以前ブログにも書いた「そこは夢見た場所」。

    夢見た場所

    新しい時代が来るんだから、もちろん私も新生活を始めるワケで、そのときに素敵な生活をするためには引き寄せの法則、それを現実化をするために一番大事なのは「もうすでにそうなっている」と思い込むことだから、その時のために妄想をたくましくしている、というのがこのコーナー「夢の山小屋妄想計画」。

    さて、今回は・・・・・・



    お散歩をしている時のこと、

    こんなのを見かけたり

    桜の樹2013/3/31-1

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-2

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-3

    こんなのや

    市民会館の桜2013/4-1

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-4

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-5

    こんなのや

    善通寺羅漢と桜2013/4-1

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-6

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-7

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-8

    こんなのを

    桜の樹2013/3/31-9

    見かけると、やはり私の夢の山小屋にはMy桜の一本も欲しいと思うのである。

    なので最低でも一本は桜を植えて、小さなマリオと

    小さなマリオ2008/3/23-1

    お花見するんだ。

    善通寺の桜2013/3/31-11

    善通寺の桜2012

    善通寺の桜2013

    お花見ビール2012/4/12-2


    桜があるんなら、ついでにお天気の日にお外で休憩用の楠も欲しいな。
    とりあえずこんなの。

    楠2013/3/31-1

    石の幅広ベンチもあって、なかなか良さげ。

    楠ベンチ1

    ん? 大きすぎるんじゃないの、と、どこかから声がするぞ。

    ・・・・・うん、一般的にはそうかもしれないけど、私の楠のスターンダード基準って、コレだから

    楠2013/3/31-2

    スタンダード基準に照らし合わせると、コレでもとっても慎ましいサイズなのよ。うん。

    こっちでは石のベンチに腰掛けて、

    楠ベンチ2

    楠の葉っぱを仰ぎ見ながら、

    楠2013/3/31-3

    楠2013/3/31-4

    大きなマリオと

    マリオ2006/2/13-11

    マリオ2008/3/18-1

    もっと過激(? なんだそれ)な妄想計画をたてるつもり。

    ・・・・・・・・・・

    うーん、どんどん空想が巨大化しているが、ま、いっか、ということにしておこう。ほほほのほ








    ミニ苗:クスノキ

    ミニ苗:クスノキ
    価格:780円(税込、送料別)







    どうも最近、何気にカードを引いてしまうことがあり、それでちょこっとブログを書いてしまうことが増えている。

    引かなきゃいいんだけど(;;)、引いて気になったんでちょっと御紹介。

    同じ日ではないんだけど、満月のカードの後、何気に「混沌」のカードを引いて「おや、久しぶり」と思った数日後に、また「混沌」のカードを引いた・・・・。


    混沌

    「混沌」のカードは、普通のタロットカードで言えば、正位置で出ても逆位置で出ても、ま、どっちに転んでもロクでもない「塔」のカードなんで、気持ち的にちょっとビビる部分もあるんだけど、覚悟してればあんまし恐くない、はずです。

    ちょっと解説しようかと思ったんだが、過去に書いた占いがよく書けているので、気になる方はこちらのページを御覧下さい。

    これはある年の瀬(12月半ばだけど)の満月の時の占いなんで、そこのところを年度末と置き換えて読んでみると今にピッタリなんじゃないでしょうか。


    と、いうところで、突然の思いつき占い記事でしたー。
    年度末も頑張っていきまっしょいっ!



    <追記>
    よく読んでみると「補助のカード」もバッチリですね(笑)。ひょっとしたら、これを書いた時と流れが似ているのかな? 2011年12月10日頃に起こったことを思い出してみるのもいいかもしれません。御参考までに。





    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    にほんブログ村



    Vision Quest TarotVision Quest Tarot
    (1999/03)
    Gayan Sylvie WinterJo Dose

    商品詳細を見る


    メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋
    (1991/06/01)
    サン・ベアワブン

    商品詳細を見る



    SilkySilky
    (2013/02/13)
    坂口良子

    商品詳細を見る



    坂口良子さんの訃報を聞いてびっくりした。まだ若いでしょうに・・・・。


    坂口良子さんといえば子供の頃からテレビドラマでおなじみの女優さんで、私から見ても、綺麗でとっても可愛いお姉さんという印象の人だった。

    で、ついYouTubeで動画検索してしまい、見つけたのがコレ。


    超絶かわいかった坂口良子


    確かに、「超絶」可愛いっ!


    ・・・・・・だったんだけど、動画が観えなくなったので;;、こっちを貼っておきます。


    追悼~坂口良子CM集



    やっぱり、「超絶」可愛いっ!



    私としては、いろんなドラマでその姿を拝見していたから、なかなかコレというものを思い出せないけど、映画では、


    市川昆監督作品の横溝映画『犬神家の一族』で、名探偵・金田一耕助の宿泊する宿で働く女の子(だったと思う)で、いつの間にか金田一の助手のようにお手伝いをするのが可愛いかった。

    金田一に「今日の朝食は何が美味しかった?」と訊いて「生タマゴ」と答えられムッとしちゃうとか、お手伝いの調査報告のお礼として金田一にうどんを奢ってもらうのだが、食べている間中金田一が質問する(それでも質問の最後には「食べなさい、食べなさい」と金田一は促す)ので、いつしか食欲減退。金田一が「食べないの?」と訊くと、そんなに質問されたら落ち着いて食べられない、とかなんとか返事をすると、「あ、そう。じゃお勘定!」とさっさとお勘定されちゃうとか。

    どうもこういうシーンが好評だったらしく、その後の市川監督の横溝シリーズにも、劇中でちょこっと金田一にからむ(もちろん犯人じゃない)可愛い役で出演していた。

    横溝シリーズじゃない市川作品にも出演していたところを見ると、


    監督に気に入られていたのでしょう。


    ああ、なんか、こういう可愛い女性が亡くなってしまうのは、とても寂しい。

    御冥福をお祈りします。








    ※この本の「表紙・巻頭は、坂口良子さん・杏里さん親子が、若々しくて素敵な親子ペアの着こなし術を紹介。」しているそうです。


    ハクモクレンの記事を書きながら、「白い炎」といえば斉藤由貴だよね、

    Yuki Saito - Shiroi Hono / Español / 斉藤由貴 - 白い炎


    と、ハクモクレンの記事の「おまけ」として掲載しようとYou Tube遊びをしているうちに、ああ、また捕まってしまった;;
    斉藤由貴の「MAY」。

    斉藤由貴  MAY - photo -


    この曲好きでした。と言うより、今でも大好きです。

    好きな男の子のことを、秘かに自分の心の中でだけ「MAY(メイ)」って呼んでる内気な少女。

    「ふたりでいる時も 自分だけの夢を見て」いて、それが自分でもわかってて「ばかね 私 あなたを喜ばせたい」と思っているのに、「なのに この夢から出られない」と歌う。

    「だけど 好きよ好きよ好きよ 誰よりも・・・・好きよ」と「世界がふるえるほどに」思ってるんだな。
    心の中でだけ。

    現実の愛も欲しいけど、それが現実になってしまうのもまだ嫌、という、恋に恋する少女の心。
    直感的に、夢の世界での恋の方が楽しいことを知っている、このどこかしたたかな心。
    ああ、なんという凄まじいまでの少女趣味。

    ま、作詞は谷山浩子さんなんで「さすが」と言っておきましょう。


    で、ついでに薬師丸ひろ子の「夢の中へ」も聴いてしまった。

    好きな人と一緒にいて、いつも着ているものよりも華やかな色のブラウスに変えて来たのに、なんか気づいてくれてないのかな「ねぇ あなた なぜ無口なの」。

    しかし「でも いいの そのままで」。

     夢の中へ あなたの手を引いて 連れて行きたいの
     夢の中へ わたしだけが あなたの話を聞くの
     夢の中へ わたしだけが あなたと話をするの


    ・・・・炸裂です(笑)。

    恋は「夢の中」でひとり楽しんでいる時が一番楽しかったりする、こともある。

    なんか、「少女趣味よ永遠にっ!」とか言いたくなる時間を過ごした私なのでありましたよ。









    曲目タイトル:
    1.ガラスの鼓動::千の風音 (イマジネーション・ヴァージョン)[4:32] 2.ガラスの鼓動::月野原[3:18] 3.ガラスの鼓動::土曜日のタマネギ[3:42] 4.ガラスの鼓動::初戀[3:36] 5.ガラスの鼓動::情熱[4:57] 6.ガラスの鼓動::コスモス通信 (ストリングス・ヴァージョン)[4:55] 7.ガラスの鼓動::パジャマのシンデレラ[4:31] 8.ガラスの鼓動::お引越し・忘れもの[4:43] 9.ガラスの鼓動::海の絵葉書[4:16] 10.ガラスの鼓動::今だけの真実[3:51] 11.SINGLE COLLECTION::卒業[4:43] 12.SINGLE COLLECTION::白い炎[4:15] 13.SINGLE COLLECTION::悲しみよ こんにちは[3:57] 14.SINGLE COLLECTION::青空のかけら[3:54] 15.SINGLE COLLECTION::MAY[4:50] 16.SINGLE COLLECTION::砂の城[4:00] 17.SINGLE COLLECTION::「さよなら」[4:38] 18.SINGLE COLLECTION::夢の中へ[3:32]


    曲目タイトル:
    1.あなたを・もっと・知りたくて[4:10] 2.瞳で話して[4:03] 3.星紀行~キャメルの伝説~[4:01] 4.バンブー・ボート[4:02] 5.麦わら帽子のアン[3:55] 6.夢の中へ[4:42] 7.天に星.地に花.[3:05] 8.胸の振子[4:17] 9.未完成[5:13] 10.時代 (ニュー・リミックス・バージョン)[3:48] 11.冬のバラ[4:38] 12.探偵物語 (ストリングス・バージョン)[3:54]


    善通寺の東院と西院の間に位置する、いつもお花の綺麗な(鳥さんたちの遊び場の)華蔵院。

    塀の向こうからも、でっかい白木蓮が見える。

    華蔵院の白木蓮2013/3-1

    華蔵院の白木蓮2013/3-2

    華蔵院の白木蓮2013/3-3

    華蔵院の白木蓮2013/3-4

    毎年同じこと思うけど、ホントに白木蓮は春の白いたいまつ、白い炎みたいに見えるね。


    で、こちらは市役所の白木蓮。

    市役所の白木蓮2013/3-1

    小ぶりの木なので、花のアップが撮れる。

    市役所の白木蓮2013/3-2

    木が小さいから花も少なめで、激しく燃える白い炎という感じはないけど、春の薄ぼんやりとした空気の中で夢の中にいるみたいに咲いてるのも、

    市役所の白木蓮2013/3-3

    なかなか風情があっていいな、と思ったよ。








    庭木:ハクレン(白木蓮)/モクレン

    庭木:ハクレン(白木蓮)/モクレン
    価格:2,100円(税込、送料別)







    今回の「満月の一枚」はあっさりと終えたけど・・・・、なんか気になっているので、ちょっとオマケを書いときますね。

    今回の占いで目立ったのは、メインカードの「火の9」ではなく「恋人たち」でした。

    恋人たち

    シャッフルの時に、何度かこぼれたんだわ。

    で、今回の占いの後で、何気にまたカードを引いてみたんですが、それがこの2枚。
    「メディスンマン」と

    メディスンマン

    「メディスンウーマン」

    メディスンウーマン

    「内なる男性的要素」と「内なる女性的要素」が揃って出たんですよ。

    連想されるのは「結婚」。
    それもすごく精神性の高いカードですから、精神の結婚。内なる男性性と女性性の統合。
    ひいては、陰陽の統合、二元性の統合。

    世界は二極化が進んでいると言われていますが、案外、ある部分では両極端のものが統合される、無くなる、友好的に共存する、なんてこともあるかも。

    個人的には、ポジティブとネガティブがうまく混ざり合って、ひと皮むけたというか、人間的に一段階上がったようなイイ感じになれることもあるかもしれない、よん、という気がしました。



    ま、ご参考までに。







    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    インディアンの死生観を味わう。いつかどこかでまた会おう。大地に根ざして年を重ねたインディアンたちの大らかで、重みのある言葉-心の糧として、あなたに何度も噛みしめてほしい。


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    ネイティブ・アメリカンは教えてくれる。野に咲くバラや過ぎゆく雲を見つめる大切さを。人間は自然によってこそ生かされ、幸せを与えられているのだということを-。ベストセラー『今日は死ぬのにもってこいの日』のナンシー・ウッドが、12の月にまつわるネイティブ・アメリカンの叡智を美しい詩と文章にのせて描きだした、愛と感動の大きなメッセージ。カラーイラスト16頁を収録。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    月の十二の大きな通り道/一月-おとこ月/二月-風が大きい月/三月-灰の月/四月-植える月/五月-トウモロコシを植える月/六月 トウモロコシの穂が出る月/七月-太陽の家の月/八月-湖の月/九月-トウモロコシの実る月/十月-葉の落ちる月/十一月-トウモロコシを蓄える月/十二月-夜の火の月


    ひょんなことから私が異次元の梅と呼んでいる枝垂れ梅。

    umezr2133-5.jpg

    水辺で毎日マイペースに、

    異次元の梅2013/3-1

    異次元の梅2013/3-3

    異次元の梅2013/3-6

    異次元の梅2013/3-8

    異次元の梅2013/3-10

    おっとりと咲いておりましたね。


    <以下、観察日記写真>

    ほとんど咲いていない状態から、

    異次元の梅2013/3-1

    umezr2133-7.jpg

    異次元の梅2013/3-9

    こんな感じにまでなりましたよん。

    umezr2133-11.jpg



    さて、最後は讃岐の宮の終わりかけの梅。

    讃岐の宮の梅2013/3-5

    もうそろそろ終わりって頃の梅は、なんか一気に容色が衰える感じなんだが、それでも妙に勢いがあったこの梅。

    讃岐の宮の梅2013/3-3

    讃岐の宮の梅2013/3-4

    讃岐の宮の梅2013/3-6

    つい青空をバックに撮ってしまった;;

    讃岐の宮の梅2013/3-1

    なかなか気持ち良さそうだったよん。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    あー、やっと終わった。
    もう梅の写真は撮らないぞっ(もうお花終わってるから大丈夫。笑)。













    さて、こちらも佐伯廟前の枝垂れ梅、紅梅の方。

    ちょぼちょぼと蕾がほころんで

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-1

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-2

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-3

    まるで絵に描いたような梅の花が咲く頃には、

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-4

    全体もこんな感じになって、参詣の人たちが足を止めるようになり、

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-8

    立ち止まって

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-5

    写真撮影をする人も増えた。

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-9

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-15


    時には雨に降られ、

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-21

    風に煽られたりしたけど、

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-19

    たいていはゴキゲンで過ごしていたよ。

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-16



    <以下、観察日記写真>

    蕾だったものが

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-10

    どんどん開いていく。

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-14


    始めは、遠くから見ると咲いているのなんてまったくわからなかったんだけど、

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-13

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-17

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-22

    最後にはだいぶ目立つようになってました。


    咲くのも危ぶまれていた花だったけど、結構綺麗に咲いた。

    でもね・・・・

    やっぱり無理させたせいか、花は咲いてても色が褪せるのが早くて、なんか可哀想だった。

    善通寺の枝垂れ紅梅2013/3-7

    来年はもっと丈夫になって永く鮮やかに、そしてもっと楽しく咲けるといいね。

    待ってるわよん。