以前ブログにも書いた「そこは夢見た場所」。

    夢見た場所

    新しい時代が来るんだから、もちろん私も新生活を始めるワケで、そのときに素敵な生活をするためには引き寄せの法則、それを現実化をするために一番大事なのは「もうすでにそうなっている」と思い込むことだから、その時のために妄想をたくましくしている、というのがこのコーナー「夢の山小屋妄想計画」。

    さて、今回は・・・・・・




    お散歩していて見かけたひとんちの茄子。

    茄子2014/6/25-1

    茄子2014/6/25-2

    うーん、いい感じ。

    茄子2014/6/25-3

    ちっちゃいのも頑張ってるぞ。

    茄子2014/6/25-4

    ああ、こちらは見事ですな。

    茄子2014/6/25-5

    美味しそうーっ!(羨)

    胡麻油なんかでササッと炒めて食べたら美味しそうだな。いやいや焼き茄子にして生姜醤油でさっぱりと、いやいやこれならさりげなくお味噌汁に入れたってすんごく美味しいよな・・・・などと、ちょっと見かけただけなのに、お腹が空く妄想がとめどなく湧いてくる私であったよ;;

    そういえば昔は、ママゴトみたいなレベルだけど、狭い庭とベランダで家庭菜園みたいなものをやって楽しかったんだよな。

    トマトは、ミニトマトが中心だったけどガンガン獲れたし



    トマト10/7/5-2

    トマト10/7/5-3



    うなじも美しい



    なかなかの姫君な



    ピーマンもガンガン獲れて





    バジルも育ててたから、気がつけば



    ピザトースト・セットになってたから、

    マイピーマンでピザトースト

    ピザトースト作って食べたりしたんだよな。

    ほったらかしててもキュウリは獲れたし、



    とっても美人さんな琉球オクラも



    細々とだけど、



    収穫できたし、もちろんゴーヤなんてあなた、



    ゴーヤ08/9/12



    メチャクチャ獲れましたよ。

    夏は庭を散策しながら収穫。
    収穫したものを手に持つだけでは間に合わなくで、とりあえずエプロンのポケットに入れたりしてね。



    こんなことしてたんだよなー。
    チマチマな規模ではあったけれど、それなりに豊かな生活であったよ・・・・・・・。

    ・・・・・・・・・・・・・・・

    そういえば、茄子はなんだか面倒くさそうなので育てたことはなかったよ。

    よし、次は茄子も育てるぞっ。
    他にもいろいろ育てちゃうぞっ。

    ということで、いつか自由になる土地、場所を手に入れたら、家庭菜園をやるのだっ、と意気揚々と決意する私、であったよ。

















    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     とれたての幸せ。お家のベランダのコンテナで、トマトもナスもキャベツも実ります。土は軽石を使い、肥料も水も最小限というシンプルな育て方を紹介。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     1 やさしい野菜からはじめてみよう(用意したい基本の道具/ルッコラ/ミニ白菜 ほか)/2 一歩すすんだ野菜にチャレンジしよう(ミニトマト/ミズナ/四角豆 ほか)/3 ベランダ菜園の可能性を追い求めて(ハーブの寄せ植え/いろいろな寄せ植え/パンジーの寄せ植え ほか)


    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     野菜たちが、隠れた力を引き出します。著者が気づいた新事実!ベランダ菜園で人生が変わります!「園芸療法」に関心のある介護従事者、必見!忙しい子育て、ハードな仕事、一人暮らしなど…「癒されたい」方へ。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     まえがき「ベランダ菜園は、人生が変わるセラピーです!」/1章 ベランダ菜園を始めるだけで、毎日がこんなに変わります!(やりがい、生きがいが生まれる毎日が楽しくなる!/無理せず、毎日からだを動かすようになるいい運動になる! ほか)/2章 準備はこれだけで大丈夫(洗濯物も干さないといけないし…狭いベランダでも大丈夫?/はじめからたくさん準備はいりません必要な道具はこれだけ! ほか)/3章 育てたいと思う野菜を育てましょう(無理せずに自分にあった野菜を育てましょう/「ズボラでもできる野菜を育てたい」 ほか)




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    Brother Cadfael\'s Herb Garden
    Brother Cadfael\'s Herb Garden: An Illustrated Companion to Medieval Plants and Their Uses
    (1997/04/01)
    Robin Whiteman、Rob Talbot 他

    商品詳細を見る







    以前ブログにも書いた「そこは夢見た場所」。

    夢見た場所

    新しい時代が来るんだから、もちろん私も新生活を始めるワケで、そのときに素敵な生活をするためには引き寄せの法則、それを現実化をするために一番大事なのは「もうすでにそうなっている」と思い込むことだから、その時のために妄想をたくましくしている、というのがこのコーナー「夢の山小屋妄想計画」。

    さて、今回は・・・・・・




    ちょっと前にマイブレンド・ハーブティーを楽しんでいるなんて書いたが、とにかくミントティーを大量に買ってしまったので、普段はストレートのミントティーを飲んでいる。

    葉っぱの形が残ってるところがいいな、と思って買ったのだが、残念ながら、味は私の好みではなかった(ゴメンな)。残念。
    ということで、さっさと片付けたいと消費に勤しんでいるのだが、それにつけても思い出すのは、自家製のフレッシュ・ミントティーが飲めてた頃のことである。

    やっぱねー、

    ミントティー10/5/13-3

    ミントティー10/5/13-4

    こうやって飲むミントティーは美味しかったよ。

    摘むだけでも



    手のひらのミント2
    (ケンタッキーミント、クールミント、スペアミント、アップルミント、日本ハッカの北斗)

    楽しかったし・・・・・・。

    ああ、理想の山小屋を手に入れたら、やっぱ絶対にハーブガーデンを手に入れるぞぃっ!
    で、いろんなミントを植えまくるんだ。

    ただ・・・・ミントは繁殖力が強いので、地植えをすると一面にミントだらけとなる。それはいいんだが・・・・別の種類同志ですぐに仲良くなっちゃうんで、まぁ・・・人の恋路を邪魔する気はないけど、気がつくと、なんか、特徴のない子やキテレツな子も増えるらしく・・・・・それがちょっと問題。

    考えようによっては、理想の究極のスペシャルのミントちゃんを作り出せちゃうかもしれないんだが・・・・・それは、本気でちゃんと意図的にやった方がイイよな。

    ・・・・・・・・・・

    ま、それは自由になる土地を手に入れたら考えよう。

    で、ハーブ・ライフを楽しむのなら、私はもうひとつ欲しいものがある。
    それは、ハーブ小屋。
    そこで収穫したハーブを乾燥させたり、加工したりするのさ。
    憧れは、知る人ぞ知る「ガドフェルさんのハーブ小屋」。あれが欲しいっ!

    「カドフェルさん」というのは


    Wikipedia 「修道士カドフェル」より

     修道士カドフェル(しゅうどうしカドフェル、Cadfael)は、エリス・ピーターズ作の連作歴史ミステリーの主人公。イングランドはシュロップシャー州シュルーズベリにある聖ペテロ・聖パウロ大修道院(シュルーズベリ大修道院、ベネディクト会)の修道士。一風変わった経歴を持つ修道士のカドフェルが様々な事件を解決していく。

     修道院では、彼が東方より持ち帰った種子から育てたハーブが揃った薬草園を管理している。

    ということで、私は昔、原作も読んだし、ドラマも観てました。

    で、コレ↓がカドフェルさんのハーブ小屋なんだが

    カドフェルさんのハーブ小屋1

    素敵でしょ。ココで、こんなことしたり、

    カドフェルさんのハーブ小屋2

    こんなこと

    カドフェルさんのハーブ小屋3

    してみたいよーっ。

    ああ、マイ・ハーブ小屋つきのマイ・ハーブガーデン。
    夢のまた夢という気もするが・・・・・でも、もう私の頭の中にはある。
    だから・・・・いつか手に入るんだ。ふふふふふ。

    そこで私は、マイ・フレッシュ・ミントティーを飲むぞいっ。
    そう、カドフェルさんに敬意を表してマイ・ガーデンに植えたバラ、「ブラザー・カドフィール」を眺めながら。



    ブラザー・カドフィール裸苗
    Brother Cadfael ™ (Ausglobe)


    ブラザー・カドフィール

    カテゴリー   イングリッシュローズ
           (English Rose Collection)
    育種者      David Austin
    花形       八重/多弁
    サイズ      中程度 シュラブ状
    強健さ      非常に強い
    香り        強い
    連続咲き     非常に返り咲く

    ブラザー・カドフィールは、イングリッシュローズの中で最も大きく豪華な花を咲かせるバラのひとつです。ミディアムピンクの花びらはころんとしていて、中心を包み込むようなディープカップ咲きになります。大輪ですが樹形や葉に対して見事に均整が取れています。涼しい地域でより良く育つ傾向があります。ブルボンローズの香りに似た、とても濃厚なオールドローズの香りです。 エリス・ピーターの探偵小説に登場する、中世のシュロップシャー州が舞台の、シュルーズベリー修道院ベネディクト会の修道士に由来します。 1.25 x 1m.

    きっと、そうするんだ。うん。





    (おまけ)
    Full Circle


    ※ああ、また修道士カドフェル・シリーズを読みたくなってきたなー。ドラマも観たいなー。













    〈内容詳細〉
    12世紀、イングランドはシュロップシャ、シュルーズベリ大修道院の修道士達は、副院長・ロバートを先頭にウェールズに向かった。教会の権威を高めるために、寒村の教会に残された聖女の遺骨を引き取るためだった。ところが拙速に進めようとする修道士達と、村人達は一触即発の状態。そんななか、反対派の急先鋒で地主のリシャートが殺害されて…。大人気『修道士カドフェル』シリーズ第一弾がここに。





    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    以前ブログにも書いた「そこは夢見た場所」。

    夢見た場所

    新しい時代が来るんだから、もちろん私も新生活を始めるワケで、そのときに素敵な生活をするためには引き寄せの法則、それを現実化をするために一番大事なのは「もうすでにそうなっている」と思い込むことだから、その時のために妄想をたくましくしている、というのがこのコーナー「夢の山小屋妄想計画」。

    さて、今回は・・・・・・



    お散歩をしている時のこと、

    こんなのを見かけたり

    桜の樹2013/3/31-1

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-2

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-3

    こんなのや

    市民会館の桜2013/4-1

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-4

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-5

    こんなのや

    善通寺羅漢と桜2013/4-1

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-6

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-7

    こんなのや

    桜の樹2013/3/31-8

    こんなのを

    桜の樹2013/3/31-9

    見かけると、やはり私の夢の山小屋にはMy桜の一本も欲しいと思うのである。

    なので最低でも一本は桜を植えて、小さなマリオと

    小さなマリオ2008/3/23-1

    お花見するんだ。

    善通寺の桜2013/3/31-11

    善通寺の桜2012

    善通寺の桜2013

    お花見ビール2012/4/12-2


    桜があるんなら、ついでにお天気の日にお外で休憩用の楠も欲しいな。
    とりあえずこんなの。

    楠2013/3/31-1

    石の幅広ベンチもあって、なかなか良さげ。

    楠ベンチ1

    ん? 大きすぎるんじゃないの、と、どこかから声がするぞ。

    ・・・・・うん、一般的にはそうかもしれないけど、私の楠のスターンダード基準って、コレだから

    楠2013/3/31-2

    スタンダード基準に照らし合わせると、コレでもとっても慎ましいサイズなのよ。うん。

    こっちでは石のベンチに腰掛けて、

    楠ベンチ2

    楠の葉っぱを仰ぎ見ながら、

    楠2013/3/31-3

    楠2013/3/31-4

    大きなマリオと

    マリオ2006/2/13-11

    マリオ2008/3/18-1

    もっと過激(? なんだそれ)な妄想計画をたてるつもり。

    ・・・・・・・・・・

    うーん、どんどん空想が巨大化しているが、ま、いっか、ということにしておこう。ほほほのほ








    ミニ苗:クスノキ

    ミニ苗:クスノキ
    価格:780円(税込、送料別)







    実は、マヤの暦が終わった翌日にデスクトップの壁紙を変えた。

    ま、元に戻したのだけれど、以前ブログにも書いた「そこは夢見た場所」。

    夢見た場所

    新しい時代が来るんだから、もちろん私も新生活を始めるワケで、その時のために妄想をたくましくしているのよ。

    ま、単なる妄想に終わるような気もしているが;;、いやいや、引き寄せの法則、現実化をするために一番大事なのは「もうすでにそうなっている」と思い込むことなので、ま、それがとっても楽しいということもあるけれど、すでに私の頭の中では、こういう家に住んでこう暮らす、こんな風に暮らしてたりしてね、なんて考えるのが現在の趣味になっている。

    で、この間、ランチを食べようと、ふらっと入ったお店でこんなものを見た。

    レモン&ジンジャーティー2013/2/19-1

    単なるお店のオススメのメニュー。
    「天然のレモンとジンジャーをお砂糖で漬け込みました。寒い日にほっこりと体が温まります。」というレモンジンジャーティーである。

    それを見た私は
    「おお、私の夢の山小屋では、こんなものを飲んじゃったりするのもいいかもな」
    などと妄想が広がったのであった。

    で、その時のランチで、ついてくるサラダのドレッシングを断った(私は和風のもの以外は、ドレッシングとか嫌いなんだよ)ら、「お塩とか持ってきましょうか?」とお店の人が言ってくれたので、「あ、お願いします」と頼んだら、なんとお塩と一緒に輪切りのレモンも出してくれたのね。

    「おお、気がきくではないか」とちょびっとお塩をかけた私。
    その後、お塩はやめて試しにレモンを絞ったら、なんかもうそれだけですっごく美味しかったのよーっ。

    レモンがあれば、生野菜だってそれだけで美味しい。
    他にもイロイロ使えるしな。

    というわけで、私の夢の山小屋にはすぐそばにレモンを植えるぞぃ、そしていつでもレモンを楽しめるようにするのだ、と私は決心したのであった。


    レモン2013/1/2-3

    レモン2013/1/2-1
    (こんな感じでさ。ふふふ)

    で、今はどんなレモンがいいかな、と品種を調べたりしている。

    レモンジンジャーティーを作るのなら、お砂糖だって白砂糖じゃなくて、「これはっ!」というヤツにしたいので、それも吟味しないとね。
    (ちなみに、私は料理にほとんど砂糖を使わなくなったので、どんな砂糖が良いのかわからないヤツなのよ。ずっとキビ砂糖とか使ってたけどさ。)


    ところで、レモンジンジャーティーのカードの裏はこちら。

    ゴボウ茶2013/2/19-1

    こぼう茶かぁ・・・・・。

    この店、不思議な店だったな・・・。













    昨夜、寝る前に、急に思い立ってPCのデスクトップの壁紙を変えた。
    で、朝起きてPCを起動させて、いつもと違う画面を見つけて、ちょっとびっくりした健忘症な私である。

    でも、ああずっとこんな風なところに住みたいと思ってたんだよなと、また、この絵を初めて見た時に感じたことを思い出したりして。

    夢見た場所

    この絵はココで見つけた。
    そして、そこから辿ってもとのところから画像を貰った(個人で楽しむだけだからいいよね)。


    初めて見かけたのは、いわゆるチャネリング情報のページで、最近私はそういうものを読むのが好きだ。
    信じるとか信じないとか、そんな感じじゃなくて、ただ読んでいると楽しいから読んでる。

    世の中が変わって素敵に良くなるって話なら、たとえそれが嘘でも楽しい。

    で、時々そういう記事に素敵な絵がついているから、それを見ていろいろと空想するのも面白いし。

    今回のこの絵については、私は、最初はその場所の空気や風や光を想像して楽しんでいたんだが、最近は、この家の中をどう整えようか、とか考えて遊んでいる。

    ま、空想的おままごとみたいなもんだよ。



    台所はどんなふうにしようかな、とか、どんな食器で食事しようかとか、テーブルや椅子はどうしようか、などなど。

    考えてるうちに、やっぱマリオ(ウチのローズマリー)を家の近くに植えちゃおうかな、とか、となると、他にハーブ苗なんかも揃えようかとか。

    買い物はどうする? なんて考えるけど、この絵の場所は、同じ地球でもずっと文明が進んでいて、素晴らしいテクノロジーはあるけれど、あえて自然の中で普通に暮らす、という世界のつもりだから、なんか『天空の城 ラピュタ』に出てきたフラップターなんかを自家用にして、それでひとっ飛びに買い物に行くとか。

    他にも欲しいものは、飛行機、なんて無粋なものじゃなくて、華麗な素敵な文明の乗り物で宅配してくれたりね。

    いつもはひとりでこんなところで暮らしているけれど、寂しくなったら町に出かけたり、そうだな、私は習い事が好きだから、武道の道場と何か楽器の教室なんぞに通おうか。

    ネットみたいな通信網が発達しているから、必要な情報は手に入るし、誰かとコミニュケーションもできるし、仕事もパソコンみたいなものでやっつけて、それをちょいっと送る。

    もう貨幣なんてものは存在してなくて、またフリーエネルギーの普及で、何かのエネルギーに困ることは基本的に無くなり、人間そのものがほとんど食事をしなくても空気中のプラーナの接種で生きられるようになったから、肉体の維持だけのために、あくせく働くことはなくなっていたりしてね。

    食事やショッピングは趣味になる。

    「不足」の気持ちがなくなり、とうとう「不安」という気持ちもなくなるのさ。



    なんてね。

    一枚の絵で、私はかなり楽しみ、遊べている。

    これはかなり楽しい遊びだよ。

    好きな風景画や写真があったら、その世界に入り込んで遊んでみてはどうですか?



    ああ、楽しかった。

    また暇な時に、寝る前とか、空想して、あーそぼっ。















    メーヴェもいいなー。でも、自転車乗れるからバイクも乗れそう、という感覚ではないよね、メーヴェとフラップターは。私は空の乗り物は運転したことがないので、ちゃんと教習所に行かなきゃね。「メーヴェ&フラップター」教習所かぁ・・・。なんか、いいなー。