上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2007年11月21日

    ハロウィンの夜に作った石けんにスタンプをした。
    が、硬くなっていてスタンプするのに苦労した

    カットしてすぐだと表面が柔らかいので、いつもはカットして一日置いてからスタンプしている。

    しかし、今回はもうすっかり寒くなって空気も乾燥している気候なのと、マカデミアナッツ油使用のために硬い仕上がりになっているのね。
    で、私の予想よりも早く表面が硬くなっちゃったんだなー。

    ああ、苦労のあとの見える写真である。
    疲れた・・・。
    スポンサーサイト
    2007年11月06日

    化粧水がきれたので作った。

    自分のだし、すぐに使うので、そんなに丁寧にしなくても問題はないのだが、
    とりあえず遮光ビンを煮沸消毒する。
    で、そこに精製水とエッセンシャルオイルとグリセリンなんかを混ぜるだけの、
    手作り化粧水としては一般的なレシピ。
    なんだが・・・

    台所で煮沸消毒してたり、ビーカーやスポイトや計量スプーンを使って、
    いろいろなものを量ったり混ぜたりしてると、それを眺めている旦那が、
    「怪しいもの作ってる;; 怖いよー
    といつもからかうのである。

    なので、
    「おーっほほほほほほっ
    とか哄笑して、私も台所でムードを盛り上げるのであった(バカ)。

    で、茶色のビンのやつが定番の化粧水。緑のビンはジャスミン入りのスペシャル。
    茶色のやつは、エッセンシャルオイルがラベンダーをベースに、
    あとはそのときの好みをブレンドするやつ。

    夏はラベンダーだけでもいいよー、なんて思うのに、
    少し涼しくなってくると甘い香りも欲しくなるから不思議だ。
    で、今日作ったのは、芸がないけど2本とも同じラベンダー&ローズウッドにした。

    緑のはジャスミンだけで、どちらかというと気分転換とかそのときの気分で楽しむやつ。

    私は化粧水でヘアミストも兼用しているので、
    この3本(300cc)くらいはシャカシャカ使い切ってしまう。
    手作りなので、とても安く作れるので気兼ねはいらない。
    自分で作ると安心だしさ。お好みのままだし。

    で、何年もこんなことを続けているのである。

    手作り化粧水レシピは、今では山のように情報があるので、
    みんなも自分の好きなので試してみるといいと思うな。

    楽しいわよん。
    2007年11月03日

    さて、数日前に収穫した「夏至の魔法マリオ」なんだが、
    ま、簡単に「夏マリオ」ということにしておくが、

    なんか、美味いんだよ、これがっ!

    写真だけで「おいしそう」という御意をいただいていたが、
    実は、私も見るからに「美味しそう」とは思っていたんだよね。

    夏の枝は、葉は大きくて肉厚なのよ。
    ボリュームがあるのよ。

    色は、私レベルではあんまりよくないんだけどさ、でも一般にドライのローズマリーなんて薄緑・黄色・茶色の混ざったの売ってるよね。
    あんなのに較べると、夏ものでも滅茶苦茶にハンサムだよな、マリオ。
    (自画自賛)

    で、毎朝のハーブティーに、夏マリオをついブレンドしちゃうのよ。
    なるべく古いのから飲むようにしてたのにさっ。

    なんか夏の大雑把な感じが「まろやかさ」をだしているのよ。

    ・・・なんて思うのは私だけ、かもな。

    ま、ちょいとだけ、豊かな気分になってます。
    (来年は多めに作ろうっ、と)
    2007年10月31日

    本日は、夏至の頃からずっと干しておりましたマリオの枝を収穫しましたー。
    (パチパチ。って今頃かい;;)

    そうです。これこそ「夏至の魔法の乾燥マリオ」なのよん

    ま、単に言い伝えで、夏至の頃から次の満月までの間に摘んだハーブは特別に魔力が宿る、
    なんてものがあるのよ。

    本当かどうかは知らないが、私的にはあの時期のハーブたちというのは勢いってものがまるで違うから、ま、いつもよりは薬効が高いのじゃないかな、と思う。

    香りも抜群に良いので、本当のところはそういった時期に乾燥モノを用意したいところなんだが、夏は・・・もちろん乾燥には向きませーん。

    湿度高すぎ、温度高すぎ、おまけにマリオ自身が瑞々しすぎて、乾燥には時間がかかるし、細心の注意をしても色は綺麗には仕上がらない・・・。

    いつもは真面目に作らないのだけれど、今回は、ま、試しにきちんと作ってみました。
    インスタントコーヒーの空き瓶(大瓶)に一杯にはちと足りないくらいの出来上がりであるよ。

    で、今夜作るハロウィンのマリオソープに入れるつもりなのだ。
    今回のソープは、ハロウィン(魔物の夜)のマリオフレッシュ&夏至の魔法のドライマリオ・ティー使用となります。

    ハロウィンはケルトの新年、であり、お盆みたいなものでもあり、妖精のお祭り。
    とにかく、こちらとあちらの境目がなくなる日なのさ。
    とりあえず、妖精に祝福してもらうかー(良い子たちのほうを頼む)

    ところで、収穫したのは昼食の直前だったんだよね。

    本日はチーズトーストを食べたのだが、なんだかいつもと違う。

    と思ったら指先にマリオの匂いがしみついていて、
    ローズマリー香りのチーズトーストになっていた・・・。

    指でしごいて、乾燥したマリオを落とすからなんだけどさ。

    チーズトーストくらい普通に食べさせてくれ、マリオ・・・。

    (写真は本日収穫したもの。それでも色はまあまあかな。自画自賛)

    2007年10月17日

    さて、9月27日の満月に作ったオリーブソープ、
    無事に型から取り出し少し措いてからカットして、スタンプもしました。

    切ってそのままにしとくと単なるレアチーズケーキもどき、
    何が何だかわからなくなるのでスタンプしているのだけれど、
    とにかく一番に日付。内容もすぐに忘れちゃうので、それもスタンプして、
    いつもは「OLIVE & MARIO」としている。

    オリーブオイルとマリオティー使用という意味なんだが、
    「ブルームーン」のときは、やたらにいろんなものをブチこんだので、
    もはやスタンプする場所も無く簡単に「BLUEMOON」とした。
    (中身を忘れないようにしないと。そのための日記だぜ)

    「ルグナサド」のときは、マカダミアナッツオイルを使用したので、
    「LUGHNASAD」に「MARIO & MACADAMIA」としたけど、
    「OLIVE」を省く苦肉の策。

    で、今回の満月ソープからはマカダミアナッツオイルも加えることを定番とするつもりなので、
    「OLIVE & MARIO & MACADAMIA」使用を
    「MARIOSOAP」とスタンプすることにした。

    ああ、なんとマイブランド「マリオソープ」なんてものが出来てしまった

    笑えるなー;;
    ま、いっか。
    2007年09月09日

    7月終わりにあれだけ刈ったというのに、マリオはまた茂り始めている・・・。
    暑さがぶり返してるので絶好調なんだよ、マリオ。
    今回はどうなることやら・・・
    (今から頭が痛いぜ;;)

    そういえば6月末製作の石鹸「bluemoon」の解禁は10月末、ということはハロウィンじゃないか。

    というわけで「bluemoon」はケルトの大晦日&新年の魔法(と魔物)飛び交う夜発売だよん。
    なかなかよろしいなー。
    どうせ売れないので自分でケルト新年のお祝いに使うですじゃ。
    (もう発売してます。「bluemoon」よろしくね。)

    ケルトといえば、最近私はバクパイプの音が好きになりました。
    全然興味が無かったんだけど、なぜかバクパイプで癒されるのよ
    変な音、としか思わなかったものが急に良く聴こえるとは・・・。
    わけわかんねー。
    2007年09月01日

    Maydayのソープをご注文いただいた方から、こんな感想をいただきました。

    「先ほど洗顔に使ってみましたが、しっとりした感触がなんとも言えずいい!
    すっきりすればオーケーな10代は遙か昔のことなので
    この汚れを落とした上でのしっとり感は手放せません。
    バスタイムが楽しみです。」

    ハーブティーを使っているとはいえ、オリーブソープはどこまで行ってもオリーブオイル臭いだけなので、その点がいつも心配なのですが、ま、まだ不評はいただいておりません。
    ありがたいこっちゃ(感謝)。

    でもこの感想で笑ったのは以下の部分。

    「すっきりすればオーケーな10代は遙か昔のことなので」

    ほんとだよー。若い頃はさっぱりすればそれで良かったんだよねー。
    潤いにこだわっている私の姿勢そのものが、おばさんを表しているよ;;

    きっと十代の頃に手作りせっけんというものに出会っていても、まったく興味は示さなかったかもね。
    私は普通に頑丈なお肌で、アトピーちゃんでもないしね。
    そう考えると今の展開が面白いな。

    で、ブルームーンの日に作った「ブルームーン・ソープ」なんですが、暑い時期に作ったので、なかなか固まらずに型からはずせす、しょーがないので外側が柔らかいまま型出ししました。わかりやすく表現すれば、外側は生クリームを塗ったホールケーキ状態ーーつまり固まってもデコボコなのね。

    で、一応、売り物を目指しているので周りをカットして、その切れ端を集めておにぎりみたいに固めて、自分用に乾燥させてます。それは手作りメンチカツのようです、ははは;;

    で、その手作りメンチカツ、ではなく、ブルームーンソープをまだ早いけど使ってみたのですよ。
    このソープはカットしたときから、その破片を落とそうとして手を洗うと泡がたってたのね。
    実はマカデミアナッツオイルを使っているからなのだけど、

    「マカデミアナッツ・オイルは、お肌から加齢とともに減ってゆくパルミトレイン酸を多く含んでいるのよ。パルミトレイン酸は、その有無が老化と深く関係しているのではと考えられている脂肪酸で、皮膚細胞の再生に力を発揮し、おまけにサンスクリーン効果もあるのさ。」

    と以前日記にも書いたように内容の濃いオイル(だけど高価;;)なのに、おまけにオリーブオイルよりも泡立ちが良いのよ。

    で、他にも自家製カレンデュラ・オイルその他も贅沢に入れたソープが「ブルームーン」なんだけれども、あたりまえだが、いつもと違う使用感で、とても不思議。

    うーんまだ、その使用感を私も把握していないので、なんとも言えないが、
    今はとにかく不思議な感じがしているのよ。

    ま、後日また御報告しますですじゃ。

    「山羊座の新月」のソープは最近すごく良くなってきているし、
    生き物のような手作り石鹸は、やっぱり楽しいですぜ。

    (写真は「Bluemoon」)
    2007年08月01日

    「これはもう木だね」と言われた部分である。
    茂りまくりで全貌はよくわからなかったけれど、ここまで立派に育っていたとは・・・。
    うーむ;;

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。