとするのだが、去年まで地上スレスレまで伸びて

    四国学院大学の栴檀2013/5/24-4

    四国学院大学の栴檀2013/5/23-9

    四国学院大学の栴檀2013/5/23-5

    お花を見せてくれていた枝は刈られちゃったもんで、遥か頭上の花しか撮れない。それでこういう

    栴檀2015/5/17-2

    栴檀2015/5/17-9

    なんかワケわかんない写真になっちゃうんだよなー;;

    身体が大きい割にお花がちっちゃくて可憐なもんだからこうなってしまうんだが、それにしても

    栴檀2015/5/17-4

    栴檀2015/5/17-5

    大きいよ、栴太郎さん一族;;

    栴檀2015/5/17-6

    迫力あるもんなー。

    栴檀2015/5/17-7

    栴檀2015/5/17-8

    逆光だとお花だとわかりやすいが

    栴檀2015/5/17-12

    栴太郎さんの素敵さ的にはイマイチ。
    ま、わかりにくくても

    栴檀2015/5/17-3

    栴檀2015/5/17-10

    栴檀2015/5/17-11

    栴檀2015/5/17-13

    こんなところで良し、としよう。

    栴檀2015/5/17-14

    ふむ。


    で、お寺では、本日もゲージツが爆発している。

    ゲージツ2015/5/17-6

    ゲージツ2015/5/17-1

    ゲージツ2015/5/17-8



    『スケッチブック展』さんの記事「ART AT THE TEMPLE 2015」より
    http://sb10.art.coocan.jp/custom19.html


    Art at the temple2015ポスター

    ・・・・何故、お寺でアート?と思われる方もいらっしゃるでしょう。お寺で展覧会を開くことになった経緯を水嶋さん協力の元、主催者側の方にお聞きすることが出来ました。
    始まりは、善通寺野外展示実行委員会代表の妹背裕氏が現善通寺管長の講和会に行き出し、色々とお話をする中で「境内で作品発表をしたいけどどやろ?」という話から始まったそうです。
    個展ではなく複数の現代美術の作家のグループ展は出来ないだろうかとの提案に管長さんも面白そうな企画だと乗り気になり、たちまち形になったとか。・・・・・」





    ゲージツ2015/5/17-7

    ゲージツ2015/5/17-9

    ゲージツ2015/5/17-3

    ゲージツのわからない私には、毎年「ふーん」な企画だけども、今回の

    ゲージツ2015/5/17-2

    コレは好きかな。

    唐突な展示作品たちの中にあって、この作品は珍しく、木霊みたいで楠とマッチしている。

    ゲージツ2015/5/17-4

    そんなこんなで、

    ゲージツ2015/5/17-5

    珍しく何枚も写真を撮ってしまった私、であったよ。













    「楽しくて楽しくてしようがない自分のとらえ方」「本当の相手をつかむ愛しかた愛されかた」など、“常識人間”をすて、いつも興奮と喜びに満ちた自分でいるための生き方を説いた一冊。「芸術は爆発だ!」という名言どおり、超個性派人間として精力的に活動された著者ならではの、力強い人生論です。
    【著者プロフィール】
    洋画家。1911年、東京生まれ。パリ大学卒業。在学中、ピカソの作品に衝撃を受け、抽象芸術運動に参加。帰国後、前衛的な作品を次々に発表、国内はもとより国際的にも高い評価を受ける。大阪万国博の「太陽の塔」の創作はあまりにも有名。96年没。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1章 意外な発想を持たないとあなたの価値は出ないー迷ったら、危険な道に賭けるんだ(自分の大間違い/“モノマネ”人間には何も見えない ほか)/第2章 個性は出し方薬になるか毒になるかー他人と同じに生きてると自己嫌悪に陥るだけ(“爆発”発想法/道は一本か、十本か ほか)/第3章 相手の中から引き出す自分それが愛ーほんとうの相手をつかむ愛しかた愛されかた(愛の伝え方を間違えると/“その一瞬”を止める方法 ほか)/第4章 あなたは常識人間を捨てられるかーいつも興奮と喜びに満ちた自分になる(きれいになんて生きてはいけない/頭を遊ばせて世の中を見てみよう ほか)
    【著者情報】(「BOOK」データベースより)
    岡本太郎(オカモトタロウ)
    1911年、東京生まれ。洋画家。パリ大学卒業。在学中、ピカソの作品に衝撃を受け、抽象芸術運動に参加。帰国後、前衛的な作品を次々に発表、国内はもとより国際的にも高い評価を受ける。大阪万国博の「太陽の塔」の創作、「芸術は爆発だ!」の言葉はあまりにも有名。1996年の没後も、独創的な作品は、幅広い世代の支持を受けている。その超個性派の生き方や遺された言葉は、いまも人々の心の中に生きつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    最近のお散歩道。

    空から良い香りが降って来るのだよ。

    栴檀2015/5-19

    栴太郎さん(栴檀)たちのお花の季節なのさ。

    栴檀2015/5-20

    ちょっと前までは、まったく動きが無いなー、なんて思っていたのに、動き始めればあっという間だった。

    栴檀2015/5-1

    栴檀2015/5-3

    栴檀2015/5-4

    栴檀2015/5-9


    栴檀2015/5-2

    栴檀2015/5-12


    栴檀2015/5-8

    栴檀2015/5-25

    栴檀2015/5-26

    実がなってた秋はこんなだったのに

    栴檀2014/11/25-9

    お花が咲いた今はこう。

    栴檀2015/5-14

    較べると面白い。

    栴檀2014/11/25-4

    栴檀2015/5-28

    それにしても、なんか素敵だ。

    栴檀2015/5-29

    気持ち良さそう。

    栴檀2015/5-31

    栴檀2015/5-32

    栴檀2015/5-35

    栴檀2015/5-34

    近くで見ると

    栴檀2015/5-22

    ホントにわんさか咲いてるんだよな。

    栴檀2015/5-23

    私は写真を見ているだけでイイ香りがしてくるんだけども、

    栴檀2015/5-24

    お届けできないのが残念です。むむ。


    そして、昨日はなんだか堅そうだった菖蒲のつぼみが

    菖蒲2015/5/14-2

    菖蒲2015/5/14-1

    翌日はあっさりと咲いていたり、

    菖蒲2015/5/15-1

    菖蒲2015/5/15-2

    お寺では、今年もそろそろゲージツが爆発するらしい

    ゲージツ2015/5/15-1

    ゲージツ2015/5/15-2

    ゲージツ2015/5/15-3

    ゲージツ2015/5/15-4

    そんな本日であったよ。

    そろそろ騒がしい初夏なのねー。うーむ。














    【送料無料】芸術は爆発だ! [ 岡本敏子 ]

    【送料無料】芸術は爆発だ! [ 岡本敏子 ]
    価格:540円(税込、送料込)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    岡本太郎もイジメられっ子だった。高圧的な先生に反抗して登校拒否、一年生で四つも学校を変えるがどこにもなじめない。入った寄宿舎では子供たちから酷いイジメを受け、パリ留学の後、三十歳で入隊した軍隊では下士官に毎晩のように殴られる…。しかし、岡本太郎はくじけない。己を貫き、闘いつづける。「誤解される人の姿は美しい」と。鮮烈な印象を与えつづける岡本太郎の言葉と、秘書・養女として約五十年にわたり一挙一動を見守ってきた岡本敏子の解説の組み合わせによる、岡本太郎伝の決定版。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1部 岡本太郎の人生(1911-1945)(オレは進歩と調和なんて大嫌いだ/芸術は爆発だ!/私は、母親というものを、持ったことがない ほか)/第2部 岡本太郎の恋愛論(「女房のおかげだ。感謝しとるよ」なんて、無神経なヤツラだ/これから世界中の男の花嫁になったつもりになりなさい/お釈迦様が神聖なら、足の裏だって、神聖なんだぞ ほか)/第3部 岡本太郎の人生(1946-1996)(絵画の石器時代は終わった/私は幼い頃から、「赤」が好きだった/教祖?信者の一人もいない教祖だね ほか)




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    <内容紹介>
     完全な受け身――
     それこそが自由なのだ
     今から約2300年前の中国で成立したとされる思想書『荘子』は、一切をあるがままに受け入れるところに真の自由が成立すると説く。後の禅の成立に大きな役割を果たし、西行、芭蕉、漱石など多くの人々に影響を与え続けている。僧侶にして芥川賞作家である玄侑宗久が、『荘子』の魅力を存分に語る。







    この間、いろいろなものを片付けていたら、古い走り書きのメモが出てきた。



    「汝(なんじ)人籟(じんらい)を聞くも未だ地籟(ちらい)を聞かず。汝地籟(ちらい)を聞くも未だ天籟(てんらい)を聞かず」
    (汝聞人籟、而未聞地籟。汝聞地籟、而未聞天籟夫)




    何だったっけ、コレ? と思い、調べてみると、『荘子』の一節だった。
    走り書きの裏には、「十二律」がメモってあったから、きっと笛を習っていた頃、ふと見かけた言葉を書き留めたのだろう。

    あの頃は、何かと勉強にいそしんでいた。笛に親しむことで、私は音楽というものに触れ、その正体を知りたがっていた。

    ちなみに、これは「三籟(さんらい)」のことを書いた部分だ。



    三籟
    自然や人間の発する三つの響き。天籟(風の音)・地籟(地上の音)・人籟(人の発する管弦の音)。




    「管弦」というものについて、いろいろと考えていたのだろうな、あの頃の私は。
    今はもう、あんまり興味がないけどね;;

    ま、それで『荘子』というものを思い出した。
    合気道を習っていた時も、「真人」とかで調べたこともあったし、それ以前に漢籍が結構好きで、老荘思想は理解できればといつも思っていたから。
    しかし、老荘は他の思想よりも格段に難しいからなー。
    なんというか、全体的に、言葉で表現できないものをなんとか表現してるって感じで、頭の悪い私には、なんちゅーか、難しいのよ。

    でもね、昔、合気道の妹弟子が台湾の御土産でくれた御守り(彼女は日本と台湾のハーフだった)というのが、大きく「道」と書かれていたもので、

    道教のお守り4

    道教のお守り5

    「道(タオ)」というものは、私にとって必要なものらしいからな。ま、少しずつ勉強しますです。

    道教のお守り1
    (直そうと思って直してない;;)

    道教のお守り2
    (台湾のものだったと思うんだけど)

    道教のお守り3
    (違ってたら、ゴメンなさい;;)

    (御守りは道場の何人かに配られたもので、中身のわからない袋に入ったままの状態で一人一人が選んだ。そこには漢字一文字が書かれていて、その人にとって必要なものが渡るのだとか。他の人のは「仁」とか「智」とかがあった。「仁」や「智」ならわかりやすいのに、私のはわかりづらい「道」。どういうことなんだよー、という疑問は、今でも続いている;;)


    などと、気分が『荘子』で盛り上がっている時に、なんちゅーグッドタイミング、某国営放送局で『100分de名著 荘子』ってのをやってるよ。
    それが結構、面白い。



    100分de名著 5月「荘子」


     制度を整え、競争を煽り、管理や罰則を強めれば社会はうまくいくという考えが主流を占める現代。その考え方に巨大な「否」を突きつける本があります。「荘子(そうじ)」。今から2300年前、中国の戦国時代中期に成立したとされる古典です。5月放送の「100分de名著」では、肩の力を抜き、自然体で生きる術を語ったこの名著を取りあげます。

     「荘子」を書いたのは荘周。宋の国で漆園を管理する役人でしたが、やがて隠遁生活に入った人物です。卓越した才能を買われ宰相になるよう口説かれますが、世に出ることをよしとせず、在野の自由人として生涯を終えました。その背景には「万物斉同」という根本思想があります。姿かたちはさまざまでも、万物はすべて「道(タオ)」と呼ばれる根本原理が変化したものであり、もとより一体であるという思想です。広大無辺な「道」からみれば、ものごとの是非や善悪、美醜、好悪などには本質的な違いなどありません。それなのに、世間の人々は自分の価値観を絶対視し、愚かな争いをやめようとしません。荘周はそうした愚かさから身を引き離して、全てのものをあるがままに受け容れ、「道」と一体化する自在な境地の素晴らしさを説き続けたのです。
     社会が複雑化し息苦しさを増し続ける現代、「荘子」を読み解くことで、様々なしがらみから抜け出し自由になるヒントや、あるがままを受け容れ伸びやかに生を謳歌する方法を学びます。


    第1回 人為は空しい

    【放送時間】
    2015年5月6日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
    【再放送】
    2015年5月13日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
    2015年5月13日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
    ※放送時間は変更される場合があります
    【ゲスト講師】
    玄侑宗久(臨済宗妙心寺派福聚寺住職)

     人間の小賢しい知識が生き生きとした豊かな生命を奪ってしまう「渾沌の死」、機械の便利さにかまけると純真な心を失ってしまうという「はねつるべの逸話」。「荘子」はいたるところで、本来の自然を歪めてしまう「人為」の落とし穴を指摘する。その背景には、「荘子」の「無為自然」の思想がある。人為を離れ、自然の根源的な摂理に沿った生き方こそ、人間の最高の境地だというのだ。第1回では、「荘子」の全体像を紹介しつつ、人間の小賢しい「人為」の空しさと、人為の働かない「無為自然」の素晴らしさを伝える。





    第2回 受け身こそ最強の主体性

    【放送時間】
    2015年5月13日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
    【再放送】
    2015年5月20日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
    2015年5月20日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
    ※放送時間は変更される場合があります
    【ゲスト講師】
    玄侑宗久(臨済宗妙心寺派福聚寺住職)

     周囲に振り回されるマイナスなイメージがつきまとう「受け身」。だが「荘子」では、「片肘が鶏に変化してもその姿を明るく受け止めようとする男」「妻の死を飄々と受け止める荘周」といったエピソードを通して、「受け身」にこそ最強の主体性が宿ると説く。玄侑宗久さんは、こうした境地が「禅の修行」と共通性しているという。「荘子」では、主観や知のはたらきから離れて大いなる自然を受け容れ合一する「坐忘」という方法を説く。これは、坐禅により宇宙大に広がった「我」と「自然」が和した状態と共通するあり方、究極の「受け身」だ。第2回は、「荘子」が説く「全てを受け容れたとき人は最も強くなれる」という「受け身」の極意を禅と比較しながら明らかにする。






    しばらく楽しめそうだな。むふふ。





    夢見た場所






    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。