とても良い内容だと思ったので、『ライトワーカーのブログ』さんから「相手を変えずに相手を変える方法」という記事を転載します。



    相手を変えずに相手を変える方法
    https://ameblo.jp/lightworkers/entry-12380440402.html


    変なタイトルになってしまいましたが、多くの方が3次元においては時に負担に
    感じているであろう人間関係についてです。

    苦手な人がいたとしても、好きな人に変えちゃう方法があるんです。
    まずは大前提として、人は全員とんでもなく輝いていて、完璧であるという事実に対して抵抗が無い事。

    私がそう思うきっかけになった事は、大昔に読んだ少年ジャンプか何かの漫画雑誌の単発の特集で、江原博之さんの生い立ちを描いた漫画を読んだ時です。その中に小学校時代の江原さんは教室でいつも前に座っていた、それは後ろに座ると子供たちが全員、あまりにも光り輝いていて、まぶし過ぎて黒板が見えなかったからだそうです。

    他にも色々書いてあったけど、この部分が強烈に印象に残って・・・「これだ!」、「これが人の本当の姿なんだ!」、「間違いない」と思えたのです。

    人が全員光り輝く、まぶしい存在であるという前提で考えると、嫌な人とか、怖い人っていうのは、実際はいなくて、そう見える/思えるのは、自分の目が曇っているからなんだ!!な~んだ!そうなんだ!自分が原因なんだ~納得!

    だから、原因が相手ではなく自分にあるのなら、自分の目を疑えばいいのだ!
    黒いサングラスを外すだけでいいのだ~!

    そこで、また聞きかじった知識で申し訳ないのだけど、ホオポノポノって療法があるらしく、どうやらそれは精神科医が直接患者さんに会う事無く、カルテを見て病気であるとされる方を思いながら自分にある事をしたら、患者さんが治ったという話。

    これも、実際にホオポノポノを勉強したりしたわけではないけど、ちょっと聞いて・・・
    「これだ!」、「これ使える!」と思ってしまったわけです。直感で生きています。
    こまごました難しい/わずらわしい部分は飛ばして、良いとこ取りです!

    愛しています
    ありがとう
    ごめんなさい
    許してください

    この4つを唱える事で、相手を「おかしい」と思ってしまった「自分」を癒すのです。

    お医者さんも精神病を患っているとされる患者さんに実際会ったら、「この人病気だ」という先入観を自分に植え付けてしまうから、だから合わずにカルテだけを見てその人を治せたということなのでしょう。あんまり詳しい事は知らないけど、この理屈は私的には超納得なんです。

    まあ、これが実際効果てき面!
    まさに、相手を変えずに相手が変わるのです!
    (自分の考えを変えるだけで相手が自動的に変わっちゃうから)

    相手にどうこうする訳ではないので、試し放題、やりたい放題。
    10数年前、まだ会社で働いていた頃の私は意地悪で高慢なお局さんに実践開始!
    彼女はお局グループを形成していて、私たち新人生意気グループと凄く分裂していたのです。

    そこで、彼女の輝く姿を思い浮かべながら4つの言葉を寝る前とかに試しに唱えていたら・・・
    あれよあれよと、よく覚えていないけど多分、1ヶ月後くらいには一緒に旅行に行くくらい仲良くなっていた!更に、私たちがきっかけで、お局グループと生意気グループ自体も仲良くなって、みんなで月一で食事会を開いたり、旅行に行くような関係に発展!これはすごすぎる。
    初期の効果は翌日とかに出るから、びっくりしないように!(嬉)

    家族とか凄い近しい人に対してやる場合は、相手に対する先入観が半端無く強いので、
    中々輝く姿を思い浮かべるのは難しかったりして、もう少し時間がかかるかもです。
    なので、他人の方がより効果を早く実感できます!

    でも、誰に対してもできます。
    だって、全員が輝いているのだから、その人の本質を自分が見る気になれば良いだけなのですから。自分次第。自己完結。これ好き。

    相手を変えようと思うのは凄く勝手で、とても尊い相手の「自由意志」を犯してしまいます。
    人は皆輝いている、そう見えないのであれば、そう見えるように自分を癒せばいいのです。

    私は、道行く人に落ち込んでいそうな人がいれば、「あいしてるよ~」と愛を送ってあげます。
    会う人全員にも「あいしてるよ~」と心の中で言っています。
    コンビニの店員さんにも「ありがとう!」と心から言います。
    そんな何気ない一言で救われた経験を持つ人、いるのではないでしょうか?
    何気ない一言で、その日一日を浮き浮きした気持ちで過ごせるという方がいるのであれば、私は惜しみなく愛のこもった言葉を、ありがとうを言い続けます。

    ちょっとした事が世界を変える力になります。
    何も凄い学者にならなくとも、私たちは最強です。
    何事に対しても、力を発揮する事が出来る、最強の存在です。
    最強の愛をさりげなく送っています。
    ありがとうの一言、スマイルひとつで世界を変えます!




    私も試してみたけれど、なかなか良い感じですよん。


    笑う猫















    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ★CD/心響-KODOU- 西城秀樹還暦記念アルバム/西城秀樹/BCS-58020
    価格:2225円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)






    スーパー・スター・アイドルのヒデキが天国に旅立ち、<新御三家>ならヒデキ派だった私はそれなりに淋しい気持ちになって、ネット上のヒデキ訃報ニュースをサーフィンしていた。

    本当にたくさんの人たちが哀悼の言葉を述べていて、今更ながら「ヒデキは本当の国民的スター・アイドルだったんだな」と認識を新たにしたのだが、その哀悼を示した人の中に、私自身はとっくに亡くなっていたものと思っていた方の存在を見つけて衝撃を受けた。

    寺内貫太郎一家 けんか

    ドラマでヒデキの父親役を演じていた作曲家でもあるその人を、私はとっくに故人と思い込んでいたのだ。なんと失礼な。

    でも・・・・それにしても解せない。かなり鮮明な記憶だと思っていたのに。

    あんまり気になるからネットで調べてみたら、結構同じ思い違いをしていた人たちがいる。
    あのサザンオールスターズのK田さんも、ラジオの生放送中にそう発言し、その生放送を聴いていた奥さんからのメールで間違いを指摘されて即座に謝るということをやらかしたらしい・・・・ということがコチラ↓の記事に書かれていた。

    【不思議】友達とちょっとだけ記憶が違う【異次元】
    https://matome.naver.jp/odai/2142486197916602501


    で、コチラ↑の記事を読んでいた私は【すでに亡くなったと思われていた有名人(存命)】の部分に、やはり故人だと思い込んでいた人物の名前を見つけまたしても衝撃を受ける。『日本昔ばなし』で有名なT氏の訃報ニュースを耳にした記憶があるし、「これから『日本昔ばなし』はどうすんのっ!?」と思った記憶もある。

    いやー、この記事を見ていていっぺんに私の頭の中の記憶違いが増えた。私は以下の方と同じ記憶があるし、



    宮尾すすむがもっと昔に亡くなっていた記憶
    https://toki.5ch.net/test/read.cgi/occult/1310968291/


    1 :本当にあった怖い名無し:2011/07/18(月) 14:51:31.33 ID:j5P/jdNk0
    宮尾すすむって、奥さんが亡くなった数年後(2000年以前)に亡くなった記憶があるんだよね
    長男がテレビに出始めて間もない頃で、宮尾すすむが息子を連れて出演していた
    「両親をたて続けに亡くしてかわいそうだな」と、テレビを見ながら思っていた

    あとで宮尾すすむが存命だということを知って、ずっと前にどこかのスレに書き込んだら
    「自分も」という人が思った以上にたくさんいてビックリした

    「宮尾すすむはもっと以前に亡くなっていた」と
    同じような記憶ちがいしていた人いない?




    会社側でその存在を完全否定されているファンタのゴールデンアップルって名前は聞いたことあるよ。

    ファンタの「都市伝説」はこうして作られた!
    https://dot.asahi.com/apc/2015042300052.html


    コチラ↑の記事ではいろいろな混同から都市伝説が産まれたということになっているが、私としては「ファンタ ゴールデングレープ」という名前自体が初耳なのだ。この問題に関する記事を読むまで、そんな名前を耳にしたことが無かったのだから「なんじゃそれ!?」だよ。

    それから、これはマジでびっくりしたのだが、この記事↓

    えっ? あの有名人は亡くなったと思っていたのに・・・・・・
    http://www.jikanryoko.com/timewarp207.htm


    の中に出てくる有名俳優さんのK・D氏などは訃報のニュースをはっきりと覚えているし、その時の映像で息子さんが映し出されて「うわー、若い頃のお父さんそっくりっ!」と感心した記憶もある。現実ではお元気だそうで、彼は1916年12月9日生まれだから現在101歳なんだね。

    カーク・ダグラス100歳
    https://topiclouds.net/entertainment/peoples/kirk-douglas-turns-100-years-old/

    この事実もある意味で凄いことなんだが・・・・はははは;;

    でも、私は彼の息子さんを見たのはその訃報ニュースが初めてだったので、そのニュースが幻のものなら、私は息子さんがお父さんにそっくりなんてことは知らないはずだよね。むむむむむ。

    それからねー、この記事↓と同じ記憶が私にもあります。

    【Another‐Take④】マンデラエフェクト・ナイト(後編)~『007/ムーンレイカー』の謎~
    https://ncode.syosetu.com/n1932db/30/


    007 ムーンレイカーのドリー
    (↑これじゃない。私もあのシーンで笑ったんだ。こんな普通の笑顔じゃなかったよ。)


    あと、実は以前に記事を書いた時に違和感があったんだが、マンデラ・エフェクトの代表例として有名な『インタビューウィズヴァンパイア Interview with the Vampire 』


    の題名が 『Interview with Vampire』 から、いつの間にか『Interview with the Vampire』に変わっていたというものがあって、私は「a」だった記憶があったんだよね。

    ああ、発掘するといくらでも出てきそうだ。


    こういう現象に関して、ある平行世界でとてもヤバイことがあったので、その世界に一番近い平行世界に移動して安定を保ったため事実の誤認がほころびのように起こっているという説があるんだが、じゃあ私は別の平行世界からこちらの世界へやって来たのだろうか?

    ・・・・・・・・・・

    というわけで、昨日から現実世界に対する浮遊感がハンパじゃない私である。


    最近はドラマでも過去を変えて未来も変えまくるというのをやっているが、

    シグナル 日本

    これはリメイク版で本家は韓国のドラマ

    シグナル 韓国

    なんだけど、その元ネタはこの映画↓らしい

    オーロラの彼方へ

    過去の父親との交信に成功した息子は、情報を流して父親を助ける。だが、そのせいで未来では母親の方の運命が変わることになり・・・・と、父子が最善の未来を得るために奮闘する内容、らしい。(観てないんです、ゴメンナサイ。)


    パラレルワールドの認識が昔に較べて普及しつつあるためなんだろうけれど、こういった作品が普通にババンと現れてくるということは、映画やドラマや小説、そして現実の中で、変えられない過去や未来に泣いた時代は、そろそろ終わりに近づいたってことなのかもしれない。

    どんな世界になっていくのやら。

    こんな面白い記事↓もあるしね。

    「何か」が地球に向かっている? : まもなく、私たちの地球に「発生源不明の超膨大なエネルギー体」が近づくかもしれない。それは数日前に太陽を通過
    https://indeep.jp/unknown-energy-toward-to-our-planet-now/


    ひょっとしてこれが「光のイベント」ってヤツなんですかねー。

    2018年アセンション予報 3月10日付 QHHTセッションによる”光のイベントの詳細”
    http://metaphysicstsushin.tokyo/2018/03/15/%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%98%e5%b9%b4%e3%82%a2%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e4%ba%88%e5%a0%b1%e3%80%80%ef%bc%93%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%90%e6%97%a5%e4%bb%98%e3%80%80qhht/


    おまけに太陽が消えてたりするそうだし・・・。
    この世界はホントはホログラフなのか。

    それにしても・・・・ホントに私はどこの世界から今の世界に来たんだろうか?
    ううううううーむ;;;;








    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    オーロラの彼方へ [ デニス・クエイド ]
    価格:1000円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)


    オロラの彼方へ予告編



    <商品説明>
    【解説&ストーリー】

     もう一度、逢いたい。話したい。/NYでオーロラが見える日、30年前と無線がつながった。それは父は死ぬ前日。─今なら未来を変えられる。/1999年、ニューヨークにオーロラが発生したある日、ニューヨーク市警察の刑事ジョンは、父の形見の無線機を発見し、ある男と交信することに成功する。その男はなんと、30年前に死んだ父フランクであった。しかもその日は消防士であった父が救助中に事故死する、まさに前日だったのである。ジョンは、なんとしても父を救おうとするが、過去を変え、新しい未来を創り出そうとしたその行動が、思わぬ事態を招くことに…。1台の無線機を通して、30年後の息子から明日死ぬことを告げられる父役に『デイ・アフター・トゥモロー』の名優デニス・クエイド。なんとしてでも30年前の父を救おうとする息子役には『パッション』でイエス・キリスト役を熟演したジム・カビーゼル。父と息子の絆を描いた、永遠に語り継がれる感動の傑作。



    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    シグナル DVD-BOX1 [ イ・ジェフン ]
    価格:5268円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)


    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    シグナル DVD-BOX2 [ イ・ジェフン ]
    価格:5400円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)


    4/4(火)発売「シグナル」本編ダイジェスト


    <商品説明>
    【シリーズストーリー】

     警察のプロファイラーであるパク・へヨン(イ・ジェフン)は、ある日廃棄処分となっていた古い無線機を見つける。すると、突然壊れているはずの無線機から声が聞こえてくる。声の主は刑事イ・ジェハン(チョ・ジヌン)だった。ジェハンは15年前にヘヨンの同級生が犠牲となった未解決事件の手がかりを伝え、無線機は切れる。半信半疑なヘヨンだったが、ジェハンが残した言葉をもとに向かった場所で事件の重要な証拠を見つけ、刑事チャ・スヒョン(キム・ヘス)と共に謎を解き明かしていく。これをきっかけにヘヨンとジェハンの無線機での交信が始まる。交信していくうちに、ジェハンが現代ではなく過去の人間であることをヘヨンは知る。一方、スヒョンは15年前に失踪した先輩刑事を捜し続けていた…。
    【シリーズ解説】
     韓国ドラマの歴史を塗り替えた!「ミセンー未生ー」演出家が贈る、ヒューマンドラマの最高傑作!/“諦めなければ、未来は変えられる"--無線機でつながる現代と過去、それぞれの想いが奇跡を起こす!

    ※ 現在日本版リメイクが放送されていますが、私は圧倒的にこちらの元版の方が面白いです。ま、元がおもしろかったのでリメイクされるわけですから、あたりまえだけども。今、Gyao!さまで配信されているので観ていますが、無料配信期間よりも先に結末を迎えてしまうであろう日本版の内容が元版に追いついたら、日本版の視聴をやめるつもりです。だって、元版、楽しみたいんだもん。日本版で今のところ唯一勝っていると思うのは過去の警官役。だって私の大好きな「猫侍」さんだからねー。えへへ。





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    手抜きな穴埋め企画。

    なんとなく手に取った本の、偶然開けたページの文章を引用してみます。
    (と書きつつ、一応本の内容の流れというものもあるので、とりあえず今回からは章の前の方から順番にやってみようかと思ってますが。)



    マリアン・グリーン『ナチュラル・マジック』





    ・・・・・・
     ナチュラル・マジックの習練は孤独である。古代の神々がおわす場所を探し求め、ふさわしい供物をたずさえて謙虚な姿勢で訪ねなければならないし、神々の世界へ入るときには子供として入るのが掟である。子供のころにもっていた知覚、想像力、洞察力といった技術を磨かなければいけない。精神と意識のゲームの遊び方も習得すべきである。これを身につければ、直観と創造力と焦点の定まった内的な視覚を体得する第一歩となる。こうしたゲームをいつどこで始めるべきかとともに、いつ終えるべきか、超感覚的知覚と子供のような精神の自由という魔術の玩具をいつ片付けるべきかを知る必要がある。

     母なる自然その人のパターンと能力を愛し、理解に努めることだ。自然環境の保護やエコロジーに真剣に打ちこむと同時に、世界と世界のすべての人びとにとって何が有益で何が根本的に有害なのか、徹底的に究明してほしい。外の世界においてはもちろんのこと、精神的にもエコロジーの応用を試み、庭造りを実践し、荒れ地を緑地や肥沃な土地に変えるよう努力してほしい。犯した罪からも学び、それらを貴重な経験とすべきであって、過ちを恐ろしい真っ黒なイメージと捉えて光の当たらない記憶の片隅に追いやってはならない。そんなことをしたら、過ちが記憶の底で腐り、膿み、取り返しのつかない副作用が生じて、先々ひどい目に遭うことになる。同じ轍を踏まずにすむという理由で、他人の過ちから学ぶことも大切である。
    ・・・・・・・



    ~マリアン・グリーン著『ナチュラル・マジック 大地の力を生かす技』
      おわりにより~





    一応今回で、マリアン・グリーン著『ナチュラル・マジック 大地の力を生かす技』よりの引用記事は終わりです。
    また何か面白い本があったら、御紹介したいと思います。














    内容(「MARC」データベースより)
     大地のサイクルを理解し、大地から力を受け取る。それがナチュラル・マジック。自然とのあいだの魔術的つながりを再発見し人間に備わっていた治癒力を取り戻す。自然と対話する秘密の力を説き明かす。







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    手抜きな穴埋め企画。

    なんとなく手に取った本の、偶然開けたページの文章を引用してみます。
    (と書きつつ、一応本の内容の流れというものもあるので、とりあえず今回からは章の前の方から順番にやってみようかと思ってますが。)



    マリアン・グリーン『ナチュラル・マジック』





    ・・・・・・
     祝祭は人びとに喜びと笑いを与え、楽しむ口実となり、さまざまなゲームの機会を提供し、過ぎゆく一年にめりはりをつけてくれた。ところが現代では、そんなごく単純な遺産の多くが失われてしまった。心の奥でその損失を惜しむ人は多い。

     本棚の上に花を飾ることから、村中の人びとが参加する大がかりな野外活動に至るまで、九つほどある祝祭の一つ一つを祝うことができるし、そうした祝祭が再び意義深い行事となりつつある。月が満ちていくたびに、月のエネルギーに自らを合わせ、月の影響力が自分の夢や洞察力におよぶのを感じとり、新月、上弦、満月、下弦の各段階で、月がどのような力を象徴するかを理解しよう。月の周期のように短いものであれ、太陽や地球のそれのように長めのものであれ、時節と時にしたがって行動するよう努め、豊作や、聖なる花の開花や、初めて蝶が飛ぶのを見かけた日や、ガチョウやムクドリが飛び立つ日を祝うことが大切だ。人間が考え出した暦ではなく、つねに自然の女神の言葉に従って行動するべきである。
    ・・・・・・・



    ~マリアン・グリーン著『ナチュラル・マジック 大地の力を生かす技』
      7 季節、周期、祝祭より~





    「つねに自然の女神の言葉に従って行動するべきである。」だ、そうです。ふむ。














    内容(「MARC」データベースより)
     大地のサイクルを理解し、大地から力を受け取る。それがナチュラル・マジック。自然とのあいだの魔術的つながりを再発見し人間に備わっていた治癒力を取り戻す。自然と対話する秘密の力を説き明かす。







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    手抜きな穴埋め企画。

    なんとなく手に取った本の、偶然開けたページの文章を引用してみます。
    (と書きつつ、一応本の内容の流れというものもあるので、とりあえず今回からは章の前の方から順番にやってみようかと思ってますが。)



    マリアン・グリーン『ナチュラル・マジック』





    ・・・・・・
     たしかにハーブの形状や生育地、その「効用」と使用法など、ハーブについてのさまざまな知識を書物から得ることができる――こうした知識を祖父母に教えてもらわなかったとしても――が、書物では緑がかった金色のオーラを見る方法までは学べない。このオーラとは、健全な植物のまわりに浮かび上がる細いエネルギー光線で、その植物に治癒力があることを示している。早朝に野外へ出かけ、朝露のおりた草の上にひざまずき、植物をじっと観察すると、その植物の真の価値がわかる。

     書物やテレビのドキュメンタリー番組ではなく、知識の内なる源泉から密かに現れる情報を受け入れるよう心掛けるべきだ。私たちは自身の内部に、コンピューターをはるかに上回る膨大なデータを蓄積しており、自らを適応させれば、そうした情報はすべて検索が可能なのである。植物、動物、風、天候、星、潮はどれもみな、私たちがそれらを真の知識の源とみなして信頼を寄せれば、多くを教えてくれる。物質の形をとるさまざまなものと、周囲の環境との関わりを観察し、自分の体が直接私たちに語りかけてくること、つまり、体の言い分に耳を傾けるのは、基本的には一種のボディ・ランゲージを習うようなものである。
    ・・・・・・・



    ~マリアン・グリーン著『ナチュラル・マジック 大地の力を生かす技』
      5 香りと感受性より~





    やっぱり植物には「緑がかった金色のオーラ」があるんだ。これすごくわかる。うんうん。














    内容(「MARC」データベースより)
     大地のサイクルを理解し、大地から力を受け取る。それがナチュラル・マジック。自然とのあいだの魔術的つながりを再発見し人間に備わっていた治癒力を取り戻す。自然と対話する秘密の力を説き明かす。







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    手抜きな穴埋め企画。

    なんとなく手に取った本の、偶然開けたページの文章を引用してみます。
    (と書きつつ、一応本の内容の流れというものもあるので、とりあえず今回からは章の前の方から順番にやってみようかと思ってますが。)



    マリアン・グリーン『ナチュラル・マジック』





    ・・・・・・
     本物の自然魔術師、魔女、魔法使いになりたければ、毎日必ず野外で過ごす時間をつくり、周囲の出来事を意識することが大切だ。瞑想は香を焚いた暗い部屋の中や、魔法の円の内側でしかできないと考える人が多いが、そのようなことはまったくない。そもそも、私たちが住む地球こそ最大の魔法円なのである。

     野外には、あらゆる種類の力とエネルギーが存在している。それを知覚し使いこなす自信があれば、利用できる。この世界で最も偉大な力をもつ火、すなわち太陽のもとを歩み、そのエネルギーを吸収し、その熱と治癒力を感じられるようにならなければいけない。自分の影、すなわち光と陰のゆらめきが木々に茂る葉の中に模様を浮かびあがらせ、水面できらめき、窓に映るのを見て、こうした霊感の源と言葉を交わすのである。自問したり、あなたを導く光の閃きや影の模様を見て、確認を求めよう。熱と光を喜び、活力を与えてくれる力を深く呼吸してみよう。退屈と疲労と孤独を吐き出し、健康と活力と友情を吸い込むのだ。
    ・・・・・・・



    ~マリアン・グリーン著『ナチュラル・マジック 大地の力を生かす技』
      4 炎と形より~





    「私たちが住む地球こそ最大の魔法円なのである」って、これもカッコイイですね。ワオ。














    内容(「MARC」データベースより)
     大地のサイクルを理解し、大地から力を受け取る。それがナチュラル・マジック。自然とのあいだの魔術的つながりを再発見し人間に備わっていた治癒力を取り戻す。自然と対話する秘密の力を説き明かす。







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    手抜きな穴埋め企画。

    なんとなく手に取った本の、偶然開けたページの文章を引用してみます。
    (と書きつつ、一応本の内容の流れというものもあるので、とりあえず今回からは章の前の方から順番にやってみようかと思ってますが。)



    マリアン・グリーン『ナチュラル・マジック』





    ・・・・・・
     昔から行われている儀式の一つに、水に映った月の姿を見る観月会がある。月の周囲に雲がかかったり、風が起こすさざ波で水面の月影が揺れたり、いくつにも分かれたりするとき、意識に浮かぶ不思議な印象を「見る」という儀式だ。この儀式を通じて、月を引き下ろす技術を身につけることができるが、家の中からじっと月を眺めるのではなく、水の仲や鏡に映る月影を魔法のワインに取り込むという方法をとる。ここでは、月の女神の力が女司祭長に注ぎこまれる魔女司祭の儀式とは違って、月の女神の力は液体に注ぎこまれるのである。月光のもつ不思議な力は、昼間はそれとわからない。また、月の力を信じない人びとの心には感知できないものでもある。

     昔の人びとはこうした隠された微妙な力を巧みに利用する術を心得ていた。ところが、現代に生きる私たちは、新月や満月のおりに聖なる水と濃い色のワインを使って少しずつ学びなおさなければならない。月の女神に問いかけよう。女神が流す涙雨の中を歩き、女神の聖なる泉から水をすくって飲み、女神の温泉や神聖なる淵に適切な敬意を払えば、女神はあなたの知りたいことを教えてくれるだろう。
    ・・・・・・・



    ~マリアン・グリーン著『ナチュラル・マジック 大地の力を生かす技』
      3 聖なる水より~





    森羅万象に敬意を持って接する気持ちを忘れないことは大事ですね。ふむ。














    内容(「MARC」データベースより)
     大地のサイクルを理解し、大地から力を受け取る。それがナチュラル・マジック。自然とのあいだの魔術的つながりを再発見し人間に備わっていた治癒力を取り戻す。自然と対話する秘密の力を説き明かす。







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    手抜きな穴埋め企画。

    なんとなく手に取った本の、偶然開けたページの文章を引用してみます。
    (と書きつつ、一応本の内容の流れというものもあるので、とりあえず今回からは章の前の方から順番にやってみようかと思ってますが。)



    マリアン・グリーン『ナチュラル・マジック』





    ・・・・・・
     あるいは、心のパワーを育てることが肝心だという領域もある。植物、石、宝石、シンボル、雲、惑星、風のメッセージを読みとる記憶力だけでなく、それらを使って何をすべきかを知る心が大事なのだ。人はみな自分が何者か、どこへ向かうのか、何をしたいのかを探求しなければならない。外の世界に存在するものすべてを学ぶのはむずかしそうだが、内的世界へつづく扉を開けるための修行、あるいは、そうした扉を意のままに開閉できるようになるための習練はしばしば困難をきわめる。外の世界では、他人にも理解できる基準がある。たとえば有効な薬草のリストをあげるなどして、自分の知識を示すことができる。ところが内なる世界では、明確な道しるべなどいっさいないし、役に立つ参考文献も皆無である。頼りにできるのは、たとえ未熟であろうとも、ありのままの直観だけである。

     内的意識の世界を探るためには、地図のない場所に入り込み、通常の世界と同じように、この秘密の土地を知りつくすまで一人で旅を続けなければならない。静けさにひたれる時間と場所を用意する必要があるし、ふだんの覚醒時の意識をひとまず忘れて未知の別世界へ入っていく勇気も必要である。そこでは目に見えないものが見える。やがて、自分自身の内面が理解できるにつれて少しずつ安心できるようになるだろう。
    ・・・・・・・




    ~マリアン・グリーン著『ナチュラル・マジック 大地の力を生かす技』
      1 自然の女神とともにより~





    「それらを使って何をすべきかを知る心が大事なのだ」そうです。ふむ。














    内容(「MARC」データベースより)
     大地のサイクルを理解し、大地から力を受け取る。それがナチュラル・マジック。自然とのあいだの魔術的つながりを再発見し人間に備わっていた治癒力を取り戻す。自然と対話する秘密の力を説き明かす。







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。