上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    いつものお散歩道。

    金木犀は相変わらず元気。

    金木犀2013/10/31-1

    お寺の菊花展の即売の菊さんたちも、

    菊花展の即売の菊2013/10/31-1

    同じく元気。

    菊花展の即売の菊2013/10/31-2

    菊花展の即売の菊2013/10/31-3

    菊花展の即売の菊2013/10/31-4

    菊花展の即売の菊2013/10/31-5

    ちょっと虫さんも来ちゃう(;;)ほど、今の季節のお花たちだね。


    一方、夏の主役だったアベリアさんは、

    アベリア2013/10/31-1

    アベリア2013/10/31-2

    お花はほとんど終わった。

    別の場所(道路脇とか)ではまだガンガン咲いているお花たちもいるけど、いつもの私が写真を取りまくった子たちは、もうこんなもん。

    でも少しまだ白い部分が見えるから、写真を撮ろうかと思ったのに、

    空2013/10/31-1

    ちょうど空には雲がかかってしまった。

    それでも薄日が差した時に、ササッと写真を撮ったけれど、

    アベリア2013/10/31-3

    アベリア2013/10/31-4

    あんまり上手く撮れなかったな。しょぼん。

    でもずっとよく咲いてくれて、目を楽しませて(虫たちも喜ばせて)くれたよな、アベリア。

    蝶2013/7/16-1

    熊蜂2013/7/17-1

    シロテンハナムグリ2013/7/19-1

    黒揚羽2013/10/4-1

    ホントに、

    アベリア2013/10/3-1

    ホントに、

    アベリア2013/9/22-4

    ありがとね、でした。














    スポンサーサイト
    【送料無料】天に響く歌

    【送料無料】天に響く歌
    価格:1,470円(税込、送料込)


    <商品の詳細説明>
    本田美奈子.という人は、生き方そのものがメッセージでした。「新しいことに挑戦することで、新しい自分に会うことができる」彼女はよくこう言っていました。また、過酷な闘病生活に耐えた彼女は、いつも笑顔をたやすことなく、小さな幸せとは何か、小さな幸せは今、生きていること。それこそがいちばんの大きな幸せだと教えてくれるのです。
    彼女の生い立ちから永眠までの38年間の軌跡を追ったドキュメンタリー本!

    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     類まれなる歌う才能と、真摯な努力。チャレンジし続ける情熱。誰もが「天使」とたとえる、慈愛に満ちた性格。そのひたむきで真直ぐな彼女の人生が、生きることの素晴らしさを教えてくれた。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     第1章 アイドル誕生(歌手への道/生まれながらの歌姫/アイドルからの脱皮)/第2章 舞台で生きる(1万5千分の1/それには、前進あるのみ/新たなる挑戦/クラシックへの扉/いのちを賭けて)/第3章 生きるために生きる(運命との対峙/病魔との闘い/温かい声援/天使になった歌姫)/第4章 太陽になりたい(歌い継ぐ夢/次に伝えるメッセージ/生きるときめき)





    数日前に岩谷時子氏のつたない記事を書いた。

    で、その時に私のブログ恒例の関連商品紹介を文末に並べ立てていたのだが、その時まで、私は岩谷時子氏と本田美奈子.さんの関係についてぜんぜん知らなくて、へーっと思ったのだ。



    本田美奈子.甦れアメイジング・グレイス―歌がつないだ“いのち”の対話 (CDブック)本田美奈子.甦れアメイジング・グレイス―歌がつないだ“いのち”の対話 (CDブック)
    (2008/10/25)
    本田 美奈子、岩谷 時子 他

    商品詳細を見る

    <内容紹介>
     生きるって、素晴らしい
     最期まで歌うこと、生きることをあきらめなかった本田美奈子.。励まし励まされた恩師・岩谷時子との“いのち”の対話
     白血病と闘う本田美奈子.は、同じ病院に入院してきた作詞家・岩谷時子を励ますため、ボイスレコーダーに毎日メッセージと歌を吹き込み続けた。
     生きる勇気を与えてくれる感動のドキュメント!!


    6「祈り(キリエ)より」本田美奈子.最期のボイスレター


    アメイジング・グレイス / 本田美奈子



    ま、これが、私が自分の書いた記事に関連商品を探して載せる時の愉しみのようなもんで、ほとんど効果が無いにもかかわらず、アフィリエイトみたいなことを続けている目的だったりする。

    私は自分の書いている内容はとても個人的な趣味に走ったものだと自覚しているから、そんな文章につきあってくださった読者の方に、なんか、少しでもお土産をあげたい、と思っているんだよね。

    文学部出身で、正々堂々とした論文を書くために必要な参考文献をかつて漁りまくったということもあり、私は大の参考文献好き。

    自分には関係なくても周辺の何かを示すことで、読者の方々が「あ、こんな情報が欲しかった。わ、得した」なんて思ってくれることがあればいいな、なんて考えてる。

    それで自分にもわからないながら周辺について検索を続けることで、私も思いがけず知識の世界が広がって、得しちゃうこともあるんだよね。
    (まさに「情けは人のためならず(結局自分のためッスよ、ハイ)」)

    で、そのブログ記事にも後日貼り付けた動画<6「祈り(キリエ)より」本田美奈子.最期のボイスレター>を聴いた時に、あまりにも当然だけど、鳥肌が立って衝撃を受けたワケですよ。

    そして、いつものYouTube巡りで、本田美奈子.さんを堪能しました。・・・・


    というワケで、以下は私の好きな本田美奈子.さんの歌声動画貼り付けコーナーとなります。
    宜しければ、お楽しみくださいませ。(数が多くてすみません;;)


    本田美奈子 つばさ 高画質 Wings Minako Honda


    「ただ、すばらしいの一言。3:59-4:30が見せ場です。」と動画の解説にあるとおりです。


    私の好きなクラッシックもの。

    「誰も寝てはならぬ」(Live)本田美奈子.


    本田美奈子. タイスの瞑想曲


    本田美奈子/白鳥(PV)



    そしてコレ、まさに感動ものの企画です。

    アメイジング グレイス ヘイリー&本田美奈子 .


    こっちは貼り付け無効で貼れなかったのでリンクだけしときます。
    ヘイリー duet with 本田美奈子. / アメイジング・グレイス
    コチラの方が綺麗ですけどね。PVなのかな。


    ラストはコレで。

    ジュピター~本田美奈子~



    波動が高いって、こういう音楽のことを言うんだよね。

    ああ、素晴らしかったぜ・・・・。









    <商品の詳細説明>
     2006年に白血病で惜しまれながらも早世した本田美奈子.のクラシカル・ベスト・アルバム。発声から勉強し直したという彼女のクラシック楽曲の数々は、そのクリスタル・ヴォイスと表現力の深さによって、独自の輝きを放っている。
    [Disc1]
    <曲目タイトル>
    1.(プッチーニ)/私のお父さん~オペラ「ジャンニ・スキッキ」より/(本田美奈子.)[2:02] 2.(ジュリオ・カッチーニ)/アヴェ・マリア/(本田美奈子.)[4:49] 3.(サルトリ)/タイム・トゥー・セイ・グッバイ/(本田美奈子.)[4:21] 4.(エンニオ・モリコーネ)/ニュー・シネマ・パラダイス 愛のテーマ/(本田美奈子.)[3:12] 5.((トラディショナル))/アメイジング・グレイス/(本田美奈子.)[4:25] 6.(マスネ)/タイスの瞑想曲/(本田美奈子.)[4:46] 7.(ホルスト)/ジュピター~組曲「惑星」より/(本田美奈子.)[5:08] 8.(ドヴォルザーク)/新世界~「交響曲第9番『新世界より』第2楽章」より/(本田美奈子.)[4:36] 9.(サン=サーンス)/白鳥/(本田美奈子.)[2:37] 10.(プッチーニ)/誰も寝てはならぬ~「トゥーランドット」より/(本田美奈子.)[2:31] 11.(ニーノ・ロータ)/ゴッドファーザー愛のテーマ/(本田美奈子.)[4:15] 12.(ジョージ・ワイス)/この素晴らしき世界/(本田美奈子.)[2:58] 13.(井上鑑)/時 -forever for ever-/(本田美奈子.)[5:38] 14.(八幡茂)/ララバイ~ミュージカル「十二夜」より/(本田美奈子.)[3:54]
    [Disc2]
    <曲目タイトル>
    1.AVE MARIA 2003年3月撮影 プロモーション・ビデオ/(本田美奈子.)[-] 2.新世界 2004年8月収録(NHKホール)/(本田美奈子.)[-] 3.つばさ 1996年8月収録/(本田美奈子.)[-]



    <商品の詳細説明>
     クラシックの世界から力を借り、多くの聴衆に届かせようとする志とパワーが伝わる歌。自作詞を含む日本語も、実にいい。しかし何てことだ。闘病に入る直前に録音していたという(6)と、DVDの映像が、発売からわずか20日余りで白鳥の歌となってしまうとは……魂よ安かれ!
    [Disc1]
    <曲目タイトル>
    1.(ジョン・ニュートン)/アメイジング・グレイス/(本田美奈子.)[4:25] 2.(マスネ)/タイスの瞑想曲/(本田美奈子.)[4:44] 3.Time To Say Goodbye/(本田美奈子.)[4:21] 4.(レスピーギ)/風のくちづけ ≪イタリアーナ~「リュートのための古代舞曲とアリア」より≫/(本田美奈子.)[2:57] 5.この素晴らしき世界/(本田美奈子.)[3:00] 6.(八幡茂)/ララバイ~ミュージカル「十二夜」より(CD初収録曲)/(本田美奈子.)[3:54]
    [Disc2]
    <曲目タイトル>
    1.(ジョン・ニュートン)/アメイジング・グレイス/(本田美奈子.)[-] 2.(サン=サーンス)/白鳥(プロモーション・ビデオ)/(本田美奈子.)[-]





    いやー、本日は朝から笑ってしまったよ。
    点けたばかりのパソコン画面のヤフーのニュース見出しに、踊る「善通寺」の文字っ。

    <善通寺>修行僧に暴行、2週間のけが 香川県警に被害届

    全国ニュースだっ。記念にニュース全文を貼っときますね。


    <善通寺>修行僧に暴行、2週間のけが 香川県警に被害届
        毎日新聞 10月29日(火)7時29分配信

     真言宗善通寺派の総本山善通寺(香川県善通寺市)で今月中旬、奈良県から修行に来ていた20代の男性僧侶が、監督・指導する立場の30代の男性僧侶から殴るなどの暴行を受け、けがをしていたことが28日、分かった。寺側も暴行があったことを認めて謝罪したが、被害男性は香川県警に被害届を出した。

     寺などによると、被害男性は9月上旬、寺にある僧侶養成機関の善通寺専修学院に約3カ月の予定で入った。読経方法や僧侶としての作法などを学んでいたが、今月中旬、教わる内容が変わると、監督する僧侶から「出来が悪い」などと言われ、修行していた道場で、殴られたり蹴られたりした。

     暴行は数日あり、被害男性は善通寺での修行は難しいと判断、21日に寺を離れた。指導・監督には男性僧侶2人が当たっており、もう1人の僧侶も暴行に気付いていたが止めず、寺幹部にも知らせていなかった。

     被害男性は、頭部や腹部の打撲などで2週間のけがと診断されたという。

     善通寺は被害男性の親族から暴行を知らされて調査し、暴行した僧侶は謹慎中。寺の菅智潤(ちじゅん)宗務総長は毎日新聞の取材に、「指導の一環のつもりだったようだが、暴力は行き過ぎだ。暴行した僧に対する処分も検討する」と説明している。

     総本山善通寺は空海(弘法大師)が813年、生家跡に建立したとされ、高さ45メートルに及ぶ五重塔が有名。【古川宗】

    ひょっとして、この広い日本のどこかでこのブログのことを知ってて、こんな悲惨なニュースに「さぞやshokoさんは心を痛めているでしょう(涙)」なんて、心配してくださった奇特な読者の方もいらっしゃるかもしれないが、あのー、私、全然、心痛めてないから大丈夫です。笑ったくらいだからね。
    本心から
     「いいクスリだよ」
    と思ってるんで。

    あれ、結構、確執があったりする? なんて思われちゃったかな?

    ま、私はお寺内部の(特に組織とか人間模様の)ことはまったく知らないけど、ただね、子供の頃からこの辺を遊び場としている人間として、ついでに自然環境をとても愛する人間としては、頭くることはたくさんあったワケよ。

    私のザリガニ釣りの漁場、何よりも善女龍王さまの棲家であった池の底、周りをコンクリで固めてくれちゃって、折角の龍を追い出した(龍が棲むという伝説があったのよ)とかさ。

    例えばこの写真、五百羅漢さまたちの並んでいる風景だけどさ、

    五百羅漢2013/10/29-1

    五百羅漢2013/10/29-2

    五百羅漢2013/10/29-3

    五百羅漢2013/10/29-4

    現在は背景に思いっきり人家が見えているけど、羅漢さまのいらっしゃるところは、かつてはとても綺麗な並木だったんだ(確か桜だよ)。
    五百羅漢さまを並べるために、全部伐ったんだよね。

    羅漢さまは一体でいくらの寄進の対象だからさ・・・・ま、そういうことよ。

    他にも一極集中ビジネスをやってるおかげで、もともと寂れてた町がもっと寂れちゃったし、なんてそんなことはあんまり語りたくないからもう書かないけど、とにかく「池」と「並木」の件だけでもあたしは・・・・なのよ。


    というところで、本日も事件のあった現場から臨場感溢れる中継でお送りします(なんちゃって。ははは)。


    ハイ、で、こちらは本日の南大門。

    南大門2013/10/29-1

    確か昨日は無かった五色の布でおめかししております。
    もうすぐ「空海まつり」とかいうものが始まるからなのよん。
    (全国ニュースは、祭りに人を呼ぶための話題づくりだったのか? ← ははは)

    なので御影堂の方では、

    御影堂2013/10/29-1

    菊花展やってます。

    菊花展2013/10/29-1

    菊花展2013/10/29-4

    即売もしてるのよ。

    菊花展2013/10/29-2

    菊花展2013/10/29-3

    毎年やってる行事です。
    興味のある方はお越しくださいませね。


    で、私が最近気になってたのがこちら。お寺の裏手では、

    花梨2013/10/29-1

    花梨の実がなってるの。

    花梨2013/10/29-2

    花梨2013/10/29-3

    花梨2013/10/29-4

    もう落ちてるのもあったりして。

    花梨2013/10/29-7

    ちょっと前から実には気がついていたんだけど、雨が続いていたんで写真が撮れなかったのよ。

    春はこんなだったんだけどね、

    花梨2013/4/13-1

    花梨2013/4/13-4

    花梨2013/4/13-9

    花梨2013/4/13-10

    今はこうなって、

    花梨2013/10/29-8

    花梨2013/10/29-5

    花梨2013/10/29-6

    時の流れというものは、なかなか面白いね。

    ま、いろいろあっても、晴れて花梨の写真が撮れて嬉しかった私、なのであったよ。













    いつものお散歩道。

    私がよく楽しんで読んでいるチャネリング情報が、最近なんだか騒がしい。
    次元上昇がいよいよ、な雰囲気で盛り上がっている。

    正しくは、もうとっくにこの世界は5次元に移行しているんだがそれが一般人にもわかるようになる、とか、そんな感じ。

    私みたいにニブイ奴にもわかるんだろうか? うーむ。

    で、ちょっと期待しながら、もしかデイスクロージャーして、友好的で素敵な宇宙人がUFOで降りてきちゃったら、などと空想しながら、ウチの近隣でUFOが着陸できそうな場所はあったかしら、とちょっと考えてみた。

    お散歩しながら、真っ先に頭に浮かんだのは讃岐宮(護国神社)。

    讃岐宮2013/10/28-1

    写真ではいまいち表現できなかったが、ココは結構広いよ。

    後は善通寺の伽藍。

    善通寺2013/10/28-1

    善通寺2013/10/28-2

    ただし、ココは素敵に木がポツポツと植わっているので、それが障害物となり単純に讃岐宮ほどの広さはない。

    裏手に駐車場もあるけど、

    裏の駐車場善通寺2013/10/28-1

    風情が無いし、当たり前すぎて面白くないよね(ってなんだよそれ;;)

    もしかUFOが小型でしたら、やはり伽藍がおススメです。

    大楠と

    善通寺大楠2013/10/28-1

    五重塔で

    善通寺五重塔2013/10/28-1

    旅情を御満喫ください(って誰に向かって言ってるのさ;;)。


    ま、我が町は自衛隊の駐屯地でもあるので、その辺の関係で広めの場所はあると思うけど、自衛隊さんの場所には私は入ったことないのでわからないし、もっと風情がないよね(だから「風情」ってなんだよ;;)。

    ああ、最近は入ったこと無いのでハッキリとはわからないけど、四国学院大学のキャンパスもかなり広いと思う。

    あそこ、結構イイッスよ(だから誰に向かって言ってるんだよ;;)。

    さすがに遠慮して写真を用意できなかったので(ははは;;)、そこを撮影現場とした映画の予告編を貼っときますね。

    時々チラチラと見える緑の広い場所ですよん。
    私のイチオシです(だから誰に・・・;;)。

    STMB Trailer


    ま、UFOを操れるような素敵な宇宙人は別次元から来たりするので、本気出したら(本気出したら?)あんまり3次元的な広さは必要ないかもしれないけど、ウチの近隣は以上のような広めの場所もあるし、人間も少ないし、緑も多くてのんびりしているので、イイ感じだと思います。

    だから、来てください。待ってます。しょうこ。(だから、誰に向かって・・・;;)


    ああ、そろそろ『サマータイムマシン・ブルース』観なくちゃな・・・・。
    今度観よおっと。







    サマータイムマシン・ブルース 【DVD】

    サマータイムマシン・ブルース 【DVD】
    価格:2,363円(税込、送料別)


    <HMV レビュー>
     いつもと同じようで何だか変な夏の一日
     想像もつかないような事態が次々と巻き起こって…!?
     眼の前に突然タイムマシン! さぁ、どーする?

    ・「踊る大捜査線」の本広監督がプロデュース!
    『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』で実写映画の興行記録を塗り替え、スピンオフ企画『交渉人 真下正義』も大ヒット。日本を代表するヒットメーカー・本広克行が新たに選んだ題材は、なんとタイムマシン!!
    ・映画の企画は2003年夏、本広監督が偶然ある芝居を観た事から始まった・・・
    ・下北沢の劇場で上演された「サマータイムマシン・ブルース2003」という作品。京都の劇団「ヨーロッパ企画」によるこの公演は、「オモシロすぎ!!」と多くの観客がつめかけ話題を呼んだ。もともと芝居好きの本広監督の「原点に返って大好きな演劇とのコラボをしたい!」「タイムマシンをテーマにした映画を作りたい!」との熱すぎる思いが一気に高まり、映画化が決定!今回は自ら初プロデュースを買って出るほどの気合の入りようだ。
    ・ヒロインは『スウィングガールズ』の上野樹里!
    ヒロイン役は『スウィングガールズ』『エンジン』でと波に乗る上野樹里。今回も突飛な設定ながら、その爽やかな魅力は健在!主演を務めるのは「ウォーターボーイズ」「オレンジデイズ」などの連ドラで人気急上昇中の瑛太。「SF研究会」の中心人物として数々と巻き起こるトラブルに対処しつつ、コミカルな演技から切なさを漂わせる表情まで見事に演じ分け、若手注目株の中でも一味違う実力を示している。

    <内容詳細>
    マジに暑すぎる夏、とある大学の「SF研究会」部室。SF研究などせずぐったりと夏休みを過ごす5人の男子学生と、2人の女性写真部員。前日にクーラーのリモコンが壊れて猛暑に悩まされるなか、ふと見ると部屋の隅に突然タイムマシンが!!!! 「ためしに昨日に帰って壊れる前のリモコン取ってこよう」と軽い気持ちで乗ってみたら、さぁ大変。想像もつかないような事態が次々と巻き起こって…!?

    監督:本広克行
    キャスト:瑛太 / 上野樹里 / 与座嘉秋 / 川岡大次郎 / ムロツヨシ / 永野宗典 / 本多力 / 真木よう子 / 升毅 / 三上市朗 / 楠見薫 / 川下大洋 / 佐々木蔵之介


    珍しくお外でランチ。

    朝からなぜかドリアが食べたくて、ライチタイムにドリアランチを常備しているお店に行って、エビドリアを食べたよ。

    で、食後の紅茶を飲みながら、急に写真をとりたくなってパチリ。

    足あとブックカバー2013/10/28-1

    コレは私がすごく以前に買った革のブックカバー。

    足あとブックカバー2013/10/28-2

    名前入りです。

    足あとブックカバー2013/10/28-4

    で、動物の足あとが型押ししてあるの。

    足あとブックカバー2013/10/28-5

    足あとブックカバー2013/10/28-6

    コレを買ったのは埼玉に居た頃で、TVの『ぶらり途中下車の旅』という番組で紹介されているを見て、すごく欲しくなったから。

    革製品専門店で、確かお店は西荻窪にあって、ミーハーだけどわざわざそこまで買いに行った。
    今だったら、とてもそんなことはしないと思う。若いっていいね(ってなんだよそれ)。

    で、そこのお店で迷わずにこのブックカバーを買ったら、お店の御主人がカバーに名前を入れてくれながら、
    「テレビで観たんですか?」
    と、とても迷惑そうに言ったのが、今でも印象に残っている。

    そう、お店にはカバンなどの御主人自慢の作品がたくさんあった。なのに、ブックカバーばかり売れて、作らされて、ウンザリしてたんじゃないかな?

    あのお店はどうなったかしら? と、しばし想いをはせたが、今の私は革製品は買わないと決めたから、もう関係ない、かな。
    でも、そう決める前に買ったものは、ずっと大切に使い続けるつもりだけどね。


    さて、ココのお店は、いつもお花が綺麗です。

    ナッシュピルのお花2013/10/28-1

    ネットで紹介されていた記事にも、お料理と同時にお花のことも誉めてあったよ。

    ナッシュピルのお花2013/10/28-2

    そういえば、私は一時期なんちゃってマクロビの食事をしていたせいもあり、その頃から乳製品もあまり食べなくなっていたのだけれど、ときどーき(時々)すごくグラタンとかドリアとか食べたくなって、たまーに食べる。


    革製品と乳製品ものは、今の私には縁遠いはずのものだが、その二つの珍しいもの揃い踏みな本日のランチタイム、であったよ。











    <HMV レビュー>
    「面白ネタのヒントは死角にあり」「下車する駅は直感で決めよう」…。テレビ番組「ぶらり途中下車の旅」のこれまでの放送から導き出された、散歩がもっと楽しくなる10の法則を紹介します。
    内容詳細 あなたの散歩がもっと楽しくなる10の法則。
    <目次>
     1 まずは、上下左右をキョロキョロ…!看板、張り紙、面白ネタのヒントは、死角にあり/ 2 公園、河原、行列、大学のキャンパス…人だかりの中に面白ネタあり/ 3 思い出いっぱいの駅で降りよう!学生時代、駆け出し時代、新婚時代…あのころのあなたに会える/ 4 何も持たずに「こんにちは」「すみません」「ハロー」…あいさつから始めよう/ 5 駅の名前、風景、なんとなく…その駅で下車するかしないかは、直感で決めよう!/ 6 「何の音?」「何のニオイ?」耳を澄まし、鼻をきかせれば、素敵な出合いが見つかる/ 7 出発前の腹ごしらえ、旅の途中で一服、旅の締めにもがっつり。「食べる」はぶらり旅の醍醐味/ 8 「おやっ?」と思ったら、地図を見ないで人にきけ!人との出会いがぶらり旅を動かす/ 9 「看板に偽りなし!」名店でも、迷店(?)でも、ひとまず看板メニューをいただきましょう!/ 10 「あは!」「どうしました?」「どっひゃー」。滝口さんの口真似で、「ぶらり途中下車の旅」の達人になれる!



    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    越路吹雪。この不世出の歌姫に、親友として、マネージャーとして寄り添った著者が捧げるレクイエム。宝塚での青春の日々、作詞家・岩谷時子の旅立ち…。どんな時にも、傍には友の笑顔があった。時を越えて甦るあの曲、あの歌声。ミュージカル・ファン、友情と人生を考えるひとびとに贈る珠玉の1冊。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    1 わが青春の越路吹雪さん/2 私の宝塚/3 好きな季節/4 美しいことば/5 素敵なひとびと/6 ラスト・クリスマス/7 哀しみが始まる日/8 なにをたずねて幾千里




    岩谷時子氏が亡くなられた。享年97歳。(もうそんな御歳だったんですね。)

    岩谷時子氏といえば、越路吹雪氏との関係や、加山雄三氏の大ヒット曲「お嫁においで」の作詞家として知られているけれど、私としては、個人的な意見ですまないけれども、アニメ『宝島』の主題歌という私の大好きな曲の作詞した方なんです。

    それに・・・・・

    『徹子の部屋』だったと思うけれど、私のもはや定かではないテレビ視聴の記憶によると、黒柳徹子さんのインタビューに答えた岩谷時子さんは、このようにお話されていた、と思う。

    「私は「君といつまでも」の作詞をしたけれども、あの一世を風靡した途中の台詞は書いてはいません。加山さんが、歌う時に勝手に付け加えたんです。「いいだろう?」なんてあんな台詞、私が書くわけないじゃないですか」

    確かに、男性が女性に向かって愛を語りかけるその中に「いいだろ?」という言葉が入るのは、あまりにもあまりだと私も思いました。
    (これに関しては、そう思う人とそう思わない人にハッキリと分けられると思います。そんなこと、感じたり考えたりしたこともない方の方が多いでしょう。でも感受性の強い作詞家の、それも女性の方にしてみれば、名誉毀損に等しかったかもしれませんね)

    というワケで、私は岩谷時子氏の代表作としては、誤解を招く「君といつまでも」は入れないで、「愛の讃歌」(訳詞)、ザ・ピーナッツ「ウナ・セラ・ディ東京」、そしてアニメ『宝島』の主題歌を挙げておきます。

    素晴らしい歌の作詞をありがとうございました。
    御冥福をお祈りします。






    Takarajima


    ※ ・・・・さあ行こう 夢にみた島へと /波をこえて 風にのって 海へでよう /行く手には みんなまだ知らない /ふしぎな昼と夜とが待っているだろう /いつも信じよう まごころを /勇気をむねに すすもうよ /ただひとつの あこがれだけは どこのだれにも けせはしないさ・・・
     こんなに見事に少年の憧れを表現した歌を私は知りません。すべてを引用したいくらいの素晴らしい歌詞です。羽田健太郎さんの曲も、本当に素晴らしい。最高です。


    ウナ・セラ・ディ東京 ザ・ピーナッツ 1964


    ※ ・・・あの人はもう 私のことを /忘れたかしら とても淋しい /街は いつでも /後ろ姿の 幸せばかり /ウナ・セラ・ディ東京 ああ……


    越路吹雪 - 愛の賛歌


    ※ ・・・ただ命の限り あたしは愛したい /命の限りに あなたを愛するの    









    *岩谷時子「人生はすぎゆく」*岩谷時子「人生はすぎゆく」
    (1998/12/10)
    岩谷 時子

    商品詳細を見る

    <内容>(「BOOK」データベースより)
    岩谷時子自身の選による108篇の詞と、それらを共に創りあげた作曲家や歌い手たちにまつわるエッセイを収めた珠玉の作品集。
    <内容>(「MARC」データベースより)
    「愛の讃歌」「サン・トワ・マミー」「お嫁においで」「旅人よ」「恋のバカンス」他、岩谷時子自身の選による108篇の詞と、それらを共に創りあげた作曲家や歌い手たちにまつわるエッセイを収めた珠玉の作品集。


    夢の中に君がいる―越路吹雪メモリアル夢の中に君がいる―越路吹雪メモリアル
    (1999/10)
    越路 吹雪、岩谷 時子 他

    商品詳細を見る

    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    今から四十六年前(昭和二十八年)越路吹雪さんは、シャンソンを歌いつづけるなら本場でシャンソンを聞き、パリの風にもふれたいと単身パリへと旅立った。若い日の想い出になるからと、私は彼女に日記を書くことをすすめた。生活も言葉もちがう国で、そんな余裕はないだろうと思っていたが、思いがけず日記を書いて帰国した。飾り気のない、一生一度の、いかにも彼女らしい日記だった。(岩谷時子「はじめに」より)。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    序章 同行二人/第1章 パリ日記/第2章 南米日記/第3章 奇妙な夢/第4章 人生は過ぎゆく


    本田美奈子.甦れアメイジング・グレイス―歌がつないだ“いのち”の対話 (CDブック)本田美奈子.甦れアメイジング・グレイス―歌がつないだ“いのち”の対話 (CDブック)
    (2008/10/25)
    本田 美奈子、岩谷 時子 他

    商品詳細を見る

    <内容紹介>
     生きるって、素晴らしい
     最期まで歌うこと、生きることをあきらめなかった本田美奈子.。励まし励まされた恩師・岩谷時子との“いのち”の対話
     白血病と闘う本田美奈子.は、同じ病院に入院してきた作詞家・岩谷時子を励ますため、ボイスレコーダーに毎日メッセージと歌を吹き込み続けた。
     生きる勇気を与えてくれる感動のドキュメント!!



    6「祈り(キリエ)より」本田美奈子.最期のボイスレター


    アメイジング・グレイス / 本田美奈子





    いつものお散歩道。

    晴れたから金木犀の写真を撮るぞー、と勇んで出かけたものの・・・・

    金木犀2013/10/27-1

    あんまり上手く撮れなかった・・・・;;

    金木犀2013/10/27-2

    金木犀2013/10/27-3

    金木犀2013/10/27-4

    お花がちっちゃくて、なんか撮りにくいんだよね・・・。
    ゴメン、金木犀・・・・。

    ま、それでも久しぶりのお天気で気持ち良さそうでした。

    金木犀2013/10/27-5

    金木犀2013/10/27-6

    で、コレは四国学院大学の金木犀なんだけど、最近、四国学院大学の前を通りかかると、いつも凄い金木犀の香りがしていて、不思議だなー、写真を撮ったコノ子たちの香りが特別に強いのかなー、と思っていたら、ふと、柵の向こうを見ると、

    金木犀2013/10/27-7

    このように、

    金木犀2013/10/27-8

    駐輪場のところ一面に、

    金木犀2013/10/27-13

    金木犀が植えられていたのだった・・・。
    あんだけ大量に植わっていたら、そりゃ香りもするよ。


    で、その後も、見かけた金木犀の写真を撮りながら、

    金木犀2013/10/27-9

    お散歩を続けた私であったが、稲荷神社に到着して、

    蟷螂2013/10/27-1

    思い出した。
    昨日鳥居正面の木の枝に、蜘蛛の巣に引っかかったカマキリがいたことを。

    カマキリは、まだ蜘蛛の巣に引っかかっていた・・・・。

    蟷螂2013/10/27-2

    写真はボケてしまったが、ま、あんまりアップではっきりと見るものでもないので、これでオッケーね。

    で、茶色のカマキリで干からびて見えたし、それに昨日から引っかかってるのを知っていたから、もう死んでいるだろうと思って、せめて土の上に置いてやった方が自然に還れていいんじゃないかと考え、止せばいいのに、そのカマキリを蜘蛛の糸からはずしにかかったんだよ、私。

    で、それが高い位置でぶらさがっていたもんで、私の手が届くのが逆さにぶらさがったカマキリのお手て(鎌のところ)だったんで、そこをつまんだら・・・

    ・・・・まだ、生きていたっ。

    で、びっくりしてその場を離れたんだけども、それはそれでやっぱしこのままにしといたら確実に死んじゃうだろうと思ったので、その辺に落ちていた枯れ枝で蜘蛛の糸を引っ掛けて切って、カマキリを落とした。

    そしたらば・・・
    そのまま、うずくまってる。

    そしてヨロヨロと動こうとしてるんだが、あんまし動けないカマキリ・・・。

    で、しょーがないので、どこかエサが取れそうな場所を探して、つってもその辺の草むらだけど、カマキリを放せる場所を物色しながら山道を歩くことしばし、結局、ちょっと上に公園があったので、そこの草むらにカマキリを放してやったよ。

    ま、またしてもレスキューした気になってるだけの、彼らにとっては迷惑行為かもしれないが、私はそんなことをしてしまった。

    でもね・・・指でつまんで辺りを物色している間中、なんか、カマキリがあたしの方をずっとじっと見ていてさ、なんか妙な気分がしていたんだよ。

    私はちょっとカマキリくんに友情を感じてしまったんだけど、カマキリくんの方はどう思ってたかしら?
    変な人間って、呆れてたかもね。うむむむむ。


    そんな寄り道をしながら、いつものコースにもどり、善女龍王さまのところまで行ったら、ずっとつぼみのままだったお供えの竜胆が

    竜胆2013/10/27-1

    今日は咲いてた。

    竜胆2013/10/27-2

    竜胆2013/10/27-3

    竜胆2013/10/27-5

    うーん、コレが私が見た今年初の竜胆さんです。

    竜胆2013/10/27-7

    綺麗で、可愛いかったですじゃ。


    その後もお散歩の間中、山ほど金木犀を見かけて、

    金木犀2013/10/27-10

    金木犀2013/10/27-11

    金木犀2013/10/27-12

    今はどこも金木犀の天下であるなと思った本日の私、であったよ。

    町中をその香りで充満させている金木犀の快進撃は、しばし続くものと思われる。ふむ。











    リンドウ苗

    リンドウ苗
    価格:264円(税込、送料別)




    いつものお散歩道。

    なので、コレは

    雨の讃岐宮2013/10/25-1

    滝の写真ではないよ。

    雨の讃岐宮2013/10/25-2

    このように

    雨の讃岐宮2013/10/25-3

    雨水が溜まり過ぎちゃって

    雨の讃岐宮2013/10/25-4

    それが滝のようにこぼれて側溝、というか、川に流れ込んでいるのよ。

    ちなみにこの場所は、秋が深まると

    讃岐宮落葉2012/11-1

    讃岐宮落葉2012/11-2

    こんな感じになる讃岐宮の玄関付近。

    なので、讃岐宮の大鳥居のところも、

    雨の讃岐宮2013/10/25-5

    このように洪水なので、

    雨の讃岐宮2013/10/25-6

    ちょっと回り道して参拝した。
    (私の防水自慢のお散歩靴なら強行突破もできるけどさ、ま、そこまでしなくても、ね)

    回り道参拝で思い出すのが、この前の台風の時のことで、ああ、やっぱりお寺の裏の川は増水していた。

    お寺の裏の川2013/10/25-1

    お寺の裏の川2013/10/25-2

    いつもは小鷺さんが、ひょこひょこ歩いて遊んでいるような

    小鷺2013/10/8-1

    小鷺2013/8/22-3

    あんまり水の無い川なんだけどね。

    でも、本日は、9月の台風の時みたいな時々凄い豪雨と風、といった感じじゃなくて、ずーっと降り続けている雨の努力がこんなになりました、って感じです。

    私の住む地域では、ニュースなんかで伝えられているような「凄い雨」ということはないです。
    もともとあんまり雨の降らない地域だからね。

    ま、水不足No,1の実力は、ダテじゃないですね(って、なんだよそれ;;)。


    殺風景なのでお花の写真でしめますが、ああ、金木犀、そろそろちゃんとした写真を撮りたいのに、雨続きで本格撮影モードになれないのが辛い。

    コレは、本日の雨の中のヤツ。

    金木犀2013/10/25-1

    ボケてしまって残念。

    それでコレが、数日前の薄曇りの時に撮った写真なんだけど、

    金木犀2013/10/23-1

    まだ、つぼみばっかしでした。

    金木犀2013/10/23-4

    金木犀2013/10/23-5

    金木犀2013/10/23-3

    それが今はかなり咲き始めていて、いい香りがしているので、

    金木犀2013/10/23-2

    晴れた日にピカピカの写真が撮りたいよと思っている私、なのです。

    ああ、ホントに早く晴れないかな・・・・。













    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。