2006年03月19日

    今年のマリオ超特級の収穫をした。

    いつも春分の日にやってるんだけど、その日はコンサートのボランティアをすることになったのでね。

    今年は干す期間は短かったけど、寒いのと凄い乾燥でうまくできたみたい。

    ショッカーの運び屋カヨコを召集せねば。
    しかし彼女は引越し中。
    ま、今年もゆっくり配るとするか。

    ま、欲しい人の手にはそれなりの方法で渡ることだろう。

    写真は本日のマリオである。
    2006年03月05日

    着々と仕上がっている今年の乾燥マリオ超特級。
    今年は寒いのと乾燥であっという間にパリパリである。
    写真は、乾燥マリオ&市販のラベンダーを酢に漬け込んだマリオ・リンス。
    マリオだけだとお酢色が濃くなるくらいなんだが、ラベンダーを入れるとこんなに綺麗なマジェンダなのさ。これにローズも加えると、もっと綺麗なんだよ。

    私はシャンプー石鹸派(自作だったり、アレッポのオリーブ石鹸だったり)なので、マリオ・リンスは常備しております。

    それから毎朝飲んでいるのが、ローズヒップ&ハイビスカス・ティーで、そこにラベンダーとマリオをちょっぴり混ぜております。

    出来る範囲のハーブ生活、でございましたー。
    2006年02月22日

    ローズマリーに洗濯物を干すといい香りがする、
    とか本に書いてあったのでやってみたけど、私の感想は

    「マリオ臭い」

    でしたー。

    いつも一緒に遊んでるとこんな風にしか思えないからしょーがないねー。
    2005年10月20日

    Yさんから修理でお預かりしているロザリオだが、
    修理が終わったらマリオとお遊び三昧の予定だったのに、
    ずっーと雨でそれもままならなかった。

    今日はやっとお遊びできたよん。

    (さて、ロザリオももうだいぶ元気なので、そろそろYさんちにお返ししなきゃね)
    2005年07月31日

    あー、もう我慢できないので夏の乾燥マリオを収穫した。

    夏はあんましうまくできない。色が綺麗に残らないんだなー。

    半分くらいはなんか乾燥する前に枯れちゃうし、暑いのであっという間に乾いて、ぱらぱらと落ちまくる収穫のサイン。うざいので、収穫しちゃった。

    ま、色も出来もいまいちなので売り物にはできないから、自分で使う。それでも大量にできたぞ。一年くらいはマリオ・リンスには困らないぜ。

    でもね・・・見栄えはともかく香りはとっても良いんだよ。夏は香りが強いからね。収穫している間中、香りまくってて楽しかった。それを慰めとするだけさ。
    2005年07月11日

    ああ、数年前にウチのマリオをマルガリータ(丸刈り)にした植木屋が来たよ。

    いつもは8月なんだけど、今年は早い。おまけに連絡は当日の早朝だよ、大家さん。留守電に気がついたときにはお昼になってたぜ。それが土曜日。

    だけど土曜日は、午前は雨模様。それでもうこないのかと思っていたら、午後遅くにやってきて2、3軒刈って去っていった。日曜は休み。それで残りは今日にまわされたのさ。

    で、話はもどるが、土曜日にあせった私は最悪の場合を考えて、マリオの枝の良いのを先にガンガン刈って、一気に乾燥夏マリオ作りに突入。ってことは、場所を空けるために乾燥春マリオの収穫もやったってわけよ。

    マジで大変だった。みんなはマリオがいるウチを羨ましがるけど、当事者はそれどころじゃないのよ。マリオはでかい。植物だけど大型の獣なんだぜ、マジにか関わるとね。ほとんど格闘状態よ。分け入り、刈り取り、抱きかかえて運ぶ--肉体労働だ。おまけに私はそれを機械的にやってゆくつもりでそれができなくて、なんだか複雑な気持ちを抱きながらやっているし、マリオの香りは今最高に強く、私は体中香りで抱きしめられてクラクラするし、で、見ようによっては恋人同士だぜ。
    「愛しあってるかい? イエーィ」
    とかつぶやく私は絶好調にハイテンション。

    このように準備万端にしたおかげが、植木屋はマリオに手を出さなかったよ。
    本心は、最近は茂りがすごいのでちょっとくらいは刈って欲しかったんだが;;;

    ま、またそれはいろいろと考えるとして、今年の受難の季節は過ぎて行ったのであった。ちゃんちゃん。
    2005年06月25日

    運び屋としてNo,1の腕利きであるショッカー・カヨコと密会しブツ(乾&生マリオ)を渡す。禁断症状を隠しきれないカヨコは、マリオ自己栽培計画という遠大な野望を胸に抱きつつ、池袋の闇に消えるのであった(つづく)

    「つづく」ってなんだよー!(自分にツッこんでどうする)

    ところで、マリオはほっといても地面に触れているとこんなにに根が出ちゃったりするんだよね。
    伸びすぎて地面に垂れてだだけなんだよ、これ。野望のかたまりだよー。
    (やっぱ土に直植えかなー、かよちゃん)

    広々とした土地の真ん中にマリオを植えて、マリオの森にできたらなー、と思うことがあるよ。
    夢のまた夢だけどね。
    2005年06月21日

    いやー、まいったね。

    某ブログでウチの乾燥マリオを使ったキャンドルを見てしまったよ。
    製作者は特に名は伏すが(ってわかるけどさ;;)、あのグリーン・ショッカー、ショッカー・オブ・ショッカーのあの方である。

    そうそう。グリーン・ショッカーとは・・・
    世界を緑で埋め尽くそうというマリオの野望に賛同し、あるときはマリオの運び屋、またあるときはマリオの素晴らしさをCMしてまわり、密かに緑の世界征服をせんと画策する者達のことである。
    (いやー、まあ、たんなるマリオ・ファンなんだけどさ、これくらいの遊び心がある方が楽しいもんね)

    茂りまくるマリオに困った私の苦肉の策であった乾燥マリオ製作。ところがそれがショッカーの皆さんに好評を博し、ここんとこ忙しいのでWeb Shopでも追加していなかったのだが、なんとねー、ショッカーの皆さんたちは禁断症状がでるのねー。時間が経つとフレッシュはもとより、乾燥だって欲しくなるわけよ。だから今回は闇取引(すみません、私が忙しいだけです)でブツを渡したんだよん。

    禁断症状でマリオは彼女たちをショッカーとして縛ってるわけね。まったく気がつかなかったよ。でもそのマリオの秘書をやってる私って、なんかめっちゃ悪の頭目みたい。かっこいいーっ!

    などと、一つ歳をとったくせに、相変わらずな私であった。

    (写真は新年の雪マリオ。この頃の枝が極上超特級乾燥マリオとなるんだよん)