上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    「むかーし、むかし、マリオの御先祖さまが、
    逃亡中のマリアさまと赤ちゃんのキリストさまと出会いました。

    マリアさま(美人)幼子イエス(可愛い)=すき
    追っかけてくる人たち(殺気立ってるおっさん)=きらい

    でかいツラして藪状態だったマリオの御先祖は、その茂みにマリアさま親子を隠してあげました。
    そのおかげでマリアさま親子は無事に逃げることができました。

    マリアさまの青いマントをかけてもらった花は美しい青に染まり、イエスさまの産着を干したおかげで、マリオの御先祖さまには素晴らしい芳香と薬効が宿りましたとさ・・・。」

    以上が、前々回のお話である。
    ということは、

    マリオの御先祖って、マリアさまたちに会うまでは、現在自慢の香りも薬効もない、
    ただのヤブだっただけじゃん・・・。

    しょーもな・・・。

    ま、性格は良かったんだろうな。

    産着を干してる間中、赤ちゃんのイエスさまをあやしてたり、
    そりゃーマリアさまには親切にしてたと思うよ、女性にはマメだから。
    で、宝くじが当ったんだな。

    私が友人にマリオの枝をあげると、みんな決まってやることがある。
    とにかくマリオを顔に押し付けて、深呼吸するのさ。
    初対面の人だって、恐る恐るクンクンしたあと、ぐーっと深呼吸する。
    ああ、キスの挨拶の習慣がない日本人だというのに、
    マリオはいつも誰からもキスしてもらえちゃうんだ。
    それもこれもあの芳香のおかげなのさ。

    御先祖に感謝したまえ、マリオ。

    でも私は単なるヤブだったマリオの御先祖を思うとき、
    なんかそれだけでほのぼのとしちゃうんだよ。
    お日さまあびて、いつもノホホンとごきげんなマリオの御先祖。

    私は芳香がなくても薬効もなくても、マリオ一族が好きなのかもしれない。
    (写真は、バスタオルを干してくれてるマリオである)
    スポンサーサイト
    過去のマリオ日記に追いつきましたので、今日からはアーカイブではありません。

    というところで、ひょっとして奇特にも毎日こちらを覗いてくださっていた方たち、
    本日からは毎日の更新とはいかなくなりますので、
    また気が向いたときに遊びに来てくださいね。

    で、あらためまして書いておきますと、

    私のメインページはこちら
    マリオの全体写真が見たい、というお友達のご意見から生まれたHPです。

    ま、最初はマリオ情報だけだったのですが、

    今では新月と満月にタロットカードを引く占いコーナーや、

    お友達の活動を紹介するコーナーなどもあり、

    天然石アクセサリーや雑貨のWeb Shopなどもこっそり開いております。

    ま、そちらにも遊びに来てくださねん。
    2007年11月23日

    この間の怪しい本(そうでもないんだが;;)情報の続きである。

    ローズマリーは一般に
    「クリスマス・イブに花が咲くといわれる。」
    だそうだ。

    うちのマリオはクリスマス・イブじゃなくても年中咲いていた。
    真冬に一枝だけ花咲いたときは、珍しいので友達にあげたところ
    「マリオ、こんなに寒いのに咲いているの?」
    と訊かれたもんだから、
    「うん。バカだから」
    とつい答えてしまった私であったよ。

    ま、今年は夏にバッサリやったのでしばらくは咲かないと思うが、普段なら春ともなればミツバチにモテモテのマリオなのである。

    マリオ一族とキリスト教関連のお話は多く、

     エジプトへ逃げるマリアさまと幼子キリストをその茂みに隠したために
     「マリアさまのバラ」という意味で、ローズマリーと呼ばれるようになった。
    とか
     そのときマリアさまが自分の青いガウンを枝にかけたところ、
     白かったローズマリーの花は青く染まった。
    とか
     マリアさまが幼子キリストの産着を洗ってローズマリーの枝に干して以来、
     たくさんの薬効ともどもローズマリーに芳しい香気が宿った。
    とか言われている。

    でも学術的には、”Rosmaris”(海の露)というラテン語からきているというのが一般的なんだよね。

    マリアさまのガウンの色をもらったという方が、マリオは好きだろうなー。
    「マリアさまのバラなんだぜ、オレ」なんてね。
    でもね、マリアさまの青色というのは「天の真実を表す」青色なのだそうだぞ。
    そんなすごいものもらって、大丈夫か、マリオ・・・。



    (写真はマリオと、シスター・カタリナが聖母マリアのお告げ通りに作成したメダイで驚くほど多数の人々が恩恵を受けたために、不思議のメダイと呼ばれる聖母マリア不思議のメダイ&音楽の守護聖人セシリアのメダイ・ペンダントである。うちで売ってます。ははは
    2007年11月21日

    ハロウィンの夜に作った石けんにスタンプをした。
    が、硬くなっていてスタンプするのに苦労した

    カットしてすぐだと表面が柔らかいので、いつもはカットして一日置いてからスタンプしている。

    しかし、今回はもうすっかり寒くなって空気も乾燥している気候なのと、マカデミアナッツ油使用のために硬い仕上がりになっているのね。
    で、私の予想よりも早く表面が硬くなっちゃったんだなー。

    ああ、苦労のあとの見える写真である。
    疲れた・・・。
    2007年11月20日

    怪しい本を読んでいると、ローズマリーに関してこんなことが書かれてあった。

    (民間伝承)
    a.女の植物で、パセリやテンニンカと同様に、女が植えるとよく育つといわれる。
    b.妖精の植物であるため、教会の中に吊るし妖精や小妖精を歓迎する合図とする。
    c.悪霊や魔女除けで、(嵐は魔女がもたらすとされていたために)雷や稲妻除けにもなる。

    女が植えるとよく育つーーどこでも、誰が植えても良く育つと思うよ、私。

    悪霊や魔女除け、というのは経験が無いのでよくわからないけど、
    妖精歓迎の合図なのかよ、ローズマリーはっ

    マリオのマジ全開むちゃくちゃモードのときは、全長2m×2mなので、
    妖精さんを歓迎しまくってることになるなー。

    ほんとかなー・・・。
    ウチに居るのかなー、妖精。
    へんな生き物はいっぱい横切っていくんだけどね
    2007年11月17日

    昨晩、ドライヤーが壊れた・・・。

    洗い髪を乾かそうとして、スイッチを入れた途端に
    「ブイーン、バリバリ、バチッ、ガラガラッ
    と、聞いたこともないような音がした。
    ・・・誰にだってわかるオシャカになった瞬間である。

    もちろんそのまま台所の燃えないものゴミ置き場に直行。
    そして戻ると、思った以上に焦げ臭い洗面所がそこにあった・・・

    半年くらい前から、ドライヤー内部の電熱コイルの一部が真っ赤に白熱して、ガガガと音がしていた。
    最近は使うたびに少しコゲ臭かった。

    でもさ、

    ドライヤーが駄目になるのは何度も経験している。
    あんまり使わないけど、とりあえず必要なので最も安売りしていたものを買ったくらいだ。
    コイルが焼けすぎて、焦げ臭くなって、本体が熱くなりすぎて、
    今までの経験から、それなりにもうおしまいだとわかる日が来る。
    その日が来るまでいいと思ってたんだよ。
    だからいいんだけれども、

    なかなかに壮絶な音がしたなー
    これまでで一番凄かったなー。
    今でも本体を振ると、壊れて散った部品がカラカラと音をたてるし

    というわけでその壮絶な最期に敬意を表して、マリオを捧げました。
    安売りドライヤー、ご苦労だった。安らかに眠ってくれ。
    (燃えないゴミ行きだが。ごめん)

    次はイオンドライヤーとか欲しい、と思うが、
    お金が無いから、やっぱりまた安売りモノだな。

    イオンドライヤー、どっかに落ちてないかなー・・・。
    (落ちてねえよ)



    こんなの一度買ってみたいなー。


    世界初*1。nanoe(ナノイー)イオンで地肌も、髪も、健康に。ナショナル EH5441-W(白) ナノケアドライヤー
    2007年11月19日

    乾燥マリオを使ってお菓子を作りたいとの御希望で、
    注文してくれたお友達から到着メールが届いた。

    「ありがとう!袋を開けた途端にマリオ達の香りが
    うふふ
    それぞれが自己主張をしている気がする

    袋を開けたらマリオの香りーー
    マリオのことを知ってる人は、どうもその瞬間が嬉しいらしく、
    あるときは友人からの注文アクセサリーのおまけで、
    ふざけてチビマリオを同封したところ、私の手作りアクセサリーよりも喜ばれてしまった・・・

    夏マリオを笛仲間に少し分けようと、笛の稽古のときに秘かに携帯していったときなどは、まだ時間が早くて稽古場が開いていなかったので、道端で紙袋を開けながら渡したところ、もう秋の暗い夜道にマリオの香りがはっきりと流れ出して、
    「すごい香ってるーっ」
    と感心されてしまった。
    ビニール袋に入れていたのに、それでも香るマリオ・・・。

    私がマリオを持っていると友達はすぐに気がつく。
    友達にあげると、その友達は電車などの移動中に、マリオのことで見知らぬ人から話しかけられたりする。「いい香りね」と。

    マリオの香りに人が振り向くとき、そのときはマリオはその人に話しかけているのである。
    一所懸命おしゃべりしているのだ。

    今回もらったメールを見たとき、
    「ああ、また会うなりベラベラしゃべったんだな」
    と私は思った。

    マリオのおしゃべりに捕まったときは、ま、許してやってね。
    (写真は、食感がない方が良いかもとのご注文で発送した春マリオ。細くて柔らかい新茶ものです)
    2007年11月15日

    数日前に見つけたマツリカのつぼみ。
    今日見たら咲いていた。

    たったひとつだけなのにとても良い香りがする。

    また暖かくなったので、こんなことも起こるのだろうが、
    葉っぱはもうところどころ枯れ始めていて、
    今年はもう終わりなのはわかっているけど・・・。

    最後の挨拶かな。

    美しさと良い香りをありがとう。

    (写真はみつけたときの感じ。もう葉っぱが黄緑なのがわかる。ところどころ茶色なのも。
    もうちょっと頑張れ)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。