四国学院大学の前を通った時、門の向こうでこちらをうかがう可愛いコが見えた。

    アガパンサス2012/6/30-1

    校門からほんのちょっと入った所だ。
    知らん顔してなにげに門の中に入り、ずうずうしくも撮影を始める。

    薄紫が綺麗なアガパンサス。
    紫君子蘭(むらさきくんしらん)なんて、カッコいい別名もある。

    アガパンサス2012/6/30-2

    雨の中なので、水も滴る素敵なコだったよん。

    アガパンサス2012/6/30-3


    で、帰り道でまたあの真っ白ムクゲを見かける。

    白槿2012/6/30-1

    雨に濡れる風情が、また良かったです。はい。



















    ムクゲ 白 樹高H:1500mm

    ムクゲ 白 樹高H:1500mm
    価格:2,079円(税込、送料別)



    善通寺の仁王門のところの松。
    苔むしていて、私はこういう緑を見ると、なんか胸が高鳴ってしまう。

    松の苔とノキシノブ2012/6/29-1

    変かもしれないけど、好きなんだな、こういう緑が。

    松の苔とノキシノブ2012/6/29-2

    苔だけじゃなく変な植物も生えているけど、

    松の苔とノキシノブ2012/6/29-3

    調べてみたら、この植物は着生植物(ちゃくせいしょくぶつ)。
    土じゃなくて、他の木の上や岩盤などに根を張って生活する植物のことで、名前は「ノキシノブ(軒忍)」というシダの一種なんだってさ。

    今までにもよく見かけていたけど、そういうことがわかってお勉強になりました。えっへん。


    で、本日は松の話になったので、私の話し相手の松を御紹介。

    話し相手の松2012/6/29-1

    これは善通寺内の公園に生えている松なんだけれども、実は春の桜のお花見スポットに居る方なのだよ。
    春のお花見の時期に、この松がこんな風に見える位置に座ると、木陰で満開の桜を楽しめるんだ。

    で、もう夏なこの時期はというと、善通寺近くの酒屋さんでアイスキャンディーを購入し、

    アイスキャンディー2012/6/29-1

    この松の前のちょうど良い木陰に腰掛けて、

    アイスキャンディー2012/6/29-2

    食べながらひと休みするひとときの、話し相手になってもらうんだな。

    ま、ホントにおしゃべりなんかはしないけれども、「アイスキャンディー、美味しいよっ」って、ムフフって松に向かって笑ってみたりするんだよな、私(あぶないヤツだぜ、あたし;;)。

    でもね、「暑くなってきたねー」なんてつぶやくだけで、なんか楽しいもんだよ。


    で、腰掛けたままその彼を見上げると、こんな感じ。

    mathu12629-1.jpg

    桜の葉っぱとコラボしてる松くん。

    眺めているだけで、なかなか、なごみますぜ。















    いつものお散歩道。
    角を曲がって目が覚めた。

    カンナ2012/6/27-1

    カンナだーっ。真っ黄色だーっ!
    カンナって赤いイメージがあるけど、黄色も鮮やかでいいなー。

    カンナ2012/6/27-2

    背中合わせで「エヘヘ」って微笑んでる姉妹みたい。
    良い良い。


    そういえばカンナには伝説があって、仏陀のことを妬んだ悪魔(になった従兄弟だっけ?)が仏陀を殺そうとして岩を投げつけたんだけど、その岩は粉々になっちゃって仏陀を殺すことはできなかった。でも破片は仏陀の足を傷つけて、そのときの血が大地に染み込んで、そこに生えてきたのがカンナだったんだってさ。

    つまり「血のように赤い花」ということみたいなんだけど、でもカンナは赤以外の色も素敵で良いと思います。



    さて、もうこのカンナだけで本日の私は充分だったけど、なおも素敵な真っ白ちゃんも発見。

    ムクゲ2012/6/27-1

    白い槿(ムクゲ)です。

    この花はピンクのも、真ん中が濃い赤(ピンク系の濃い赤ね)の日の丸ちゃんなやつも好きだけど、この真っ白ちゃんは、白い花好きの私にはたまんないです。はい。

    ムクゲ2012/6/27-2

    とても清楚で上品なお嬢さまでした。
    こちらも良い良い。
















    カンナ苗

    カンナ苗
    価格:525円(税込、送料別)





    開花期の長い花木ムクゲ 中苗

    開花期の長い花木ムクゲ 中苗
    価格:1,470円(税込、送料別)



    塙選書 102日本先覚者列伝/村山修一

    塙選書 102日本先覚者列伝/村山修一
    価格:3,045円(税込、送料別)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    中大兄皇子(天智天皇)、桓武天皇、最澄(伝教大師)、信西(藤原通憲)、一遍(智真)、古田織部正。天皇、貴族から僧侶、茶人まで、国の行く末を案じ、自ら改革を推し進めてきた六人の先覚者たち。何が彼らをそうさせたのか、そして彼らは何を目指したのか。六十年以上にわたり、著作活動をつづける著者ならではの、実証力のある、各調高い文章によって、六人の逸材の姿があざやかによみがえる。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    1 中大兄皇子(天智天皇)/2 桓武天皇/3 最澄(伝教大師)/4 信西(藤原通憲)/5 一遍(智真)/6 古田織部正




    本日の清盛くん。普通です。
    まぁ、そろそろ「普通」では物足りない時期も迫ってきておりますが、ま、大きな戦さがもうひとつ控えておりますので、その戦さの後の、平氏が時代の寵児となった時の「垢抜け」に期待いたしませう。


    さて、本日は、次回からの「平治の乱」のための状況説明的な回。


    ほぼ政治の実権を握った信西(しんぜい)さんに対する不満が、公卿たちの間で爆発寸前。

    だってねー、文化人らしく美しい理想を掲げて、マトモで夢のある政治をやろうとしてるんだもの。
    そりゃ、ふつうの政治家たちから見れば、「なにそれ?」「信じらんない」だよね。
    こういう人が消される運命にあるのは、平安時代も現代も同じです。
    悲しいことだけども・・・。


    で、「敵の敵は味方」状態で、なんか複雑に勢力が入り乱れる中、やっぱり利用されちゃうのね武家の皆さん、ということで、源氏の義朝(よしとも)くんは、困ったことに信西さんに対する個人的な恨みもあり、信西さんの首を狙って、来週からの戦さに巻き込まれていくのであった・・・・。

    その他にも、義朝くんの正室の由良御前(ゆらごぜん)が病で亡くなったりして、いろいろと義朝くんも大変でした。

    いやー、由良御前は「ツンデレ由良ちゃん」と一部で愛情をこめて呼ばれていたようですけど、なかなか正室らしい立派な女性だったので、私もその死は悲しかったです。

    実は義朝くんも「ツンデレの殿」だったもんで、この「ツンデレ」夫婦、片方欠けるとかなりなダメージだったでしょう。
    気の毒なので、来週からは義朝くんの応援をしたいと思います。
    (ま、もう永くは応援できないだろうけれど)



    さて、今回はあんまり書くことがないんだけども、実は本日放送の本編の前に、


    大河ドラマ「平清盛」がさらにおもしろくなる!「崇徳上皇×井浦新」
    6月24日(日)【総合/香川】午後7:30~7:55

    大河ドラマ「平清盛」で崇徳上皇を演じる俳優の井浦新さんを招いて、香川県坂出市で行われたトークショーの模様をお伝えする。保元の乱に敗れ、讃岐で没した後に怨霊になったとも伝えられる崇徳上皇。井浦さんは以前から崇徳上皇に強い関心を持ち、個人的に坂出市の史跡を巡ったこともあるという。今回の大河ドラマで、井浦さんは崇徳上皇をどのようにとらえ、演じたのか。上皇ゆかりの史跡を再訪しながら、その思いを語る。


    という番組をやってましてね、これって香川県方面だけの放送だったのでしょうか? と私はよくわからないのだけれど、運よく観られまして、崇徳上皇さまファンの私は、こっちの方がずっと面白かったです。 

    (いや、ホントに、この番組を放送するのは知っていたけど、観られるとは思ってませんでした。だっていつものウチの生活習慣からすると、この時間にゆっくりとテレビは観られない。いつも私は午後8時のドラマの放送時間が、ギリギリなんとかテレビの前に座れるタイミングなんです。上皇さまの御計らいでありましょうか?)

    内容は上に説明してあるとおり、崇徳上皇さまを演じる俳優の井浦新氏が、崇徳上皇に対する思いを語るという番組だったんですが、自身も上皇さまファン(「崇徳院」と呼ばれていたけれど)な井浦氏のマニアックな感動の仕方が良かったですねー。

    携帯の待ちうけ画面を、歌川国芳(うたがわ・くによし)の浮世絵の「崇徳院」にしているこの方。キちゃってます。

    【送料無料】崇徳院怨霊の研究

    【送料無料】崇徳院怨霊の研究
    価格:6,300円(税込、送料別)



    この絵なんですけどね;;

    で、坂出では上皇さまの正真正銘使用済み具足を触り、撫で、匂いをクンクン嗅いじゃって、なんか「御主人さまの匂いだーっ」とか思っているようなワンコ(注・私の勝手な空想表現です)、のように感動で意識がどっかいっちゃってたり、金刀比羅宮では秘蔵の上皇さまの真筆、紺紙金泥(だったと思う。)の般若心経を観て、コレも感動のあまり気持ちが悪くなっちゃったりして(笑)、マニアな感動ぶりやりたい放題に、私は好感を持ちました(;;)

    きわめつけは、特別に宮内庁から許可をいただいたとかで、白峰御陵の普通は入れない場所まで入って、間近に上皇さまの御魂に御挨拶されてました。

    が・・・・ちょっと心配になりました。強すぎる霊気にはお気をつけくださいませ。


    あとは、なんか今後の上皇さまに注目して欲しいとか、演技に関することや今後の抱負も多く話されていましたが、私としては、井浦氏の渾身の演技がカットにならないことを祈るだけです。

    なんというか、今回の『平清盛』というドラマは、本当にカットしすぎというか、人物描写不足が目立つんですね。もっとゆったりとしたドラマ作りができれば、引き立ったキャラ、もっと感動的だったキャラが多かったはずなんですよ。

    ドラマ展開としても、唐突な流れ、台詞、演出があったりしてねー、だから毎週観てますけど、あんまし期待はしてないのです。

    ただ、珍しい平安文化を題材としているし、特に崇徳上皇さまのお姿の観られるドラマなんて滅多に無いですからね(上皇さまの存在自体が天皇家トップクラスのスキャンダルだし、最期は怨霊になったしね)、それで観ているだけだったりします。


    ま、それでも次回はとりあえず盛り上がるはずの「平治の乱」ですね。

    来週はどうなりますことやら。












    【送料無料】海からみた歴史と伝統

    【送料無料】海からみた歴史と伝統
    価格:1,260円(税込、送料別)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    日本古来の“伝統”文化は、いつどのように“伝統”になったのか?“近代”の殻を破り、より長い時間、より開かれた視野を知覚するとき、そこには先人たちの思慮と智恵とが見えてくる…。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1章 ハクシに返してどうなった?(なぜ八九四年に?/なぜ遣唐使は送られなくなったのか?/それでも人は行き来するー寧波という町 ほか)/第2章 「海外」は別の世界?-海を渡った三人の人物(平安後期に宋に渡り、宋に没した成尋/成尋は「遣宋使」だった?/日本、朝鮮、中国に渡って見る「応永の外冦」 ほか)/第3章 日本に「儒教」はあるのか?(儒教とは何か?/仏教のお坊さんが持ち帰った「朱子学」/江戸時代の儒者たち ほか)

    【送料無料】崇徳院怨霊の研究

    【送料無料】崇徳院怨霊の研究
    価格:6,300円(税込、送料別)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    本書は、崇徳院怨霊を時代の中に位置づけ、そのとき生きた人々の心に潜む社会に対する意識を解明することを試みた。そして、その前史として貞観御霊会などを考察することにより、日本人の怨霊観を概観し、崇徳院怨霊の登場に至る過程を検討した。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
    序章 怨霊研究序説-崇徳院怨霊の占める位置/第1章 崇徳院の生涯/第2章 『保元物語』の虚構-崇徳院の実像をめぐって/第3章 崇徳院怨霊の胎動/第4章 崇徳院怨霊の鎮魂/第5章 崇徳院怨霊譚の誕生/終章 『保元物語』とその時代

    で、危ない思いをしながら柏葉紫陽花を撮影し終えた私は道に戻り、その傍らで見たのは、立派な実をつけている木だった。

    梅の実2012/6/23-1

    この木は確か・・・・

    梅の花2012/4-1

    この木だよっ。

    梅の花2012/4-2

    春に綺麗な花が咲いてた梅の木だよ。

    写真をブログに載せようと思いつつ、いろんな桜が満開だったんで、つい載せられずにいた梅の花・・・・。

    うーむ。これが、

    梅の花2012/4-3

    これかぁ・・・・。

    梅の実2012/6/23-2

    なんてこったい。
    (梅の花の写真のことは忘れてたから、ビックリしたぜい) 

    季節の流れってスゴイな、と思った私であったよ。
















    ちょっと前から見かけていたお花を、やっと見に行った。
    善通寺裏の橋の上から見えるお花。

    柏葉紫陽花2012/6/23-1

    柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)というらしい。

    柏葉紫陽花2012/6/23-2

    確かに葉っぱが、柏の葉っぱに似ている。

    でも、なんでこのお花を紹介するのに「いつか、ひどい目に逢うかもしれない」なんて題をつけてしまったかというと、この写真や

    柏葉紫陽花2012/6/23-3

    この写真でもわかるように

    柏葉紫陽花2012/6/23-4

    このお花は、川近くの土手に植えられていたわけで、おまけにそれだけではなく、実はスゲー斜面に生息しておりまして、私の体はこれらの写真を撮るために、両足首は無理に捻られ、体は斜めっており、おまけに目はファインダー越しのお花しか見ておらず、ハッキリ言って危ない状態・・・なのだよ。


    だけど、こういうお花ワサワサ状態とか、

    柏葉紫陽花2012/6/23-5

    お花が可愛いカワイイ状態とか、

    柏葉紫陽花2012/6/23-6

    どうしても写真に撮りたいもんだから、しょーがないのさ。

    ・・・・・・・・・


    柏葉紫陽花2012/6/23-7

    ま、ひどい目に逢わないように、気をつけますです。ハイ。


















    で、その2は晴れた日の紫陽花。

    晴れた日に紫陽花の写真を撮るなんて、なんかセンスがないみたいだけど、私は明るい光の下で写真撮るのが好きなんで、しょーがないよっ!

    で、以前撮った、咲き始めの色づき始めのヤツ。

    晴れた日の紫陽花2012/6-1

    で、本日はこのように、台風一過の強い日差しで、

    台風一過の緑2012/6/22-1

    また一歩、季節が進んじゃった感じの日だったんだが、そんな日の紫陽花たち。
    いつもの善通寺内の公園のだよ。

    晴れた日の紫陽花2012/6/22-4

    綺麗だからシャッターを切ったのに、これなんかマジで暑そうに撮れてしまった。

    晴れた日の紫陽花2012/6/22-1

    でもいろいろな種類があってさ、まだ本格的に咲いてないけど可愛いのがいっぱいだった。

    晴れた日の紫陽花2012/6/22-2

    ほんのちょっぴり色違い。

    晴れた日の紫陽花2012/6/22-3

    で、適度に光を浴びている、

    晴れた日の紫陽花2012/6/22-5

    晴れた日の紫陽花ちゃんたち、でしたー。


















    ちょっと前に撮った紫陽花の写真もブログに掲載できていないのに、本日また、かためて紫陽花の写真を撮ってしまった・・・;;

    というわけで、とりあえず写真だけでもアップ!

    まずは、雨の日編。

    善通寺内の公園のヤツである。

    雨の日の紫陽花2012/6-1


    雨の日の紫陽花2012/6-2


    で、こっちは同じ善通寺境内でも赤門近くのヤツ。

    雨の日の紫陽花2012/6-3

    雨の日の紫陽花2012/6-4


    で、これはお散歩の通りすがりに見た、ひとんちの紫陽花。

    雨の日の紫陽花2012/6-5

    なぜかサボテンと一緒に植わっていたんですが、

    雨の日の紫陽花2012/6-6

    サボテンちゃんたちと仲良くしていたのが、微笑ましかったです。